大腸がんのリンパ節転移の診断と治療


大腸がんのリンパ節転移の診断と治療

原発巣の近くのリンパ節は、
最初の手術で原発がん病巣とともに
切除されています。

離れたリンパ節への転移は、
各種画像検査や血液検査、
リンパ液の検査などで診断されます。

リンパ節転移は切除が基本です。

転移したリンパ節が多数ある場合など
切除が困難な場合は、全身化学療法が行なわれます。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式