大腸がんの局所再発時の化学放射線療法(抗がん剤+放射線)


大腸がんの局所再発時の化学放射線療法(抗がん剤+放射線)

局所再発でも手術ができない場合や、
手術しても取りきれない可能性のある場合、
抗がん剤による化学療法と放射線治療を併用する
化学放射線療法が行なわれます。

抗がん剤治療の目的は、がんの増大を遅らせて
症状のコントロールを行なうことにあります。

複数の抗がん剤を組み合わせることで
治療効果が上がります。

抗がん剤の投与は2週間に1度、
約48時間かけてゆっくり点滴で
投与する方法が最も効果的です。

この方法での投与が半年~1年程度
続けて行なわれます。

投与期間は副作用があらわれることがあるので
体調の変化に注意し、異常があれば医師に報告しましょう。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式