乳がんの乳房切除術と乳房温存術の違い


乳がんの乳房切除術と乳房温存術の違い

乳房切除術とは乳がんのできている
乳腺すべてを取り除く手術です。

一方、乳房温存術はがんとその周囲の
乳腺組織を部分的に取り除く手術です。

乳房温存術の場合は原則として手術で、
残った乳房に対し、手術後放射線を照射する
治療を行うことが必要です。

実際に乳房切除術か乳房温存術かを決めるには
手術前の画像検査(マンモグラフイ、超音波、MRI、CTなど)で
乳がんの拡がりをできるだけ正確に診断した後、
患者の希望も考慮して決めることになります。

乳がんの手術のときにもう一つ重要なことは、
脇のリンパ節を取り除くかどうか検討することです。

乳がんがリンパの流れによって全身に転移を来たすとき、
最初に流れ着くリンパ節が脇のリンパ節です。

そのために、このリンパ節を以前はすべて切除していました。

ところが、最近はセンチネルリンパ節
(センチネル=がん細胞がリンパの流れに乗って最初に到達するリンパ節)
生検といって、多くの場合1個の
センチネルリンパ節を手術中に取り出し、
顕微鏡でその中に乳がん細胞がいるかいないかを判定します。

このとき乳がん細胞がなければ、
それ以外のリンパ節の切除を行いません。

もし、センチネルリンパ節に乳がん細胞がいれば、
すべての肢のリンパ節の切除を行います。

以前は乳がんであれば乳房切除と脇の
リンパ節をすべて取り除くことを基本とした
手術が行われていたのですが、さまざまな研究、
臨床試験から乳がん患者の不利益にならず、
手術による副作用を軽減しうる乳房温存術、
センチネルリンパ節生検という手術が行われるようになってきています。

このように乳がんの手術は、
患者のその後の長い人生を考え、
QOL(生活の質)を重視した縮小手術が定着しています。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式