大腸がんの局所再発時の切除手術方法とは


大腸がんの局所再発時の切除手術方法とは

がんがある部分をすべて切除します。

がんをすべて切除できれば、
治癒の可能性があります。

場合によっては最初の手術より
広範囲な切除となることもあり、
骨盤内の他の臓器や血管、
神経にも切除が及ぶことがあります。

肛門温存術を受けたあと、
再発病巣が肛門に及んだのであれば、
肛門も含めて取り除く直腸切断術が行なわれます。

これにより、あらたに人工肛門(ストーマ)が造設されます。
がんの進行度によっては、
手術中に放射線を照射して
病巣の縮小をはかる「術中照射」が
行なわれることもあります。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式