大腸がんからの腹膜播種の診断と治療


大腸がんからの腹膜播種の診断と治療

腹膜への転移は超音波画像やCT、
MRIなどで診断しますが、
早期発見は容易ではありません。

腹腔に穿刺針を刺して腹水を採取し、
腹水中にがん細胞が見つかって
診断されることもあります。

腹膜播種は切除が難しい転移です。

治療は、抗がん剤による全身化学療法が中心になります。

進行してがん性腹膜炎を起こし、
腸管が狭くなって腸閉塞を起こした場合は、
その治療のためにバイパス手術や
人工肛門(ストーマ)を造設する手術などが
行なわれることがあります。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式