がんの民間療法とはどういった種類のものがあるのか?


がんの民間療法とはどういった種類のものがあるのか?

がんが現状ではまだ治りにくい病気であるだけに、
民間療法への関心が非常に高いのは当然です。

特にがんの発見が遅れ、
すでに手遅れだと言われた時など、
何とかしたいと思う家族は、
何か治療方法はないかと探し、
民間療法の効果を期待することになります。

しかし、周囲の人々のさまざまな意見に振り回され、
時には多額のお金を無意味な治療に払ってしまうのも、
避けたいことです。

「民間療法とはこういうもの」
と説明するのは難しいのですが、
医療保険の診療報酬でカバーされていない
治療法全体を含むと考えましょう。

東洋医学あるいは中国医学
(漢方薬、鍼・灸、気功など)の中にも、
健康保険で対応するものもありますから、
東洋医学全体が民間療法ということではないのです。

しかし、民間療法について話す時には
何となく、声をひそめて話したり、
高いお金がかかるものというイメージが
あるのではないでしょうか。

民間療法といえば、よく聞くのは、
さまざままな食品(キノコ類、ミルク、お茶、水、
海草、鮫の軟骨、プロポリス、酢、ほか)および食事療法、
ワクチンなどを用いる各種の免疫療法や
リンパ球療法等現代医療とつながりがあるもの、
ビタミンやヨードなどによる療法などがよく紹介されています。

また気功、ヨガなども取り上げられています。
漢方薬もよく使われます。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式