臨床試験とは、開発中の新薬や治療法を実際の人間で試して、その有効性(効きめ)を確かめることをいいます。臨床試験と聞くと、人体実験のような印象を抱く人がいるかもしれません。

しかしこれは、医学の進歩、とりわけ、より有効ながん治療法を開発する努力の中で不可欠の、重要な過程です。臨床試験がむやみに行われることはありません。それは、少なくとも次のような条件が満たされるときにはじめて許可されます。

第1は、臨床試験に参加するかどうかは、個人の自由意志だということです。そして第2は、そこで用いられる新しい治療法の有効性と安全性が、すでに一般に用いられている方法に劣らないことを証明することを目的とすることです。

臨床試験では、開発中の最終段階にさしかかっている新薬や治療法を試験的に用います。それらはすでに、研究レベルの試験や動物実験をすませ、そこでの有効性や安全性が確かめられているものです。しかし、それらが人間の病気治療を目的としている以上、最終的には人間自身によって試されなくてはなりません。

臨床試験には国際基準があるほか、日本では厚生労働省がガイドラインをつくっており、多くはこれに沿って実施されます。たとえば、がんの新薬の臨床試験には、次の3段階があります。

・第1相試験
人体での治療効果と安全性を確かめる最初の試験で、吸収・代謝・排出のされ方、毒性の有無などを確認します。これには副作用もあり得るので、従来の治療法が有効ではない少数の患者が対象です。

・第2相試験
第1相で有効性と安全性が確認されると、次にどのがんにどんな効果があるかを試します。被験者はおもに、がんを再発し、既存の薬の治療効果がないとされる患者多数です。試験結果は、試験を受けない別の患者グループの結果と比較されます。

・第3相試験(最終試験)
何百人もの患者を対象に、それが既存の薬より有効かどうかを確かめます。しかし、第1相や第2相の試験を受けた人は対象外です。試験の経験者では、純粋な有効性を見分けられないからです。

新聞や薬品メーカーのインターネットサイトなどで、臨床試験への参加者(いずれも第3相試験)を募る広告を目にすることがあります。これは、一般市民が臨床試験に積極的に参加するアメリカなどと異なり、日本では臨床試験の希望者が不足している状況を反映しています。

そのため、臨床試験を海外で行う試みもあるほどです。他方で、遺伝子治療などの実験的治療には希望者が殺到する、という別の現実もあります。

臨床試験では、当然ながら副作用などについての不安が生じます。しかし、同時にそれは、他の多くの患者が受けることのできない最新治療法を経験するチャンスでもあります。
新しい薬や治療法はつねに、よりすぐれた効果を得るために開発されているからです。また、治療困難な状態に立ち至っている患者が臨床試験に参加することにより、がん医学の進歩に貢献できるという社会的意義も小さくありません。

臨床試験を行う医療機関や医師、薬品メーカーなどは、試験に関する情報を完全に公開し、参加者と十分な意志疎通を図り、その人権を最優先することが求められます。他方、患者やその家族は、臨床試験のもつ意味を十分に理解したうえで、参加することが必要です。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

「がん治療のガイドブック」を無料でプレゼントしています。

詳しくはこちら

がんを完治させるための5つのルール

がんは、進行するにつれて病巣の状態や特徴がしだいに変化します。そのため、治療の方法や治療後の生存期間なども、進行状態によって異なってきます。

そこで、がんの進行状態を判断し、それによって治療方針を立てるため、診断時にがんがどの段階にあるかが決定されます。この段階のことを「病期(臨床病期)」と言います。「ステージ」とか「ステージング」と呼ぶこともあります。

これまでに、各国でさまざまな病期の分け方が提案されてきましたが、それらのうち、現在世界的にもっとも広く使用されている分類法が「TNM分類」です。これは、アメリカがん合同委員会(AJCC)が作成し、国際対がん連合(UICC)が発表しているもので、5~10年ごとに見直しが行われています。

TNM分類のTは原発腫瘍(tumor)、Nはリンパ節(node)、そしてMは転移(metastasis)を表します。各項目をもう少し具体的に説明すると、次のとおりです。

①T:原発腫瘍の程度を示し、TO~T4の4段階に分けます。
②N:リンパ節への転移の程度を示し、NO~N4の4段階に分けます。
③M:遠隔転移の有無を示し、MOとM1の2段階に分けます。

これら3つの要素を組み合わせて、がんの進行度を0期~4期の5段階に分けます。世界には、独自の病期分類をつくっている国も少なくないものの、それらの内容はほとんど、このTNM分類と共通です。

ただし、この分類法を単純にすべてのがんに当てはめることはできません。がんの種類によっては、進行のしかたがほかのがんとは大きく異なるからです。そのため現在では、TNM分類でも、45の臓器や組織について、個別の病期を公表しています。

がんの病期がなぜ重要なのでしょうか?それは、この分類を使用することによって、がんの治療に取り組むすべての医師が、ある患者のがんの状態を「共通認識」として把握できるからです。

特定のがんに対して、どの医師もほぼ同じ判断を下し、ほぼ同じ治療方針を立てるべき基準がある・・・これは、がん患者がどこの医療機関で治療を受けても、治療結果に大きな違いはないと期待できることを意味します(実際には、病院や医師の考え方などによって、同じ病期のがんに対する治療法でも、ある程度の違いはあります)。

病期はまた、医師の側だけでなく、患者やその家族にとっても重要な指標となります。これによって治療方針が立てられる場合、そこに患者や家族も参加し、意見を表明することができます。つまり病期は、医師側と患者側との情報交換や治療法の検討に不可欠となります。

さらに、患者側が病期を知ることは、治療後の生存期間(予後)や生活のしかたなどを考える手がかりともなります。本書が記事中に掲載している肝臓がんの病期は、日本肝癌研究会が定め、国内で広く使用されているものです。


・・・

がん治療に悩んだら・・・

「がん治療のガイドブック」を無料でプレゼントしています。

詳しくはこちら

がんを完治させるための5つのルール

ものが飲み込みにくいなどの症状があるからといって、食道がんとはかぎりません。次の病気でも似たような症状が現れます。

・食道裂孔ヘルニア

食道は横隔膜を貫通しており、貫通した穴を裂孔といいます。食道裂孔ヘルニアは、加齢で弱くなった裂孔が腹圧などで大きくなりすぎ、胃が裂孔の上、つまり食道側に飛び出して膨らんでしまう病気。胸やけや飲み込みにくさが現れます。
エックス線検査で簡単に診断ができ、程度がひどい場合は手術で治します。

・ヒステリーボール

特に病的な異常はないのに、のどに何かが詰まった感じがしたり、異物感を感じたりします。食道が異常に収縮するためという説もありますが、原因は不明です。ほとんどは精神的な原因だと考えられています。

・食道憩室

蠕動運動の異常などにより、食道の壁が外側に、ポケットのように膨らんで飛び出した状態です。症状がない場合は治療は不要ですが、のどがつかえるなどの症状が現れたら手術が必要です。

・食道潰瘍

食道壁に潰瘍(表面組織が欠損した状態)ができる最大の原因は、胃の内容物が逆流し、胃酸によって食道壁に炎症が起こる逆流性食道炎。これを繰り返しているうちに、潰瘍ができます。胸やけやのどの違和感などが起こります。
なかには治療の必要がないものもありますが、異常があったら1度は受診しておきましょう。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

「がん治療のガイドブック」を無料でプレゼントしています。

詳しくはこちら

がんを完治させるための5つのルール

がんの区別にはいろいろな方法がありますが、がんの進行度による区別もそのひとつです。進行度による分類(ステージ)にもいろいろありますが、日本ではがんが食道壁のどの程度の深さまで達しているかという点と、転移の有無および転移の程度を勘案して決められています。

0期からⅣ期までに分かれており、深さが粘膜内に留まり、転移もない0期が、いわゆる早期がんです。がんが固有筋層にまで達しているⅡ期以降は、進行がんとされます。0~Ⅳ期のステージによって、治療法の選択が異なってきます。

■ステージ(病期)を決める要因

ひとつは、食道壁へのがんの到達度つまりどの程度の深さまで広がっているかです。もうひとつは転移の有無です。有無だけでなく、リンパ節や臓器への転移、遠隔転移など転移の状況も加味されます。

一般的な食道がんの治療法は、手術療法、化学療法(抗がん剤)、放射線療法、そして内視鏡的治療の4つです。これらの治療法を単独でおこなうだけでなくいくつかを組み合わせて治療することも、よくあります。

どの治療法が適しているかは病期(ステージ)によります。たとえば、早期がんである0期なら、内視鏡で切除することができます。しかし、もう少し進行したステージ1期以降は、ほかの治療法を考慮する必要があります。病期に適した治療法があるものの、最終的に決定するのは、患者自身です。

■同じ病期でも治療法が異なることがあります。

病期が同じでも、必ずしも治療法が同じとはかぎりません。全身状態や転移した部位などによって、多少選択肢が異なる場合もあります。たとえば、頸部食道がんで、手術療法では声帯を切除する必要がある場合、同じ病期でも手術療法以外が選択肢になることもあります。

<ステージⅠ>手術療法、化学放射線療法
がんが粘膜内に留まるが、近くのリンパ節への転移があるⅠ期は、手術療法が適している。あるいは、化学療法と放射線療法を同時におこなう化学放射線療法も適応される。

<ステージⅡ、Ⅲ>手術療法、手術療法+術前・術後補助療法、化学放射線療法
がんが深く、軽い転移もあるⅡ期と、転移は広いが食道周囲の臓器に浸潤していないⅢ期は、手術の前に化学療法や放射線療法を受けてから手術したり、術後に加えて再発を予防する。化学放射線療法も適応される。

<ステージⅢ、Ⅳa>化学放射線療法(術前・術後補助療法、対症療法他)
がんが周囲の臓器にまで浸潤しているが(T4)リンパ節転移のないもの(ステージⅢの一部)と、がん周囲の臓器の浸潤や遠隔転移があるⅣ期のうち軽度のものは、手術で切除することが難しいため、学放射線療法が中心になる。

<ステージⅣb>化学療法、放射線療法、化学放射線療法、対症療法
重要な臓器に浸潤や転移があるⅣ期は、基本的に手術は適応されない。化学療法や放射線療法、化学放射線療法など、手術以外の治療法が考慮される。症状を緩和させるための治療法も重要になる。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

「がん治療のガイドブック」を無料でプレゼントしています。

詳しくはこちら

がんを完治させるための5つのルール

画像検査は、体内の様子を見ることができる重要な検査です。CT、MRIなどの画像検査で、進行具合や転移の有無を詳細に調べます。

■がんの転移を見つける

食道がんと疑われたときは、より正確な診断のために病巣の広がり具合や転移の有無などを調べる、詳しい検査を受けます。多くの場合、CT検査やMRI検査によって食道やその周囲の様子を画像にして、浸潤具合や転移の有無をチェックします。

転移に関しては、PET/CT検査を受ければ1度でわかります。骨への転移は、PET/CTや骨シンチグラフィーを用いてチェックをします。

内視鏡の先端に超音波の発信装置をつけた器具を使う超音波内視鏡検査もあります。これは受けられる医療機関が限られますが、がんの深さやリンパ節転移の有無が、より正確に把握できます。

・CT検査、MRI検査
CT検査は、さまざまな角度からエックス線を照射し、コンピュータで解析して画像化する。MRI検査は、磁気を利用して、体内を画像化する。輪切り状態が写し出されるCTに対し、あらゆる方向から撮影することができる。

・PET/CT検査
PETは、糖質に似た物質を投与し、その物質の分布を画像化する。がんは糖をたくさん取り込むため、がんと正常組織の区別ができる。このPETと病巣の形状が詳細に把握できるCTを組み合わせることで、より詳細な画像が得られる。

・骨シンチグラフィー
骨の病気を調べる検査。特定の部位に集まる放射性同位元素を注射し、その放射線の分布を画像化する。骨への転移の有無を調べるのに効果的。検査時間は30~60分程度で、1度の検査で全身の骨の状態がわかる。


・・・

がん治療に悩んだら・・・

「がん治療のガイドブック」を無料でプレゼントしています。

詳しくはこちら

がんを完治させるための5つのルール

食道がんの疑いがあったら、すぐに専門医を受診することが大切です。さまざまな検査を受け、その結果によって治療方法を決めていきます。

■検診で発見され、さらに詳しく調べる

検診やほかの病気の検査で偶然見つかったり、自覚症状に気づいたりして受診した場合、診療所で専門医を紹介してもらい、できるだけ早く専門家による診断を受けましょう。

内視鏡検査などで食道がんと確定診断されたら、さらに詳しく検査を受け、病気の進展具合や全身状況を調べて、治療方針を決定します。

そのとき重要なのが、自分自身の考え方や意見です。治療を開始したら後戻りできないので、わからない点はとことん主治医に聞いたり調べたりして、自分の意思に基づいて決めることが大切です。

・発見:食道壁の異変を発見する

検診やほかの病気の検査、自覚症状による受診などで疑いがあった場合、内視鏡検査を受けることで、ほとんどが診断できます。早期の小さながんもほぼ確実に発見できます(内視鏡検査、食道造影検査)。

・診断:採取した組織を詳しく調べる

内視鏡検査で発見したがん組織の一部を検査と同時に採取します。採取した組織を顕微鏡などで詳しく調べ、がん細胞か否かが確定されます。組織生検で、がんの種類も判定できます(組織生検)。

・病期判定:進行度や悪性度、全身状態を詳しく調べる

画像検査などによりがんの病期や転移の有無、重複がんの有無などを調べます。手術の適応に関係する血糖値をはじめ、全身の状況を把握します(CT検査、MRI検査、PET/CT検査、骨シンチグラフィー)。

・治療方針決定:病期や患者さんの意思により決定する

病期や転移の有無や部位、全身の状況などを総合的に考慮し治療方針を決めます。そのときに重要なのが、患者さん自身の意思です。本人の気持ちを最優先して決めることが大切です。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

「がん治療のガイドブック」を無料でプレゼントしています。

詳しくはこちら

がんを完治させるための5つのルール

乳癌(乳ガン・乳がん)骨転移したあとの治療方法は?
乳癌から骨に転移してしまったら・・・

余命や治療法について解説します

まず、骨転移は、原発巣(最初に発症したがん)で
増殖したがんが血流によって骨に運ばれて、
骨髄内毛細血管で増殖することによって起こります。

乳癌から骨転移がみられる場合、
小さな癌細胞が全身に散らばっているような
症状になっていることが多いです
そのため、平均余命は半年〜1年と言われています

しかし、余命半年を宣告されても
10年以上生きていらっしゃる方もいます

では、どのようにして脳転移後の
癌治療に取り組めばいいのでしょうか

答えは・・・

「体に悪いものを徹底的に排除し、 体に良いものを入れ続ける」
これしかありません

体のパワー、命のパワーを強くしない限り
転移・再発したガン細胞に打ち勝つことはできないのです

抗がん剤や放射線は、命を強くするものではありません

命を強くするものは、いくつかありますが、
ガンの体にとって最もインパクトがあるのが

「食事」です

今まで、気をつけてきた方も多いかと思いますが、
正しい知識に基づいて、効率的に行う必要があります


詳しくはこちら

がんを完治させるための5つのルール

肺癌から骨に転移してしまったら・・・

余命や治療法について解説します

まず、骨転移は、原発巣(最初に発症したがん)で
増殖したがんが血流によって骨に運ばれて、
骨髄内毛細血管で増殖することによって起こります。

肺癌から骨転移がみられる場合、
小さな癌細胞が全身に散らばっているような
症状になっていることが多いです
そのため、平均余命は半年〜1年と言われています

しかし、余命半年を宣告されても10年以上生きていらっしゃる方もいます

では、どのようにして脳転移後の
癌治療に取り組めばいいのでしょうか

答えは・・・

「体に悪いものを徹底的に排除し、 体に良いものを入れ続ける」
これしかありません

体のパワー、命のパワーを強くしない限り
転移・再発したガン細胞に打ち勝つことはできないのです

抗がん剤や放射線は、命を強くするものではありません

肺癌ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだありませんが、
現実に肺癌を克服したり、余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます

では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか

詳しくはこちら
がんを完治させるための5つのルール

手術ができない部位に肺癌ができていたり、
進行や転移がひどく、手術できない場合は・・・?

まず、手術以外の方法があるかというと、
西洋医学では抗がん剤による治療、放射線による治療、
免疫療法などがあります

東洋医学の分野だと漢方や食事療法などがあります

手術ができない場合でも、他の手段を組み合わせて治療を進めることは可能です

手術できないからといって、諦めてしまうのはまだ早いです
手術は数あるアプローチの1つです

また、「何か1つの方法」だけで肺癌を完全に治すのはとても困難です

現代医学では肺ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだないのです

しかし、現実に肺癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます

では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか


詳しくはこちら
がんを完治させるための5つのルール

癌の部位によって
より多く摂るべき食材、食べ物は違います

食事療法は、スロータイプの治療法であるため
正しい知識に基づいて、効率的に行う必要があります

肺癌を治療するうえで、食事は非常に大切な要素です

しかし、食事だけで克服しようとするより、
その他のこともバランスよく改善していくことが大切です

肺癌ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだありませんが

現実に肺癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます

では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか


詳しくはこちら
がんを完治させるための5つのルール

ブログ

カテゴリ

Powered by Movable Type 6.1.1