乳がんでトラスツズマブ(ハーセブチン)の投与を受ける費用と投与方法


乳がんでトラスツズマブ(ハーセブチン)の
投与を受ける費用と投与方法

乳がんでトラスツズマブが使われる場合、
処方の流れは次のとおりです。

1日目に、トラスツスマブ(8mg)を90分かけて点滴します。
22日目に6mgを90分かけて点滴します。
6mgの点滴を18回、計1年間続けます。


■1回コースあたりの薬剤費

33万2022円


■注意点と副作用

HER2が陽性の人だけに行われる治療です。

2回目以降は投与量を変えて行われます。

心臓に負担がかかることがあるので、
事前lこ心機能をチェックしておく必要があります。

アンスラサイクリン系の抗がん剤
(ドキソルビシンやエピルピシン)を
事前に使っている人は、より注意が必要です。

初回投与時(点滴中か、点滴後24日時間以内)に
急激に発熱や寒気が出ることがあります。

息苦しさを感じたらすぐに医師や看護婦に伝えましょう。

主な副作用としては、

インフュージョン・リアクション(初回投与時)として
心機能障害、発熱、悪寒、無力症、吐き気などがあります


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式