乳がん患者はアルコールは適量を楽しむ程度、タバコは家族もやめましょう


乳がん患者はアルコールは適量を楽しむ程度、
タバコは家族もやめましょう


乳がんの患者さんには、アルコールはあまり
おすすめできません。

アルコールは、体内のエストロゲンを刺激すると
考えられているからです。

また、化学療法中の場合は、
悪酔いを起こすことがありますので、
飲酒はひかえましょう。

治療中はお酒を止めるのがベストですが
飲酒の習慣が強い人は
適量を楽しむようにしたいものです。

具体的にいうと、1日の適量は、
純アルコールで約20gとされていますが、
これは健康な人向けですので、
がん患者さんにとってはこれが上限でしょう。


アルコールの種類によっても適量は異なるので、
注意してください。

最近は果実酒など、アルコール度数の低い
さまざまなアルコール飲料が市販されています。

口あたりがよいものは、つい飲みすぎてしまいますので、
最初に決めた適量を守って楽しむようにしましょう。

また、アルコールとともに注意しなければならない
晴好品にタバコがあります。

タバコには、発がん物質が数多く含まれており、
まさに「百害あって一利なし」です。

ご家族に喫煙者がいる場合は、
一刻も早く禁煙してもらいましょう。


■純アルコール20gに相当する量

・ビール
中ビン1本(500ml)(アルコール度数4%)

・ワイン
グラス1杯(140ml)(アルコール度数14%)

・焼酎(原液)
コップ4分目(80ml)(アルコール度数25%)

・日本酒
0.7合(130ml)(アルコール度数15.2%)

ガン患者にとって最適な食事とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式