放射線治療は直腸がんの再発時に行われる


放射線治療は直腸がんの再発時に行われる

放射線治療は、結腸がんの場合には
あまり用いられません。

しかし、直腸がんの局所再発では、
手術の前やあと、手術中などに放射線を照射し、
腫瘍の縮小をはかることがあります。

最近は、骨盤壁を主体とした局所再発で
外科的切除が不可能なものに対し、
重粒子線(炭素線)を用いた特殊な放射線治療が
行なわれることもあります。

この治療法は、手術に匹敵する治療として
注目されています。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式