「ペプロマイシン」(商品名:ペプレオ)|抗がん剤の効果と副作用


「ペプロマイシン」(商品名:ペプレオ)
の効果と副作用


■特徴と効果

1960年代に梅沢浜夫らが発見し、
69年から抗がん性抗生物質として販売されていた
ブレオマイシンは、肺毒性が強いという問題がありました。

そこで、肺毒性を軽減するためにつくられた
ブレオマイシンの誘導体がぺプレオマイシンです。

抗がん効果を示す範囲もブレオマイシンより
広いとされています。

国内では81年に発売されています。

■対象となるがんの種類

悪性リンパ量、頭頸部がん(舌がんなどの口腔がん、
上顎がん、咽頭がん、喉頭がん)、肺がん(扁平上皮がん)、
前立腺がん、皮膚がん。

■投与法

白色の注射剤で、生理食塩水やブドウ糖液などと混合して、
静脈か動脈、または筋肉のいずれかに
通常1週間に2~3回投与します。

静脈注射の場合、投与量の多くは尿中に排泄されます。

■副作用

副作用の現れ方や度合いにかなり個人差があるとされています。

一般的には発熱、口内炎、脱毛、倦怠感、吐き気・嘔吐、
食欲不振などです。

皮膚や爪が黒っぽくなることもあります。

息切れやせき、喘鳴(呼吸時のぜーぜー音)などは、
間質性肺炎や肺線維症などの重大な副作用の
症状である可能性があります。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを完治させるための5つのルール





----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式