乳がんで命を落とす(死亡する)理由


乳がんで命を落とす(死亡する)理由

乳がんは乳房にできて大きくなるがんですが、
多くの場合乳房で大きくなって命を落とすわけではなく、
血液やリンパ液に入って他の臓器(骨、肺、肝、脳)に移動し、
そこで再び大きくなった病変(転移)で命が脅かされます。

以前、乳がんは徐々に周りに拡がってから
転移をすると考えられていたため、
手術で大きく切除して根治(完全に治すこと)を目指してきました。

しかし大きく切除しても、
生存率(術後に生きている人の割合)を
上げることができませんでした。

また、手術の後に全身に効果のある薬剤を
用いることで無再発生存率(再発していない人の割合)や
生存率が上昇することが、
大規模な臨床試験で証明されました。

このことから、現在では
手術は縮小してきていますが、
術後の薬物療法は逆に多くの方が受けています。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式