大腸がん脳転移時の基本治療は放射線治療


大腸がん脳転移時の基本治療は放射線治療

脳転移の放射線治療は、
定位照射と全脳照射に大別されます。

定位照射はラジオサージェリーともいい、
手術に匹敵する治療効果がみられることもあります。

ただ、効果がある一方で、
副作用として脱毛や吐き気・嘔吐などが
あらわれることがあります。

<定位照射>

頭部の周囲から放射線を照射することで、
がんに放射線を集中させます。

脳の正常なところへ当たる放射線を
最小限に抑えることができる照射方法です。

がんが少ない場合に効果があります。

放射線の種類や照射方法などによりガンマナイフ、
ライナックナイフ(リニアックナイフ)、
サイバーナイフなどの種類があります。

ガンマナイフは、ヘルメットのような装置を頭につけると、
装置内部からがんに向けてガンマ線が照射されます。

小さな病巣もピンポイントで治療できます。

ライナックナイフでは、金属リングで頭を固定し、
照射装置に頭部を入れてX線の照射を受けます。

サイバーナイフも同じX線を照射するものですが、
頭部をメッシュ状の固定具で覆って
自動制御式のロボットアームから照射を受けます。

このロボットアームは工業用ロボットの技術を
応用したもので、画像診断のデータをもとに
がんの位置を正確にとらえ、
さまざまな角度から少しずつ放射線を当てて、
がんだけに高いエネルギーを集中させることができます。

定位照射は手術や全脳照射に比べ
後遺症や副作用が少ないのですが、
まれに脳の壊死や浮腫(むくみ、はれ)、
出血、視力障害などが起こることがあります。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式