大腸がんの吻合部再発と局所再発の治療


大腸がんの吻合部再発と局所再発の治療

がんを切除して、腸をつなぎ合わせた部分に
再発することを「吻合部再発」といいます。

この場合は、よほど大きくなって見つかった場合以外は、
高い確率で手術で取り除くことができます。

一方、もともとがんがあった周囲に、
再発してきたものを「局所再発」といいます。

ほかの場所の再発に比べて発見が難しく、
また、初回の手術の影響などもあり、
手術が難しい場合が多いとされています。

手術で取り切れない場合は、
化学療法や放射線治療を行います。

最近では、重粒子線という特殊な放射線をあてる治療も
行われるようになっています。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式