糖尿病などの持病があるが抗がん剤治療を受けられるか


糖尿病などの持病があるが抗がん剤治療を受けられるか

術後の補助療法や再発・転移した場合の治療法で
抗がん剤が用いられるのは、
「がんの進行を抑える」というメリットが期待できるからです。

しかし、糖尿病や高血圧症、
腎臓病などの持病がある場合、
薬によっては副作用が強まってしまうといった
デメリットもあらわれます。

また、持病の管理が思わしくなく
全身状態が悪化しているときは、
抗がん剤治療を続けることができません。

抗がん剤を使用するメリットとデメリットを
よく考えることが必要です。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式