食道ガン


食道がんの原因と症状、治療法について

■喫煙と飲酒がリスクを高める

がん化する細胞の種類によって、
扁平上皮がんと腺がんの2種類に大別されます。

扁平上皮がんは、食道内側をおおう扁平上皮細胞にでき、
食道の上部と中間部に最もよく発生します。

腺がんは、体液をつくる腺(分泌)細胞にできるがんで、
おもに食道下部の胃の近くに発生します。

食道は周辺にリンパ節が多いので、
早期の段階からリンパ節転移を起こしやすく、
転移されるまで発見されないことが多いため、
やや悪性度の高いがんといえます。

男性は女性よりも約3倍かかりやすいという
調査結果があります。

とくに食道扁平上皮がんは、
喫煙と飲酒とに強い関連性が見られることが
研究によって示されています。

また、お茶やコーヒーなどの飲み物を
高温で飲む習慣もよくないと考えられています。

■症状:初期の頃は無症状

早期には無症状のことも少なくありません。

食べ物を飲み込むときにつかえたり、
胸の奥が痛んだり、胸やけ、
声のかすれや咳などの症状が出ることもあります。

■診断:内視鏡で観察する

がんが疑われた場合、一番確実な診断方法は、
内視鏡で食道内を観察する検査です。

このときに、異常が見られる部位の細胞や組織を採取し、
顕微鏡で調べる生検も行います。

このほか、X線による食道造影検査、
胸部X線検査などを行うこともあります。

■治療法:手術か化学放射線療法

最も一般的な方法は手術です。

がんが上皮内にとどまり、
リンパ節の転移のないO期か、粘膜下層までにとどまり、
リンパ節に転移していないⅠ期であれば
手術を行います。

Ⅱ・Ⅲ期は、放射線照射と抗がん剤の投与を
組み合わせる化学放射線療法か
手術のどちらかになります。

治療成績にあまり差が見られないこともあって、
最近では化学放射線療法が主流になりつつあります。

他の臓器に転移が見られるⅣ期には、化学放射線療法が取られます。

このほか、標準治療として、
レーザー光線を用いてがん細胞を死滅させるレーザー治療、
電流でがん細胞を死滅させる電気凝固法なども行われています。

なお、食道がんの手術を行うと、
声がれなどの音声障害が出ることがあります。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんと正しく闘うための5つのルール



食道がんの転移

食道がんは男性に多いがんです。
発症の最大の原因は喫煙と飲酒とされています。

これらの習慣を両方とももつと、
食道がんの発症率はたいへん高くなります。

この場合、食道だけではなく、
胃やのど(咽頭、喉頭)、口腔など、
他の臓器や器官にもがんが発生することが少なくありません。

これはがんが転移するのではなく、
喫煙と飲酒によりがんが発生しやすい状態にあり、
第2、第3のがんが発生するのです。

食道がんは、周囲に広がりやすいがんです。

がんが成長すると、食道の壁を突き抜けて
隣り合う臓器や器官、すなわち気管や肺、心臓、
太い血管、神経などに浸潤していきます。

他方、食道には多数のリンパ管が走っているため、
比較的早い段階でがんはリンパ管を通じて
食道のまわりのリンパ節に転移します。

食道の内側の粘膜にとび石状に
転移することもあります(スキップ転移)。
さらには、がん細胞が血流に乗って、
肺や肝臓、骨などにも転移することがあります(遠隔転移)。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんと正しく闘うための5つのルール



食道がん(食道上皮がん)の原因と主要な治療方法

食道がんは、飲酒や喫煙の習慣を
長く続けた人に多発するがんです。

このがんは食道の内側をおおう粘膜に発生し、
食道の壁を突き抜けるように成長します。

そして、食道を包む薄い外膜を貫通して、
容易に気管支や肺、大動脈などに浸潤していきます。

食道がんはこれまで抗がん剤が効きにくいとされ、
進行すると治療が困難でした。

また、切除が可能な場合でも、
やや進行すると、食道を切除して再建手術を行う
(切除後に胃や小腸をつないで食道の代用にする)
という非常に大きな手術が必要になり、
重い後遺症も残りました。

このような状況に対し、最近、
化学放射線療法が試みられるようになっています。

これは、放射線治療と化学療法を
組み合わせる方法です。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せるのか?

詳しくはこちらのページで

がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんは大手術となる前に、内視鏡検査で発見を

食道がんの治療にとって大事なことは、
何よりも早期に発見して、転移のないうちに
病変を取り除くということです。

リンパ節への転移を起こしてしまうと、
重要な臓器に囲まれている食道の治療は
いずれの方法でも大がかりなものとなってしまいます。

加齢、特に40歳以上で酒・タバコという
危険因子を持っている方は、
年に1度の内視鏡検査を受けることを
強くお勧めします。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの再発予防と心がけ

熱い飲み物を避けるとか、
野菜や果物が予防にいいというのは
確実とされています。

しかし具体的なデータはありません。

やはり、早期のうちに見つけて治療することが大事で、
大きなリスク(加齢、酒、タバコ)を持つ人は、
年に1回の内視鏡検査を受けるようにしましょう。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの進行(TNM分類)とステージ


がんが粘膜にとどまっており、
リンパ節に転移していない状態。早期がん。

<Ⅰ期>

がんが粘膜下層までにとどまっており、
リンパ節に転移が見られない状態。

<Ⅱ期>

がんが筋層に達するが外膜には到達していない、
もしくはがんが食道壁を貫いて外膜にまで達しているが、
リンパ節転移のない状態。

<Ⅲ期>

がんが食道の外膜に達しており、
食道近傍のリンパ節への転移がみられるが、
他臓器や胸膜、腹膜、遠隔リンパ節に転移がない状態、
もしくは、がんが隣の臓器に直接浸潤しているが
他臓器や胸膜、腹膜、遠隔リンパ節に転移がない状態。

<Ⅳ期>

がんが他臓器や胸膜、腹膜、遠隔リンパ節に転移している状態。
(日本食道学会では、さらに詳しい病期分類を定めている。)


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんと正しく闘うための5つのルール


食道と食道壁の構造

食道は咽頭と胃をつなぐ、成人で長さ25~30cm、
太さ2~3cmの管状の臓器です。

食道壁の厚さは4mm程度。
内側から粘膜、粘膜下層、固有筋層、
外膜の4層に分かれています。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの検査の種類

食道がん発見には次の
2通りの方法があります。


<内視鏡検査>

先端にCCDカメラが付いた内視鏡を用い、
直接食道内の粘膜を観察します(胃カメラと同じ)。

精密検査を行うにはヨード撒布
(正常な粘膜の上皮細胞は染まり、がんは染まらない)
による色素変化検査を行います。

しかしヨード撒布は患者にも負担を強い、
病変にもダメージを与えるため、拡大内視鏡、
NBIなどによる観察技術向上が期待されています。


<レントゲン検査>

バリウムを飲んで、食道を通過するところを
レントゲン撮影する方法ですが、
早期食道がんを見つけることは難しいのが現状です。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの症状とは


食道がんが粘膜に発生したとき、最初は無症状です。

無症状のうちに見つかれば早期がんであることが多く、
治る確率が高いといえます。


<痛み、しみる>

食べ物を飲み込んだときのチクチクとした痛みや、
熱いものが食道にしみるといった症状が
初期段階に見られます。

できればこの症状の段階で
内視鏡検査を受けるべきだといえます。


<食べ物がつかえる>

病変が肥大し食道を狭めるために起こります。

柔らかいものや水は通り食事を取ることはできますが
更に進行すると食道が塞がれます。

この他、体重減少、胸痛・背部痛、
咳、血のまじった痰、
声のかすれなどの症状が食道がんによって起きます。

これらの症状が出てから見つかったものは
治らないというわけではありませんが、
かなり進行した状態だといえます。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの原因となるリスクはタバコとお酒

食道がんは40歳を週ぎて急激に死亡率が上昇します。

そして罹患率・死亡率において
男性は女性の5倍以上と言われています。

リスクとしてほぼ確定されているのが酒とタバコです。

どちらもたしなまない女性の罹患は稀です。

かつては治療が困難を極め、
5年生存率が10~20%でしたが、
検査法、手術法の進歩により
近年大幅に改善されています。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんと正しく闘うための5つのルール


日本人の食道がんのほとんどは扁平上皮がん

食道がんには扁平上皮がんと腺がんの2種類があります。

日本人の食道がんの90%以上は、
食道の内側を覆っている粘膜表面の上皮から
発生する扁平上皮がんといわれるものです。

胃がんと同じく腺上皮から発生する腺がんは
5%とわずかです。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんは周辺への転移が早いがん

食道がんは、がん死亡数の第9位で、
(厚生労働省平成18年人口動態統計)
女性よりも男性に多く、加齢とともに罹患率が上昇します。

胃の内視鏡検査を行った際に発見されることも多いです。

一見目立たない疾病ですが、
早期に発見されず進行してしまうと、
周辺への転移は早く、大手術が必要となり、
根治が難しいがんだといえます。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの進行のしかたと主な治療方法

食道がんの発生リスクは、50歳以上の男性で、
毎日お酒やタバコをたしなむ方や
以前に頭頚部がんにかかったことのある方に
高くなります。

自覚症状としての飲食時のしみる感じや
食道の違和感などの症状が、
早期発見のきっかけとなる場合もありますが、
人間ドッグでの上部消化管検診時に、
とくに上部消化管内視鏡(いわゆる胃カメラ)で
無症状のままに見つかる人もいます。

食道がん発生の危険因子を持った患者を対象に、
内視鏡検査時にヨードを用いた染色法を行うと、
通常の観察では発見困難な微小な食道がんを
見つける頻度が高くなるという研究報告もあります。

食道の壁は厚さ約4mmと非常に薄いのですが、
内側より粘膜・粘膜固有層・粘膜筋板・粘膜下層・二層からなる
固有筋層と複雑な構造から成り立っています。

その外側に脂肪・結合織からなる外膜があります。

食道がんはもっとも内側の粘膜から発生し、
徐々に食道の壁の深部へ浸潤していきます。

浸潤は原発巣の壁深達度が粘膜層にとどまり、
しかもリンパ節転移を認めないものを
早期食道がんと定義しています。

この段階で見つかりさえすれば、治癒率90%以上上と
きわめて高くなりますので、早期がんの定義は
早期発見の努力目標でもあります。

早期がんといっても微妙な浸潤度の違いによって、
内視鏡的切除から外科的手術、
抗がん剤と放射線照射を同時に使用する化学放射線療法など、
治療方法は必ずしも一定ではありません。

内視鏡的切除は、早期がんでも浸潤が粘膜固有層に
とどまっていると判断される場合に適応となります。

一般診療では内視鏡で食道が何かおかしいと
判断されない限り、リスクがあるからといって
検診目的の色素内視鏡は行われません。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの症状

食道がんの症状は進行状況によって違ってきます。

比較的浅いがんでも60%に何らかの
食道に関連した症状があります。

代表的な症状は、何となくものがつかえる感じ、
食道に何かある感じ、しみる感じで、
これらが初期症状です。

がんが進んでくると、食道が狭くなり、
肉などの固形物がつかえるようになります。

ものを食べたときに胸の痛みを覚える人もいます。

やがて、つかえる回数も増え、
柔らかなものや流動物まで通りが
悪くなってきます。最後には、
水も唾液も通りにくくなり、戻してしまうようになります。

このような食道がん特有の症状のほかに、
声がすれ、体重減少、
頚部リンパ節の腫れにも注意しましょう。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの患者数と死亡者数について

日本人の食道がんの危険因子は、
喫煙と飲酒とされています。

とくに両方を嗜好に持っている人の発生率は、
いずれも持っていない人の30倍といわれています。

また、喫煙と飲酒は、咽頭がん、喉頭がん、
舌がんの危険因子でもあるため、
これらのがんと重複する頻度が
高くなるで注意が必要です。

食道がんの発生部位は胸部中部食道が一番多く
全体の約55%を占め、次いで胸部下部食道が20%、
以下胸部上部、頚部、腹部食道の順となっています。

85%が胸部食道、すなわち胸の中の
最深部の臓器に発生しますから、
治療も厄介といわれる所以です。

日本人の食道がんのほとんどは、食道のもっとも内側の
粘膜上皮から発生する扁平上皮がんです。

欧米でも以前はこの扁平上皮がんが普通でしたが、
20年ほど前から腺がんが増え始め、
今では食道がんの70%を占めるに至っています。

まだ顕著ではありませんが、
日本でもこの腺がんは増加傾向にあります。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの患者数と死亡者数について

食道はのど(下咽頭)と胃をつなぐ消化管です。

背骨のやや左前にあって、気管、心臓、大動脈、
肺などの重要な臓器の聞を走っています。

長さは平均25cmくらいで、直径は約2~3cmです。

壁の厚さは4mm弱ですが、何層もの複雑な構造からなっています。

ものを飲み込むと食道の壁に嬬動運動が起こり、
上から下へと順に胃まで運んでくれます。

この管の中に発生するがんが食道がんです。

食道がんは日本人のがんの臓器別死亡順位で、
男性は6位、女性は9位となっています。

男女比は6~7:1と圧倒的に男性に多くなっています。

日本では1年間におよそ14,000人が
食道がんに罹患し、
亡くなる人は現在年間約10,000人で、
人口の高齢化に伴い、実数は徐々に増える傾向にあります。

発病は60歳代にもっとも好発し、
次いで50歳代、70歳代に多く、平均年齢は64歳となっています。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんにおける誤嚥と肺炎

末期がんの患者さんは
おしなべて免疫力が低下していますから、
細菌やウイルスや真菌などに
感染しやすくなっています。

日和見感染といって、
通常では問題にならないような
弱い病原体に感染することもあります。

感染した細菌やウイルスによって
その後の症状の変化は異なりますが、
それが死に至らしめることがあります。

食道がんの場合は誤嚥による肺炎が感染症の代表です。

食べものが誤って気管のほうに行った場合に、
それを原因として肺炎を引き起こすことがあります。

免疫力がしっかりしていれば、
誤嚥しても肺炎まで引き起こすことは
少ないのですが、がんの増大によって
栄養分が横取りされ、慢性的に栄養不足状態に
なっていますし、抗がん剤を使用すると
免疫の力も低下しています。

必然的に肺炎を引き起こしやすくなっています。

ですから、がんが進めば進むほど、
誤嚥には注意しなければなりません。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんにおける呼吸困難が起きたときの対処方法

生命を維持するには、
呼吸によって酸素を肺に取りこみ、
さらに血液のなかに酸素を取りこみ、
それを心臓の働きによって全身に流し、
体の隅々の細胞に酸素を送りこむことが必要です。

これがいろいろな要因で困難になることで、
細胞が死滅し、やがて死に至ります。

細胞が生命を維持するために必要なことは、
心臓が血液を全身に送り出すために
十分な力を持っていること、そして、
血液の量が一定以上あること、さらに、
その血液に一定以上のヘモグロビンと
一定以上の酸素濃度があることです。

これらのいずれが欠落しても
細胞は生命を維持できません。

食道がんの場合は、気管や気管支に浸潤することが多く、
そうするとそれらに狭窄が起きて、
十分に呼吸をすることができなくなることがあります。

呼吸が不十分になると、血液中の酸素が不足します。

酸素が不足することで最もダメージを受けるのは、
脳細胞と心臓の筋肉の細胞です。

ですから、酸素不足に陥ると、
まず、脳細胞が死滅し脳の活動が停止します。

その後、心臓が停止します。

こうした呼吸困難に陥ったときにとる処置としては、
次のようなことが挙げられます。

まず、気管や気管支にがんが浸潤して
狭窄を引き起こしている場合は、
放射線照射を行なってがんを小さくする方法や、
ステントというチューブを挿入して
内腔を確保することもあります。

レーザーやアルゴンプラズマコアグレーターで
気道内の腫瘍を取り除くこともあります。

最も手っ取り早い方法としては、酸素吸入があります。
空気中の酸素の濃度が高ければ高いほど
血液中の酸素濃度は高くなるからです。

次に、血液を送り出す心臓の力が弱い場合は、
強心剤を使用します。

出血がある場合には輸血をします。

貧血状態であれば赤血球を補給します。

肺の機能が低下してきた場合には、
人工呼吸器を取りつけます。

ただし、いよいよ最終段階にいたって、
鼻や口から気管のなかに太いシリコンを
挿入したりして、無理に呼吸をさせるのは、
患者さんの苦しみを増長させることになり、
慎重に行なう必要があります。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道かんで死に至るときの症状は?

がんそのものが直接に生命を奪うのではありません。

がんが増殖することで肉体にさまざまな異変を
引き起こすことによって、人は死に至ります。

死に至る症状には主に次のようなものが
考えられます。

食道がんで最も多いのは、呼吸困難と肺炎です。

すなわち、気管や気管支に浸潤することが多いですから、
そうすると気管や気管支が狭くなって
うまく呼吸ができなくなることがあるのです。

また、誤嚥を繰り返していると、
肺炎を併発することがあります。

そのほか、肝転移による肝不全、
脳圧亢進症状、感染症などもありますが、
食道がんではあまり見られません。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんについて本人に告知すべきかどうか

最近では、「インフォームド・コンセント」が
重要だということがいわれていますが、
告知がなければ、インフォームド・コンセントなど
ありえません。

患者さんの詳しい病状、これからの治療法、
それらを隠さず話すことで初めてその後の治療に
前向きに取り組んでいけるはずです。

ごまかしごまかし治療などできるはずがありません。

たとえば、乳房を切除しなければならない乳がん患者に
「乳がんである」ということを告げずに、
乳房を切除できるはずがありません。

食道がんにしても、大がかりな手術が必要です。

声を失うかもしれないし、永久気管瘻を
つけることになるかもしれません。

頸や胸や腹を切るという大変な手術もします。

そのときに、食道がんであるということを告げずして、
これらの治療を行なうことはできません。

また、人間というものはそれぞれの人生観があります。

手術をするくらいなら死んだほうがましだと
考える人もいるかもしれません。

とことん、どんなことをしても
がんと闘おうとする人もいるでしょう。

価値観はそれぞれ異なるのです。

本当のことを話して、自分が置かれている状況を
正しく把握してもらって、そのうえで、
最終的には自分自身の判断で決断してもらうことが、
その人の人生を最も尊重することではないでしょうか。

それぞれの価値観を尊重するためには、
告知が必要なのです。

患者さんには何も知らせず
医師が勝手に治療方針を決めてしまうのは、
医師の傲慢といわざるをえません。

しかし、なかにはがんの話をされたくない方もいます。
聞きたくないという人は、
家族がかわりに聞くことになるでしょう

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がん手術後の定期検診の意味

がんの治療がひとまず終了したあとは、
定期的に検診を受けることが大事です。

定期検診の目的には大きく分けると2つあります。

ひとつは、再発のチェックです。

再発するかしないかということは、
誰も予想できません。

もちろん、手術時のステージが進んでいれば
進んでいるほど再発の可能性は高くなり、
早期であればあるほど再発の可能性は
低くなるわけですが、最終的には
わからないことなのです。

また、全身に転移してしまえば早く発見しても
治療の選択肢は広がりませんが、
局所の再発は再び手術をしたり、
化学・放射線治療をして完治することが可能ですから、
定期的に検診を受けることはとても重要です。

定期検診のもうひとつの目的は、
食事指導や生活指導にあります。

特に早期の段階では食事指導が大事になります。

胃袋が小さくならないように、
少しでも早く元どおりの食事ができるように、
多少苦しくても頑張って食べることを指導します。

また、再発防止のために精神的な面を含めて
生活指導も行ないます。

安静にして前向きに楽しく、
適度な運動と十分な栄養をとるように指導します。

また、内視鏡検査をして、
手術のつなぎ目の状態を確認したりすることもあります。

つなぎ目が細くなっていると、
食物の通りが悪くなりまずから、
その場合にはその部分を広げる治療も必要となります。

定期検診の割合は、まず初めに退院2週間後に行ないます。

様子を見ながらしばらくしてから1カ月ごと、
やがて3カ月ごとと、しだいに間隔があいてきます。

定期検査では、他臓器のがんが出てくる
(異時性重複がん)のも調べます。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


がんの再発を防ぐための方法とは?

再発しない決定的な再発予防法があれば、
がんというものはそれほど恐れる必要がありません。

誰もが再発の危険性と背中合わせであることが、
がんの恐ろしさなのです。

そのうえであえていえば、
免疫力を高めることに尽きます。

具体的には、精神的にゆったりとすることが重要です。

安静を保ってのんびりと楽しく、
笑う機会を多くしながら、
生活していくことが重要です。

精神面と免疫力の関係は密接です。

クヨクヨしながらストレスを抱えこんでしまうタイプ、

物事をマイナスに捉えてばかりの悲観的な人は、
免疫力が低下してしまいます。

2番めは、栄養のバランスのとれた食事を
しっかりととることです。

そのほか、適度な運動、十分な睡眠などを
とるようにしましょう。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんが転移したときの治療法は?

転移したときは、
基本的に化学療法(抗がん剤治療)と
放射線療法が行なわれますが、
リンパ節転移があっても、
手術可能であれば手術が選択されます。

広範囲の転移や遠隔臓器転移、
たとえば肺や肝に転移している場合は、
一般的には化学療法、放射線療法を行ないます。

しかし、化学療法に関しては、
その効力に関しては限界があります。

一時的に効いたように見えても、
がんをすべて消滅することはなかなか難しいのが現状です。

放射線療法に関しても同様です。

放射線療法では、どちらかというと、
がんが発症した食道の局所を治療するのは
比較的有効なのですが、全身の転移先に
すべて放射線を照射するとなると、
放射線量が多くなりすぎて体がへたばってしまいます。

こうした理由から、放射線療法もまた、
転移したがんへの決定打とは
なりえないことが多いようです。

場所が限定されていれば、
化学療法と放射線療法を一緒に行なうことが普通です。

全身への転移が見られる場合は、
化学療法を優先します。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんが転移しやすい部位は?

転移しやすい部位は、
食道がんができている場所によって異なります

「頸部食道がん」は、頸部周辺のリンパ節に
転移しやすいです。

胸部や腹部周辺のリンパ節にはあまり転移しません。

「胸部食道がん」は、頸部、胸部、腹部の
3領域にわたって転移します。

また、周辺に重要臓器がたくさんあるため、
がんが浸潤しやすいのです。

また心臓や大動脈や気管に浸潤した場合は、
切除することが困難です。

3つの食道がんのうち最も転移しやすいのは、
この胸部食道がんです。

「腹部食道がん」は、胃の周辺の
リンパ節転移が多いです。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がん手術から退院までの流れ

病院によって若干異なりますが、
一般には手術後、一昼夜ICUに入ります。
問題がなければ、翌日の昼には一般病棟へと移ります。

レントゲン撮影して縫合不全がないことを確認したら、
手術後10日めぐらいから食事を始めます。

その際、まずバナナや里芋による訓練食で、
むせないように食べる訓練をします。

やがてお粥になり、普通の食事へと移行します。

食事がとれるようになれば、退院です。

だいたい手術後、3週間で退院となります。

お風呂は、手術後10日ぐらいから入ることができます。

仕事は個々人で差があります。
戻ろうと思えば、退院後2週間ぐらいで
復帰できると思いますが、
まだ無理はできません。

バリバリ働くには、手術後だいたい
3カ月ほどかかるのが一般的です。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


「食道再建」した場合の後遺症や副作用

食道がん手術において食道再建した場合、
副作用というのは特にありませんが、
一種の後遺症としては、
誤嚥しやすくなるということがあります。

特に水の飲みこみが悪くなり、むせやすくなります。

ですから、手術後に食事を開始するときは、
飲みこみたすいバナナや里芋を使って、
嚥下訓練を行ないます。

また、胃を持ち上げた場合は、
つないだ食道に胃液が戻りやすくなります。

そうすると食道炎を引き起こすことがあります。
ときには戻ってきた胃内容で
むせたりすることもあります。

予防対策としては、食事後、
すぐに横になったりしないように気をつけます。

また、胃や腸で食道を再建した部分に、
再びがんが発生する可能性もあるので、
定期的な検査をしておきましょう。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


「永久気管瘻」日常生活の注意点

永久気管瘻については
大変不便なもののように思われています。

たしかに、鼻より低い位置に穴がありますから、
たとえば、お風呂で永久気管瘻がふさがるまで
お湯につかると、窒息してしまいます。

しかし、それは鼻で息をしているときも
同じであって、鼻までお湯につかったら
息ができないのと原理は同じです。

ただ、その場所がいくぶん低くなるということです。

多少水が入っても外に出すことはできるし、
痰だって普通に出ます。
なかにはタバコを吸う人もいます。

ただ、ふだんから注意しなければならないのは、
乾燥した空気が入りやすいということです。

空気が鼻から喉を通って気管に入る過程のなかで、
空気に適度の湿り気を与えることが
できるのですが、永久気管瘻はいきなり
気管に空気が入ってくるので、乾燥しがちです。

そこで、永久気管瘻には、
マスクやガーゼを貼っておきます。
これでかなりの湿度を保つことが可能です。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんで甲状腺や副甲状腺を
切除した場合の後遺症

頸部食道がんで咽頭を切除するような場合は、
基本的には甲状腺や副甲状腺の一部も切除します。

ただ、一部だけを切除すれば、
その後の症状は出ないことが多いですから、
全部摘出することはできるだけ避けられます。

副甲状腺は、カルシウム代謝をつかさどっていまずから、
これを切除すると、血中のカルシウム量が減少します。

すると、筋肉が収縮して、
手足がつっぱるようになる「テタニー」という
症状が出てきます。

この症状はカルシウムを飲ませればすぐに治ります。

全切除後は、生涯にわたって
カルシウムを飲むことになります。

甲状腺を切除すると、更年期障害に似た症状や、
むくみ(粘液水腫)のような症状をはじめとして
さまざまな異常をもたらしますので、
甲状腺ホルモンを生涯服用することになります。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


手術で喉頭を切り取った場合の発生方法

下咽頭がんや頸部食道がんでは、
喉頭も取ってしまう必要がある場合もあります。

まず、声が出る仕組みについて確認しておきます。
声は3つの機能によって発生します。

まず最初に、呼吸器官で肺に空気を吸いこんで
吐き出します。

そのときに、発声器官(喉頭)で声帯を震わせます。

さらにその振動を、咽頭や口腔や舌の動きによって、
さまざまな音に変形し言葉をつくります。

この3つの機能のうちひとつでも障害が生じると、
声がうまく出せなくなります。

食道がんで声を失うというのは、
喉頭を切除することにより
声帯を失くすために生じる現象です。

喉頭にできた腫瘍の発生部位や進行のぐあいによっては、
喉頭を全部切除するのではなく、
部分的に切除することもあります。

この場合には、声帯の一部が残されるので、
傷が回復すれば、発声が可能になります。

問題は、手術で喉頭を全部取った場合です。

この場合には、発声機能は全く失われてしまいますが、
その後2つの方法によって、声を取り戻すことができます。
ひとつは、食道を使って発生を行なう「食道発声」、
もうひとつは「器械を使って発声する方法」です。

■「食道発声」とは?

通常の発声は、呼吸器官から送り出される空気によって、
発声器官(喉頭)が声帯を振動させることにより
生まれますが、喉頭を切除した結果、
呼吸のための永久気管瘻をつけた場合は、
呼吸器官から空気を送り出すことができません。

肺から送り出された空気は、
そのまま永久気管瘻から抜け出ていきます。

この場合、呼吸器官のかわりに、
食道や胃に空気を吸いこむか飲みこむかして、
その空気を吐き出すようにします。

失った発声器官(喉頭)のかわりをするのは、
咽頭または食道粘膜です。

これらを振動させて、音を発します。


■「器械を使った発声法」とは?

エレクトロラリンクスという機器を使う方法ですが、
これは、小型のマイクのような器械を
首の皮膚に密着させ、電気的に振動させながら、
通常の発声どおりに口を動かすことで
声を出す方法です。

しゃべるときだけ、喉の部分に押しあてるだけです。

振動を発するのは、首にあてるマイクのような器械です。

その振動が、喉と口を通ることによって、
言葉が形成されるわけです。

これは、特別な訓練をつむ必要はありません。
発声教室に通わなくても、練習することにより
誰でも簡単に習得できます。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの内視鏡的粘膜切除術とは?

内視鏡的粘膜切除術はEMRと呼ばれており、
早期発見の増加によって増えてきました。

内視鏡(ファイバースコープ)を口から入れ、
内視鏡で病巣を見ながら、
食道の内側から病巣を切り取るという方法です。

具体的には粘膜下層に生理食塩水を注入して筋層から剥離し、
病巣が含まれている粘膜に
細いワイヤー(スネア)をかけて締めあげ、
電気を通して切り取ります。

時間的には30分から1時間程度で終わり、
苦痛もたいしたものではありません。
入院も2、3日ですみます。

翌日から食事もできますし、
生活への差し障りもありません。

内視鏡的粘膜切除術ができるのは、
がんが粘膜層でとどまっている場合です。

この場合はリンパ節転移はほとんどないとされていますが、
他の検査でリンパ節に転移している場合は
対象とはなりません。

また、切除した組織を顕微鏡で検査する
生検を行なった結果、病巣が粘膜内にとどまらず、
粘膜下層に及んでいたり、
細いリンパ管にがんが入っていたりしたら、
外科手術を行なうことになります。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの標準的な治療方法は?

大きく分けると、4つの治療法があります。
内視鏡治療、外科手術、放射線治療、抗がん剤治療です。

粘膜にとどまるがんに対しては、
内視鏡で粘膜を切除する
「内視鏡的粘膜切除術(EMR)」が主流となってきました。

お腹や胸を切り開くことなく、
内視鏡だけで切除ができます。

時間も短く苦痛も少ない治療です。

ヨード染色によって簡単にがんを
発見できるようになって、
初期段階で発見されるケースが増えてきたことにより、
この治療が増えてきました。

内視鏡的粘膜切除術では十分でない食道がんに対しては、
外科手術を行ないます。

最近では胸腔鏡下手術も行なわれるようになりましたが、
まだ一般的ではありません。

浸潤ぐあいや転移の状態によって、
手術によって取りきれないと判断された場合は、
放射線治療や抗がん剤治療を行ないます。

また、手術と放射線治療と抗がん剤治療を
組み合わせて行なうこともあります。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの完治率(5年生存率)は?

粘膜にとどまっているもの、
あるいは粘膜下層ぎりぎりのところで
とどまっているもの、すなわち、
内視鏡的粘膜切除術ですむがんについては、
98パーセント程度の完治率です。
(5年間再発しないという意味です)

しかし未分化がんなどたちの悪い種類のがんがあるので、
そうした場合には早期であっても
再発することがあります。

内視鏡的粘膜切除術ではすまない手術、
かつ、完治を目的とする手術をする場合の完治率は、
平均30パーセント台だと考えられます。

もちろん、周辺臓器への浸潤が激しく、
大動脈や心臓に付着しているような、
手術しても取りきれないがんに関しては
手術はできません。

こういう患者さんも30パーセントぐらいいます。

こうした場合の選択肢としては、
抗がん剤治療や放射線治療になります。
それでも完治する人がまれにいます。

手術の進歩はめざましいものがあります。

近年になって急速に技術が進歩し
高い完治率が望めるようになりました。

これからも進歩することは望めますが、
今の手術はほぼ完成されたものになっていますので、
さらに飛躍的に完治率が高まるとは思えません。

今現在の60パーセント程度の完治率というのは、
かなり限界にきているように思います。

早期であればほぼ完治が望めるのですが、
進行するにつれて、
その率はどんどん低くなることは変わりません。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの完治の目安は?
5年生存率を目途にするのか?

がんの病巣を切除できたからといって、
それでがんとの闘いが終わったわけではありません。

最も怖いのは、再発・転移です。

肉眼で確認できないほどの微小ながん細胞は、
手術で切除した部分以外にも存在することは
大いにありうるわけで、それらが手術後に大きくなったり、
あるいは血液やリンパ液の流れに乗って
全身へと散っていったときに、
再発や転移が起きてきます。

再発した場合の治癒率はかなり低くなるわけで、
がんの恐ろしさはまさにそこにあります。

つまり、再発しないことが、
がんに打ち勝ったという証となるわけです。

そして、再発しなかった期間をひとまず設定することで、
完治の目安とするのです。

食道がんの完治の目安は、基本的に5年です。

ただ、もちろん、これはひとつの目安でして、
5年経ったあとに再発することがない
ということではありません。

また再発は2~3年で起こることが多いのです。

また、最近では、他の臓器もそうですが、
10年生存が完治の目安となってきた部分もあります。

10年生存率を割り出すことができる病院というのは、
日本ではまだまだ少ないのが現状です。

なぜなら、高齢者が多いがん患者さんは
治療後10年経ったときには
もっと高齢になっていますし、
10年も経てばその生存を確認したくても
消息がわからないということも
少なくないからです。

生存率を割り出すためには、
調査を行なう必要があるわけですが、
その方法は、法務省から許可をとって本籍を調べて、
そこに通知を出し、返事を待って統計を割り出す、
という流れです。

しかし、10年も経てば引っ越す可能性も高く、
本籍を調べることにもさまざまな問題も絡んで、
困難になることも多々あります。

そういうこともあり、ひとまず、
5年を完治の目安としているのです。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がん発見時に最も多い病期分類(ステージ)は?

定期検診で発見される場合は、
0期やⅠ期も多いですが、
症状が出てから初めて受診される場合は、
やはりⅢ期あたりが最も多いのが現状です。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんのステージの段階は?

食道がんのステージは
0期からⅣ期までの5段階に分類されます

順に説明していきますが、その前に、
もう一度、食道の構造について
確認しておきましょう。

食道の壁は、内側から外側に向かって順番に、
粘膜、粘膜筋板、粘膜下層、二層の固有筋層、
外膜の6つの層から成り立っています。

この構造をイメージしながら確認してください。

・0期

がんが粘膜にとどまっており、
かつ、リンパ節や他の臓器、
あるいは胸膜や腹膜に転移が見られない状態です。
早期がんや初期がんと呼ばれています。


・Ⅰ期

がんが粘膜にとどまっているけれども、
近くのリンパ節に転移が認められる状態。

あるいは、粘膜下層まで浸潤しているけれども、
リンパ節や他の臓器、あるいは胸膜や腹膜に
転移が見られない状態。


・Ⅱ期

がんが筋層を越えて食道の壁の外に
わずかに出ていて、食道のがん病巣の
ごく近くに位置するリンパ節のみに転移があり、
かつ、他臓器や胸膜・腹膜にがんが認められない場合


・Ⅲ期

がんが筋層を越えて食道の壁の外に
明らかに出ている場合。

また、食道壁に沿っているリンパ節か、
食道がんからやや離れたリンパ節にがんがあると判断され、
かつ、他臓器や腹膜や胸膜に転移が認められない場合。


・Ⅳ期

食道周辺の臓器にまで浸潤が認められる場合。
あるいは、がんから遠く離れたリンパ節に
転移がある場合。

あるいは、他臓器や胸膜や腹膜にがんが認められた場合。


以上、簡単に記しましたが、
食道がんのステージングの難しさは、
リンパ節群の振り分けにあります。

わずかなリンパ節への転移であっても、
遠い場所にあるリンパ節に飛んでいる場合は、
Ⅳ期になることがあります。

また、転移リンパ節個数も予後に大きく関係します。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの病期分類(ステージ分類)とは?

病期分類は、がんの治療法を決定するための、
重要な指標です

がんの進みぐあいを分類したものです。

手術が終わった段階で、一応判断しますが、
正確には、手術で切除された患部やリンパ節を
顕微鏡で調べた結果をもとにして、決定します。

日本では日本食道疾患研究会の
「食道癌取扱い規約」に基づいて
分類を行なっています。

食道がんのステージ(進行度)を決定する要因としては、
がんの深さ、リンパ節の転移の程度、
他の臓器への転移の有無などを
総合的に調べて決定します。

ステージを決定することを
「ステージング」と呼びますが、
ステージングは治療法を決定したり、
治療効果を正しく評価するうえでの重要な指標となります。

ただ、絶対的なものではありません。
たとえば、ステージⅠでも絶対に
再発しないというわけではありませんし、

ステージⅣでも長生きできることもあるからです。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの悪性度はどれくらいか?

食道がんの悪性度は高いといえます。

悪性度が低いがんから順に紹介すると、
次のようになります。
まず、甲状腺がんは比較的おとなしいがんで、
10年ほど放っておいても
悪さをしないことが多いのです。

次は、乳がんや子宮頸がん。
それから大腸がんがきます。

大腸がんは分化系のおとなしいがんがほとんどで、
比較的悪性度は低いのです。

それから胃がんです。

胃がんには分化系のがんと未分化系のがんが
半分くらいずつあって、分化系のがんは
予後は比較的良いのですが、未分化系のがんは
早期であってもたちが悪いのです。

次が食道がんです。
胃がんに比べると、ずっとたちが悪いといえます。
それは、早い段階でいきなり遠いところのリンパ節に
転移することが多いからです。

しかも周辺には心臓や大動脈や気管などの
重要臓器があるので浸潤しやすく、
いったん浸潤すると助かる可能性がきわめて低くなります。

さらに悪いのは、肺がんで
転移しやすく、頭にも転移していきます。

次は肝臓がん、胆のうがん、胆管がんとつづきます。

最も悪性度が高いのは、膵臓がんです。

こうして見てみると、食道がんは、
がん全体のなかではかなり悪性度の高い
がんの部類に入るでしょう。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの特徴「遠隔転移しやすい」

食道がんの特徴として、
がんのあるところから遠いリンパ節へ
転移しやすいという特徴があります。

胃がんや大腸がんというのは、
まず最初は比較的近くのリンパ節へ転移します。

さらに病状が進むともっと遠い部位に転移しますが、
食道がんは、いきなり遠くのリンパ節に
転移することが多いのです。

それは食道の構造によります。

細いリンパ管や血管が縦に
たくさん走っているからなのです。

どこのリンパ節に飛ぶかわからないから、
できるだけその可能性を抑えるために、
リンパ節郭清(がん細胞が散っている可能性がある
リンパ節を切除すること)を他の臓器よりも
ていねいに行なう必要があるとされています。

ところが、周辺に重要臓器や血管や神経が多いので、
高度なテクニツクを必要とします。

十分に行なわないと、すぐに転移してしまうし、
かといって、患者さんに対する侵襲が大きくなると
死に至る可能性があります。

重要臓器や血管や神経だけを残して、
ていねいにきれいにリンパ節を切除できるかが
ポイントになってきます。

そのため手術時間は、医師によっては12時間という
長時間にわたることも少なくありません。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの治療難易度はどれくらい?

再発率が高く完治率が低いという意味でいえば、
すい臓がんが最も厄介です。

手術の困難さなどを含めると、
食道がんも最も厄介ながんのひとつといえます。

食道がんの手術は、非常に大がかりな手術です。

頸と胸とお腹を切って手術することになるからです。

食道は体の中心部分を走っていますから、
周辺には大動脈や心臓、肺、気管など
重要な臓器がびっしりとあります。

それらを傷つけないように、
それらを押しのけるようにして
手術をしなければなりません。

周辺臓器に浸潤があった場合は、もっと大変です。

腹部のがんであれば、大腸や小腸、肝臓、すい臓、
胃など浸潤部分を一緒に切除することができますが、
食道周辺の心臓、大動脈、気管などは
切除するわけにはいきません。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール



食道がんと同時に併発しやすいがんは?

食道がんの患者さんのうち、
ほかの臓器にもがんがある、
つまり他臓器重複がんの人は、
5人に1人の割合だというデータがあります。

約18パーセントの方が、食道がん以外に、
もうひとつ、あるいは2つ以上のがんを
同時にもっています。

どの臓器にがんがあることが多いかというと、
最も多いのは、頭頸部のがんです。
多臓器重複がんの約50パーセントが、
頭頸部にがんがあります。

次が胃がんで、約25パーセントの割合です。

次いで、大腸がんと肺がんにも
注意する必要があります。

食道がんが発見されたら、
他臓器のがんの有無は調べますが、
特に、これらの部位については
注意して調べる必要があります。

頭頸部がんに関しては、耳鼻科や口腔外科で
検査することが大事です。

胃がんや大腸がんに関しては、
内視鏡検査を行ないます。

女性であれば、子宮がんや乳がんの検査も
行なうほうがよいでしょう。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんのリンパ節転移や遠隔臓器転移を調べるため検査

転移の有無を調べるには、さまざまな方法があります。

まず、リンパ節転移に関する検査です。

頸部は超音波検査を行ないます。

超音波検査は、体の外側から超音波を照射し、
その反響を映像化するものです。

胸部のリンパ節転移に関しては、
CTと内視鏡超音波検査を行ないます。

腹部のリンパ節転移に関しては、
CTと超音波検査を行ないます。

次に、遠隔臓器転移に関する検査は、
CT、MRI、超音波検査などを行ないます。
骨シンチグラムで骨転移の検査を行ないます。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がん浸潤(進行)度合いを診る超音波内視鏡検査

超音波内視鏡というのは、
外見上は内視鏡と変わらないのですが、
内視鏡の先端に超音波装置がついています。

食道のなかから超音波を発することで
食道壁の画像が得られます。

食道壁のどの部分までがんが入りこんでいるのか
見つけ出すことができます。

また、食道の外側のリンパ節への転移の有無も
調べることができます。

食道がんの診断には欠かせない検査法ですが、
がんが大きくなりすぎて
食道が狭窄を起こしている場合は、
内視鏡ががんの中心部分まで到達できないことがあり、
正確な検査ができません。

なお、粘膜下層内に収まっているがんに関しては、
CTやMRIをやっても何も見つかりません。

それぞれの検査法は、守備範囲が異なっているのです。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの進行度の検査と転移の有無の検査方法

食道がんの疑いが強まったあと、
するべきことは3つあります。

ひとつめは、がんがどのくらい進行しているか、
その進行度を診ることです。

2つめは、がんは1個だけなのか、
他の臓器のがん、たとえば胃がんや大腸がん、
肺がんなどが合併していないかどうかを調べます。

3つめは、患者さんの全身の機能を
診なければなりません。

心肺や肝臓や腎臓の機能、糖尿病など、
さまざまな機能を調べます。

これからどのような治療をすれば
患者さんのためにいちばんよいのか
決定するための参考にするわけです。

1番めの進行度に関しては、
局所における病巣の深さや広がりぐあいを
診なければなりません。

浅いがんに関しては内視鏡が有効ですので、
内視鏡検査や超音波内視鏡検査を行ないます。

食道壁を越えたような状態のがんに関しては、
CTやMRIや超音波内視鏡検査などが
有効になってきます。

CTやMRIは、コンピュータ処理することによって、
体の内部を輪切りにしたり縦切りにしたように
見ることができる検査です。

食道の周辺には気管や気管支、心臓、
大動脈など非常に重要な臓器があるわけですが、
これらの臓器にがんが転移していないかどうかを
調べる際に力を発揮します。

そのほかリンパ節転移、肺や肝臓などへの転移の
診断にも欠かせません。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんでの生検結果を100%信頼してよいか

他の部位のがんでもそうですが、
一般的には、さまざまな検査のあと、
最終的な結果を出す目的で生検を行ないます。

顕微鏡で細かく細胞を調べる生検には
高い信頼性が寄せられているのです。

ただ、生検はぜったい確実な検査であるとは
いえないときもあります。

というのは、きわめて早い時期の食道がんに関しては、
診断も難しく、病理の医師の能力格差が大きいのです。

ある程度進んだがんに関しては
格差はほとんどないのですが、
早期のがんに関しては、経験の差が現われてしまいますし、
欧米と日本では診断基準が異なるところもあります。

それほど診断が難しいということです。

早期のがんを見慣れている医師は診断がつきますが、
見慣れていない医師は、早期のがんを異型上皮とか
異形生(ディスプラジア)という診断を
下してしまうことがあります。

また、がんを見落とす可能性としては、
細胞を取ってくるときに、
当該箇所をうまく取れないこともあります。

また、粘膜面の切り方によっては、
診断するのが難しいことがあります。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの「生検」とは?

生検はがんと思われる箇所を
ゴマ粒くらい小さく摘み取って、
その組織を顕微鏡で調べる検査です。

正常細胞なのかがん細胞なのか、
がん細胞であればどのような種類のがんなのか、
調べることができます。

苦痛はほとんどありません。

すぐに終わります。

食道の粘膜は、神経がないわけではないのですが、
痛みに関しては普通の皮膚よりも鈍感です。

生検のときは引っ張られる程度の感覚はありますが、
苦痛になるような痛みはまずありません。

また、内視鏡検査のときに異常が発見された場合は、
ただちに生検で異常個所を採取して検査します。

費用に関しては、保険適用されているので、
高額にはなりません。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの内視鏡検査の所要時間と費用

内視鏡は苦しいという認識が定着しているようですが、
最近は技術も道具も進歩しているので、
内視鏡検査に慣れている医師であれば、
ほとんど苦しくありません。

嘔吐しそうになることなく終了します。

所要時間は、10分から15分です。

費用に関しても、保険適用されますので
高額にはなりません。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの内視鏡検査とは?

食道内腔を内視鏡で直接観察・検査する方法です。

わずかな異常でも発見することができます。

レントゲン検査で異常が認められない場合でも、
内視鏡検査で発見されるということはよくあります。

特に、ヨード染色法が普及した現在では、
肉眼ではなかなかわからないような
早期のがんであっても
発見できるようになりました。

まず初めに、ひととおり、食道粘膜を観察します。
次に、ヨード液を粘膜に吹きつけて洗滌し、
もう一度検査します。

正常な粘膜は黒褐色に染まりますが、
がんの部分は染まらずに白く残ります。

異常が見つかったら、その部分を小さく摘み取って、
顕微鏡でがん細胞であるか否かを検査します。

それを生検組織診断といいます。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


レントゲン検査で小さな食道がんを見つけるのは困難

かなり熟練していないとレントゲン検査で
粘膜内にとどまる早期の食道がんを
発見するのは困難です。

早期食道がんをレントゲン検査で描出して
撮影できる高い技術をもった専門医は、
なかなかいません。

しかし、「ヨード染色」すれば経験の浅い医師でも、
内視鏡で簡単に見つけることが
できるようになったわけですから、
あえてレントゲン検査で微小ながんを
見つけるという必要性は低下しています。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんのレントゲン検査と精度は?

レントゲン検査はバリウムを飲み、
それが食道を通過するところを
レントゲン撮影することで、がんの場所や
大きさを見る検査です。

内視鏡検査が普及する前は
主流となっていた検査ですが、
精度は内視鏡検査にはかないません。

前述したように、レントゲン検査は、
がんの発症部位とそうでない部分の
凹凸の影を見る検査ですが、
粘膜に発症した食道がんは凹凸がはっきりしないため、
見落とす可能性があります。

ただ、レントゲン検査は痛みがない検査で、
ある程度進行したがんに関しては、
場所や大きさ、食道内腔の狭さなど、
全体像が見られるという長所もあります。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの内視鏡検査とX線検査

食道がんが疑われた場合は、
内視鏡検査とX線(レントゲン)による
食道造影検査のふたつが大きな検査となります。

レントゲン検査は、
凹占の影を見る検査で食道がんの場合は
粘膜下層まで進まないと凹凸がわかりにくいという
特徴があるので、内視鏡検査のほうが確実です。

そのほか、がんの広がりを見るために、
CT、MRI検査、超音波内視鏡検査、
超音波検査などをすることもあります。

また、腫瘍部分ががんであるか否か、
あるいはがんの種類を特定するために、
生検組織診断という検査を行ないます。

これは異常だと思われる箇所の一部をつまみ取って、
顕微鏡で細胞を調べる検査です。

いずれにしても、がんの進行度や種類を特定する
検査・診断は、その後の治療法を選択するうえで、
非常に重要となります。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんを定期的に検査できるヨード染色法

地方自治体における定期健康診断の内容は、
各地方自治体で異なっています。

胃がん検査はどの自治体でも行なっているはずですが、
その多くは内視鏡検査ではなく、
バリウムを飲んで行なうレントゲン検査のようです。

もし内視鏡検査を行なっているようであれば、
胃がんと同時に食道がんも診てくれるはずです。

また、胃がん検診がレントゲン検査であっても、
食道も一緒に診てもらいましょう。

人間ドックはもちろん、
胃がんの集団検診を実施する際に、
胃と同時に食道も診ることが
今では一般的になっています。

粘膜下層がんに関しては、
レントゲン検査で発見できますので、
胃と食道はワンセットと考えて
検査することが賢い方法です。

また、内視鏡検査をする場合は、
前述したようにヨード染色法をすれば
確実に発見できます。

ヨード染色法は今は多くの病院で実施しているはずです。

特に、喫煙や飲酒の習慣のある人は、
ヨード染色法をおすすめします。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


早期に発見した食道がんは完治できるか?

がんを治せるかどうかは、
がんの種類と進行状態によります。

症状が出てから検査した場合の多くは、
かなり進んだ状態であることには間違いありません。

一方、毎年きちんと定期検診を受けていれば、
早期で発見される可能性は高くなります。

早期発見であれば、完治率は高くなりますから、
そういう意味において、
定期検査で発見された場合は、
完治率が高いということはいえます。

ただし、がんは進行度の他にも
がんの種類を診なければなりません。

同じがんといっても、たちの悪いがんもあれば
そうでないがんもあります。

大きく分けると、分化系のがんは予後がよく、
未分化系のがんは予後が悪いのです。

未分化系のがんというのは、
細胞として未成熟ながんのことで、
早期であっても細胞がばらけてしまって
全身に飛んでしまう可能性が高くなります。

ということは、再発・転移の可能性が
高くなるということです。

しかし、基本的には、発見が早ければ早いほど
完治率が高くなります。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの検査に適しているのは内視鏡検査

食道がんを早期に発見するには
レントゲン検査よりも内視鏡検査が適しています。

レントゲン撮影というのは、
がんとそうでない部分の凹凸の影を見つける検査です。

胃がんは凹凸が出やすいのですが、
食道がんはあまり凹凸がはっきりしていません。

もし凹凸がはっきりと出るようならば、
それは粘膜下層まで進んだがんである可能性が
高くなります。

ですから、早期発見としてはレントゲン撮影は
あまり有力な方法とはいえません。

やはり内視鏡検査がいちばんです。

さらに確実な検査は、ルゴール染色法、
一般にヨード染色といわれている検査法です。

食道粘膜にはグリコーゲンが多く含まれており、
ヨードを吹きかけると、
ヨード・グリコーゲン反応で黒褐色に染まるのです。

一方、がんの部分はグリコーゲンが少ないので、
染色されることなく、白っぽい状態のままで残ります。

この差異のおかげで、がんの発見を
容易にすることができます。

ヨード染色をすれば、普通の内視鏡検査では
なかなかわからないようながんも、
あるいは熟練していない医師であっても、
簡単に発見することができます。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんを早期発見するための検査とは?

定期検診を受けることが大切です。

会社や地方自治体で実施している定期検査は
受けるようにしましょう。

そうした検査がない場合は、
自ら積極的に人間ドックに入って検査を受けましょう。

初期の段階で発見できるのは、
なんといっても定期検診で発見されるケースです。

自覚症状が出てから病院に行った場合は、
初期のがんである可能性はかなり低いのです。

初期段階で発見するには、
やはり定期検査にかぎります。

検査のなかでも内視鏡検査を定期的に受ければ、
高い確率で早期発見が可能となります。

地方自治体で実施している定期検診は
40歳から始まることが多いですから、
40歳になったら「がん年齢」が始まったと自覚して、
毎年受けるようにしましょう。

1年に1回が目安です。

毎年同じ時期に決めて受けると、
受け忘れがなくなります。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの自覚症状が治ってきたら、
がんも縮小している?

症状が治まったからといって、
がんではなかったと安心するのは危険です。

例えば、食道がんの初期で感じられる
「しみる」感じというのは、
さらに進行すると感じなくなってしまうことがあります。

しかし、これは決してがんが消失したのではありません。

むしろ逆なのですから、少しでも異常を感じたら、
検査をするべきです。

この段階で検査をして治療をすることができれば、
しっかり治すこともできますので
億劫がらずに病院へ行きましょう。

早期であれば手術することなく
内視鏡でも対処することができます。

また「つかえ感」に関しても、
よく噛んでゆっくり食べたり、
やわらかいものを食べたときは、
あまり感じませんから、油断しがちです。

すこしでもおかしいと感じたら、
検査を受けるようにしましょう。

いずれにしても、がんは進行するものですから、
ひとつの症状が終わったとしても、
何かしら別の症状が出てきます。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


喉の痛みや違和感と食道かんの関連性は?

喉の痛みや違和感は、
逆流性食道炎でも見られます。

ひどい場合は、喉に胃液が戻ってきて
喉がひりひりと痛むことがあります。

ただ、食道がんでも、喉の痛みや違和感を
感じることがあるので、注意が必要です。

特に喉がつかえるような感じになる場合は、
気をつけましょう。

喉の痛みや違和感を感じた場合は、
通常は耳鼻咽喉科で診てもらうことになりますが、
そこで異常がなかったら、
食道のほうも検査しましょう。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの自覚症状が出た後に
検査しても治療は間に合うのか?

酢の物やお酒や熱いものの一口めが
「しみる」ような症状は、
がんの初期段階で見られることもあります。

こうした症状があれば、すぐに検査してもらいましょう。

初期段階であれば十分に完治することは可能ですから、
恐れることなく、躊躇することなく、
病院に行くことが大事です。

また、症状があっても、リンパ節転移が少なく
他の臓器に転移がなければ完治が望めるので、
早く検査してもらうことが大事です。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんは自覚症状だけで進行を判定できない

がんの大きさや浸潤ぐあいで
自覚症状は異なりますので、
ある程度の推測はつきます。

体重減少が起きてくれば初期ではありませんし、
物を飲みこむときに"つかえ感"が出てきた場合は
狭窄が起きているわけですから、
これも初期である可能性はきわめて低いといえます。

また、同じに"つかえ感"といっても、
食べたものをもどす場合と、
そうした症状がない場合とでは、
これまたがんの大きさは異なるでしょう。

ただし、本当の進行度は、
実際に検査をしてみないとわかりません。

症状は軽かったけれども
かなり進行していたということはあります。

X線造影検査や内視鏡検査、
細胞をとって顕微鏡で調べる生検などで、
がんの種類や進行度を正確に調べることになります。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


胸の痛み、咳きこみ、
声のかすれがあったら食道の検査を

がんが食道の壁を破り外に浸潤し、肺や背骨、
大動脈を圧迫するようになると、
背中や胸の奥に痛みを感じるようになります。

気管や気管支、肺に及ぶと、
むせるような咳をすることが多くなります。

特に食べ物を飲みこむときに、
こうした症状が出ます。

また、食道の脇にある声を調節する神経
(反回神経)が侵されると、
声がかすれるようになります。

声がかすれたりすると普通は耳鼻咽喉科を受診しますが、
食道がんの場合でこうした症状が
出ることがあることを知っておく必要があります。

耳鼻咽喉科で異常がないと判断された場合でも、
声帯の調子がおかしい場合には、
食道の検査も受けましょう。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


進行した食道がんの自覚症状

がんが大きくなると、食道の内側が狭くなり、
食べ物が「つかえる」感じが出てきます。

特に硬い肉など飲みこみにくい食べ物を食べたとき、
あるいはよくかまずに食べたときに、
こうした感じが生じることも多いようです。

ただ、こうした状態になっても、
やわらかいものは通常どおり食べられますし、
食事のときに水や汁物を多くとるようになりますが、
なんとか食事ができますので、
そのまま放っておくことが少なくありません。

さらにがんが大きくなると、
食道がもっと細くなり、食べ物はもちろん、
水も通らなくなり、もどすようになります。

食べものがつかえるようになると、
必然的に食事量が減少しますので、
体重も減少します。

進行したがんに体重減少はよく見られる現象ですが、
食道がんにおいてはこうした現象が加わることで、
さらに進みます。

3カ月で体重が5~6キログラム減少するようなことが
あったら注意が必要です。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


早期の食道がんの自覚症状は?

そもそもがんというものは、
痛くも痒くもありません。

がんそのものが痛みを生み出すのではなく、
がんの塊が神経を圧迫したり、
臓器を侵食することによって、
痛みや不具合が生じてきます。

ですから、食道がんの自覚症状というのは、
初期においてはほとんどありません。

健康診断や人間ドックに入って、
内視鏡検査などで発見される食道がんは
全体の20パーセント程度あるのですが、
これらはほとんど無症状です。

ただ、食べ物を飲みこんだときに
「しみる」感じがする場合があります。

病巣が浅くても広く粘膜がただれたように
なっていることがあり、こういう場合は、
酢の物やお酒の一口めとか熱いものの一口めが
しみるような感じがするときがあります。

あるいは胸の奥がちくちくと痛むような
感じがすることもあります。

日常生活で支障をきたすものではありませんし、
がんがその後少し大きくなると、
こうした感覚は消失しますので、
気にしなくなってしまい、
そのまま放っておく場合が少なくありません。

ですので、こうした症状があったら、
軽視することなく、すぐに病院で
検査を受けることをおすすめします。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道の働きと構造について

食道は、喉と胃をつなぐ管状の臓器です。

消化機能はありませんが、
食べ物を喉から胃に送る働きをしています。

食道に入ってきた食物は
食道の壁が動いて(蠕動)胃へ送りこまれる
仕組みになっています。

下部食道括約筋帯は、食道を支配する神経と
食道の筋肉の関連で開いたり閉じたりします。

通常は、胃からの逆流を防ぐために閉じています。

食道の長さは、約25cm、太さは2~3cm、厚さは4mmほどです。

食堂の壁は、内側から外側に向かって順番に、
粘膜、粘膜筋板、粘膜下層、二層の固有筋層、
外膜の6つの層に分かれています。

食道の内側は、食物が通過しやすいように
滑らかな膜でできており、粘液を分泌しています。

がんが発症する最初の場所は、
基本的にこの「粘膜」です。

粘膜は、体表を覆っている皮膚と同じ形をした
扁平上皮という組織です。

その下に薄い筋肉の層である粘膜筋板があり、
粘膜下層はその下の層、
固有筋層は、食道の動きをつかさどる
内外二層の筋肉質の層です。

いちばん外側の外膜は、
周囲臓器とのあいだを埋める組織で、
もやもやとした膜状になっているわけです。

食道がんの手術は、数あるがんの手術のなかでも
最も難しい手術といわれていますが、
それは、食道の位置に関係があります。

食道は体の中心部にあり、
食道の周囲には心臓や大動脈、気管、
肺といった重要な臓器が密集していて、
食道を切り取るということになると、
それらの臓器をかき分けるようにして
手術をしなければならないのです。

食道の上部は気管と背骨のあいだにあり、
下部は心臓や大動脈や肺に囲まれていて、
大がかりな手術になります。

食道がんの手術が大変だというのは、
こういう理由によります。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんと他の食道の病気との関係は?

最も関係が深いのは、腐食性食道炎を
過去に発症したことがある人です。

腐食性食道炎というのは、
強酸や化成ソーダなどの劇物を
飲みこんだことがある人が罹患する疾病です。

自殺目的で飲む場合がいちばん多く、
まれに酔っ払って誤飲したりする場合もあります。

腐食性食道炎を発症したことがある人は、
そうでない人と比較して1000倍ほど
食道がんの発症率が高いといわれています。

また、怖いケースとして、赤ちゃんのころに
おかしなものを飲みこむことがあります。

ハイハイしながら何でもかんでも口に入れ、
なかには飲みこむケースも多々あります。

そうしたことを繰り返していると、
やはり腐食性食道炎を引き起こして、
食道狭窄になることがあります。

ところが、食道狭窄を起こしても、
ミルクしか飲まない時代には
自覚症状がなかなか出ません。

また、離乳食を始めても細い食道で
嚥下するのに慣れてしまっていて、
これも自覚がないのです。

小学生くらいになって、ときどきご飯が詰まって
困ることになったりしますが、
これもそれほど気にかけることなく
成人してしまいます。

結果として、30年、40年経ったころに、
腐食性食道炎を引き起こした部分から
食道がんが発生してくることがときどきあります。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


人種別の食道がんの特徴

有色人種には食道がんの中でも「扁平上皮がん」が多く、
白人には「腺がん」が多いのです。

白人は、逆流性食道、つまり胃から食道に
胃液が逆流してしまう症状が多く、
胃液の強い酸によって食道の扁平上皮がはげてしまい、
そこに再生した円柱上皮から
腺がんが発生することが多いようです。

だいたい白人の食道がんの5割から6割が、
この腺がんだといわれています。

この腺がんの発生要因について
もう少し詳しく説明すると、
逆流性食道炎で扁平上皮がはがれると、
そこに酸の環境下でも強い円柱上皮が再生して
被覆して治癒します。

この円柱上皮が覆った食道をパレット食道といいますが、
この円柱上皮に腸上皮化生が起こり、
胃がんと同じような腺がんが
発生することがあるのです。

これは食生活やライフスタイルの相違から
生まれてくるばかりではなく、
人種の違いによって生まれてくる可能性を示す
データとして、たとえば、アメリカにおいて、
同じ国でありながら、白人は腺がんが多く、
黒人や南米系の人種は扁平上皮がんが多いという
事実があります。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんと食事(食生活)の関係

食生活は、がん発症と大きな因果関係をもつと考えられます。

例えば、生活習慣の異なる国によって
食道がんの発症率は異なります。

たとえば、カスピ海沿岸やチリ、中国、
そして日本は、比較的発症率が高くなっています。

カスピ海沿岸諸国で発症率が高いのは、
飲料水に問題があるのではないかと指摘されています。

その地方では、土中のコバルト含有量が多く、
それが地下水に染み出して飲料水として摂取され、
結果としてひとりあたりのコバルト摂取量が
高くなっていると考えられているのです。

中国では、古い漬物を食べる習慣があるのですが、
それがカビを含んでいて、
カビが作り出す硝酸塩を摂取する機会が
多いからだと考えられています。

ちなみに、そうした漬物のおこぼれを食べる
機会がある豚や犬や鶏まで
食道がんになると揶揄されています。

チリは、噛みタバコの習慣が影響していると考えられます。

女性もその習慣があるので、男女の差なく
高い発症率になっています。

日本は、熱いものを食べることが
関係あるのではないかと考えられています。

海外で家庭料理に呼ばれていくと、
日本のように熱い料理をふーふーいいながら
食べるということはほとんどありません。

日本では、うどんやそば、味噌汁、お茶、
とにかく、熱いもの好きです。

「冷めないうちにお召しあがりください」といわれるように、
ついさっきまで沸騰していたような
熱い食べ物を食べるのがおいしい料理の食べ方だ、
と考えているほどですから、
日本人の熱いもの好きは特別です。

また、日本のなかでいえば、
焼酎の摂取量が多い鹿児島や沖縄、
塩分と強い日本酒を好む東北地方も
比較的に食道がんの発症率が高い地域として
知られています。

ただ、近年になって、こうした地域による
「格差」はしだいになくなってきました。

特に若い世代では全国的に食生活が共通化していますから、
地域格差はあまり見られなくなってきているようです。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの原因となるアルコールについて

アルコールの種類、たとえば、
アルコール度数の高いウォッカと
度数の低いビールとを比較したときに、
その差異はどうかということについては、
現段階でははっきりしたことはいえません。

ただ、基本的には、いずれの場合でも、
たくさん飲んだほうがそうでない場合よりも
リスクが高くなることはいうまでもありません。

トータルのアルコール量が問題だと思います。

もちろん、食道のなかを強いアルコールが流れていけば、
食道粘膜の表面が障害される可能性があるので、
それがリスクを高めることは当然考えられることです。

さらに重要なことは飲酒と喫煙を
両方やる人に罹患者が多い傾向があります。

その他の要因としては、前述したように、
性ホルモンの問題もあるでしょうし、
ストレスの問題もあるでしょう。

さらに「加齢」も大きな要因です。

そもそも、がんというものは食道がんだけにかぎらず、
すべて加齢が大きな要因になっています。

年齢が進むにつれて免疫力も低下するし、
遺伝子変化をした細胞の数も増えていくわけですから、
高齢化が進むということは、
それだけで「がん発生率」が高くなる
というととになります。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの原因となるものは?

がんの発生要因を特定することは
簡単なことではありませんが、
飲酒、喫煙、ストレス、ホルモンなどが
食道がんの発生要因として挙げられます。

飲酒に関していえば、アルコール代謝率と
発がん率に因果関係があることはわかってきています。

先天的にアセトアルデヒド脱水素酵素を
たくさんもっている人とそうでない人がいて、
そうでない人のほうが罹患率が高いようです。

アルコール代謝について少々説明しましょう。

アルコールを飲むと、胃や腸から吸収されて
血液中を循環します。

そして、肝臓のアルコール脱水素酵素によって、
アセトアルデヒドという中間物質に分解されます。

このアセトアルデヒドがかなり強い有毒物質で、
吐き気、呼吸促拍などを引き起こします。

アルコールそのものよりも、
強い生体反応を引き起こすのです。

このアセトアルデヒドを分解してくれるのが、
アセトアルデヒド脱水素酵素といわれるもので、
酢酸から最終的には炭酸ガスと水にまで分解します。

このアセトアルデヒド脱水素酵素の分泌量が少ないと、
アセトアルデヒドの分解がなかなか進まず、
血液中にいつまでも残り、
悪酔いを引き起こしてしまいます。

アセトアルデヒドが引き起こす症状が、
二日酔いの症状に大変似ているため、
アセトアルデヒドが二日酔いの有力な
犯人のひとつと考えられています。

アルコールを代謝する際に、重要な役割を担う
このアセトアルデヒド脱水素酵素を
先天的に十分にもっていない人つまり、
俗にいう「酒が弱い」人ほど、
飲酒によって食道がんの発生率を高める
可能性が指摘されています。

とくに、以前は酒を飲むとすぐ赤くなったのに、
だんだん訓練しているうちに
酒が強くなったという人が危険です。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


なぜ男性が食道がんにかかりやすいのか

食道がんは、圧倒的に男性に多いです。
女性の約5、6倍です。

その理由については、さまざまなことが考えられますが、
食道がんのリスクファクター(危険因子)である
喫煙や飲酒の習慣がある人が、
男性側に多いということが挙げられるかと思います。

飲酒や喫煙との因果関係についていえば、
興味深い事実があります。

それは、男性と女性を比較すると
たしかに男性側に多いのですが、
女性であっても喫煙や飲酒環境にある職業、
たとえば飲食業の方に食道がんの発生率が高い
傾向性が見受けられます。

また、男性には
ストレスも関係しているかもしれません。

さらに、男性ホルモンもある程度
影響している可能性はあります。

男性と女性の食道がんの種類の違いは
ほとんどありませんが、強いていえば、
女性は比較的、頸部食道がん
(上部の食道に発生するがん)が多いといえます。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんには何歳くらいでなりやすい?

食道がんの最も多い発症年齢は、
60歳代と50歳代、70歳代です。

60歳代後半から70歳代にかけてピークを迎えます。

胃がんは50歳代前後、乳がんにいたっては30歳代、
40歳代にかけてピークになることを考えると、
食道がんはかなり年齢層が高いといえるでしょう。

現代は高齢化が進んでいますし、
今後ますます進むことを考えると、
これから食道がんは少しずつ増えていくことが
予想されます。

ちなみに、胃がんはしだいに減少傾向に、
大腸がんは増加傾向にあります。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンの手術方法とは?

食道ガンの手術は、
Ⅰ期からⅢ期までのガンに対して行われます。

ガンと共に食道やリンパ節を取り除き、
根治を目指す治療です。

現在では第一選択ですが、体力的に負担の大きい手術です。


■現在もっとも一般的な治療法

食道ガンの手術は、ガンが広がっている食道をとり除いてから、
新たな食べ物の通り道を再建するという、
二段構えの手術です。

手術は首と胸、腹の3ヶ所を切り開く場合もあり、
6~8時間と長時間に及びます。

体力的に負担が大きいことから、最近は、
抗ガン剤治療と放射線治療の併用療法を行う例も
増えています。

手術と比べて、どちらが治療成績がよいか、
まだ報告はありません。

現時点では、手術のほうが
一般的な治療といえるでしょう。

・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンのステージ分類と、ステージごとの治療方法

・0期

おもな治療法:内視鏡的粘膜切除術
考え方:ガンが粘膜にとどまっていて転移がない状態なので、
    内視鏡の粘膜切除でも十分にガンをとりきれる。
    食道も残せる。

・Ⅰ期

おもな治療法:外科手術あるいは放射線化学療法
考え方:ガンが粘膜にとどまり転移が近くのリンパ節だけか、
    粘膜下層にとどまり転移がない状態なので、
    手術でガンをとる。
    小さなガンほどよく効く
    放射線化学療法も効果を上げている。

・Ⅱ期

おもな治療法:外科手術あるいは放射線化学療法
考え方:ガンが食道の壁をわずかに出ているか、
    近くのリンパ節に転移している状態なので、
    手術でガンをとる。
    放射線化学療法でも治癒が得られる。

・Ⅲ期

おもな治療法:外科手術あるいは放射線化学療法
考え方:ガンが食道の外に出ているか、
    少し離れたリンパ節にも転移しているが、
    他の臓器や胸膜、腹膜に転移がない状態なので、
    手術でガンをとる。
    放射線化学療法でも治せる。
    手術と(放射線)化学療法を
    組み合わせることもある。

・Ⅳ期

おもな治療法:放射線化学療法、放射線療法、化学療法など
考え方:ガンが他の臓器に広がっている状態なので、
    手術ではガンをとりきることができない。
    放射線化学療法や、放射線療法、
    化学療法などでガンの縮小を目指す。

・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンの治療法の種類、方法

食道ガンの治療法は、ガンの病期を目安にしながら、
本人の年齢や体力、希望を考慮して決められます。

それぞれの利点や危険性をよく理解し、
納得したうえで選択することが大切です。


■ガンを改善することを狙った治療

・外科手術
・内視鏡で切除
・化学療法
・放射線療法

おもに4つの方法があります。
組み合わせて行うことも可能です。


■QOLを高める治療

・ステント
・レーザー治療
・バイパス術

病期によらず、症状の緩和やQOL(生活の質)を
高めるための治療法です。


※食道ガン治療の特徴

・抗ガン剤がよく効く
・いくつかを組み合わせる
・飲み薬による治療はほとんどない
・外科手術が一般的だが負担が大きい


・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンと似た症状が出る病気として
「食道潰瘍」について解説します。


食道潰瘍

食道潰瘍は、食生活の変化や診断技術が進歩したことから、
発見される数が多くなってきました。

多くは、胃の消化液が逆流することによって起こる
消化性食道潰瘍です。

魚の骨や異物を飲み込んでできた傷や、
細菌や農薬などの薬品による刺激が原因で
起こるものもあります。

消化性食道潰瘍の治療は、逆流性食道炎とほぼ同じです。


・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンと似た症状が出る病気として
「食道良性腫瘍」について解説します。


■食道良性腫瘍

悪性腫瘍(ガン)と違い、成長はゆっくりで、
放っておいても命の危険はありません。

大きくなると、食べ物の通過障害が起こり、
吐き気や嘔吐があるので切除します。
2~3センチメートルくらいまでは、

内視鏡による切除が可能です。

それより大きくなったり、腫瘍がたくさんある場合などは、
手術になります。


・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンと似た症状が出る病気として
「食道憩室」について解説します。


■食道憩室

食道の片側の壁がポケットのように
とび出している状態をいいます。

憩室が大きくなると食べ物が飲み込めなくなり、
誤嚥性肺炎などによるせきや発熱が起こります。

食道ガンになることはありませんが、
まれに食道ガンを合併していることもあります。

通常はとくに治療はしませんが、
症状が強い場合は、手術や食事療法をおこないます。


・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンと似た症状が出る病気として
「ヒステリーボール」について解説します。

■ヒステリーボール

食道がなんらかの理由で閉塞しているわけでもないのに、
のどになにかつかえているような感じがしたり、
のどに塊があるような感覚を訴える症状を
ヒステリーボールといいます。

原因は、食道の異常収縮という説がありますが、
はっきりしたことは不明です。

50歳以下の女性に多く、ストレスや不安などをもつ人に
多いとされています。


・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンと似た症状が出る病気として
「食道裂孔ヘルニア」について解説します。

■食道裂孔ヘルニア

食道が貫通する横隔膜の孔(食道裂孔)が異常に大きいために、
食道と胃のつなぎ目や胃が、横隔膜の上のほうに飛び出て、
膨らんでしまう状態をいいます。

原因の多くは、加齢によって弱くなった食道裂孔に
肥満や便秘など腹圧がかかること。

50歳代から多くなり、2対1で女性のほうに多くみられます。

症状は、最初は無症状のことが多く、
しだいに胸やけや胃の膨満感、
食べ物が飲み込みにくいなどの逆流性食道炎のような
症状が起こります。

診断は難しくなく、X線造影検査ですぐにわかります。


・薬物療法と生活指導が主

治療は、食事のとり方や姿勢を中心とした
生活指導とともに、薬物療法をおこないます。

薬は、胃酸を中和する制酸剤、H2受容体括抗剤、
粘膜保護剤などです。

脱出の程度がひどく、逆流性食道炎がつづき、
潰瘍ができたり、内腔が狭くなった場合は、
手術になります。

・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンとバレット食道


通常、食道の粘膜は扁平上皮でできていますが、
食道下部の粘膜が胃の噴門部の粘膜と同じ
円柱上皮に置き換わってしまう状態を
バレット食道といいます。

慢性の食道炎から起こるとされ、
とくに食道裂孔ヘルニアや逆流性食道炎のある
高齢者に多くみられます。

バレット食道になると、扁平上皮と円柱上皮の境目が
極端に狭くなったり、潰瘍になります。

もっとも怖いのは、食道腺ガンの発生率が
10%近くあることです。


・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンと逆流性食道炎

逆流性食道炎は、胃や十二指腸の強い酸性の消化液が
逆流することによって、食道の粘膜を荒らす病気です。

通常は、食道には食べ物の逆流を防止するしくみがありますが、
腹圧がかかりすぎたり、食道の下部の筋の締まりが
悪くなることによって、逆流が起こります。

なぜか高齢者や女性に多くみられ、
食道裂孔ヘルニアのある人や腹部を手術した人、
嘔吐をくり返している人などもなりやすい病気です。

放っておくとバレット食道の原因になり、
さらには食道腺ガンにかかるリスクが高くなります。


・薬物療法と生活指導

治療は、胃炎や胃潰瘍などの治療と同じように、
H2受容体拮抗剤や粘膜保護剤などを用いたり、
食道の下部の括約筋の圧を上昇させる薬剤を使って治療します。

また、腹圧を高くしないために、肥満や便秘を解消するなどの
生活指導も併せておこないます。


・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンの原因にもなる病気

食道の病気には、腺ガンの原因になるなど
食道ガンと関係の深い病気もあります。

これらの病気を治すこと、長引かせないことは、
食道ガンの予防にもつながります。


■アカラシア

・食べたものが飲み込めなくなる

食道アカラシアとは、食道の下の括約筋が緩まなくなり、
食べ物の通過障害や、食道の異常な拡張をきたす病気です。

原因は不明で、食道を緩めたり、食べ物を送るときの
ぜん動運動を司る脳神経の障害と考えられています。

アカラシア自体は、良性疾患ですが、
食べ物が長時間、食道内にとどまった状態が何年も続くと、
食道腺ガンの原因になると考えられています。

とくに発症後20年以上経っている人は要注意です。


・薬物療法か手術療法を

治療は、括約筋の圧力を弱くするカルシウム拮抗剤や
硝酸化合物などの薬を用います。

また、食道内にバルーンを入れて膨らませ、
食道の括約筋の一部を破壊する拡張術も行われます。

症状が重く10年以上も続く場合は、噴門部の筋肉を切開し、
狭くなった食道の部分を広げる外科手術を
行うことがあります。


・主な症状

ものがつかえたような胸の痛みが続く。
ものを飲み込めない。
とくに冷たい水が飲めない。

・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンの病気(ステージ)分類

・0期

ガンの深さ:上皮内
リンパ節への転移:転移なし
周辺臓器への転移:転移なし


・Ⅰ期

ガンの深さ:粘膜固有層または粘膜下層まで
リンパ節への転移:転移なし
周辺臓器への転移:転移なし


・Ⅱ期

ガンの深さ:固有筋層あるいは外膜まで
リンパ節への転移:転移なし
周辺臓器への転移:転移なし

ガンの深さ:粘膜固有層または粘膜下層または固有筋層まで
リンパ節への転移:転移なし
周辺臓器への転移:転移なし


・Ⅲ期

ガンの深さ:外膜まで
リンパ節への転移:転移あり
周辺臓器への転移:転移なし

ガンの深さ:周囲組織まで
リンパ節への転移:リンパ節への転移に関係なし
周辺臓器への転移:転移なし


・Ⅳ期

ガンの深さ:ガンの深さ、リンパ節への転移に関係なし
リンパ節への転移:ガンの深さ、リンパ節への転移に関係なし
周辺臓器への転移:転移あり

・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンのTNM分類

いくつかの検査を行い、ガンのタイプや進行度がわかったら、
病期(ステージともいう)を確定します。
そのうえで、治療法を選択していくのです。

■病期はかならず把握しておきたい

ガンの治療にとって、病期を正確に知っておくことは
絶対的な条件です。

Ⅰ期のガンとⅢ期のガンでは治りやすさが違い、
選択する治療法も異なるからです。

食道ガンの病期は、ガンの深さ、リンパ節転移の程度、
遠くの臓器への転移の有無という3つの点から
決められています。

これは、「食道癌取扱い規約」によって決められたもので、
国際的な病期分類と共通しています。

病期は、0期からⅣ期までの5段階に分けられます。
Ⅱ期とⅢ期はそれぞれ2つに分けられます。

T:ガンの深さ
N:周辺臓器への転移
M:リンパ節への転移


■全周性とは

ガンは進行すると、基本的に、深さも面積も
広がっていきます。

食道のような管状の場所では、ガンが内壁をぐるりと
取り囲んでしまうことがあります。

これを全周性のガンといいます。

全周性のガンは、もともとひとつのガンが
大きくなったとは限りません。

複数のガンが広がり、やがてひとつの大きなガンに
なることもあります。


■外見上からの分類

食道ガンの分類方法にはいくつかありますが、
ガンの外見から進行度を分類する方法もあります。

ガンが粘膜下層にとどまっている表在型には、
Ⅰ型の表在隆起型、ⅡE型の表在平担型、
Ⅲ型の表在陥凹型の3つがあります。

このうち多いのは、Ⅱ型の表在平担型です。
ガンが粘膜下層より深く達している進行型には、
隆起型、潰瘍限局型、潰瘍浸潤型、びまん漫潤型、
その他、の5つの型があります。

ガンのみた目は紛らわしく、みる人の主観に頼る面がありますが、
ある程度ガンの進行度を知ることができます。

・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンの扁平上皮ガンと腺ガン

「早期ガン」とは、ガンが粘膜下層にとどまっている
「表在ガン」のうち、リンパ節転移のないものをいいます。

ガンが粘膜下層より深く達してしまうと
「進行ガン」となります。

食道ガンは、食道の壁の浅いところ(粘膜)に発生します。

そのうち、粘膜を形成する扁平上皮から発生するガンを
「扁平上皮ガン」といいます。

一方、粘膜の層の内部の腺組織から発生するガンを
「腺ガン」といいます。


・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンの「深さ」による深達度分類

大半の食道ガンは、食道の内壁の1番浅いところに発生し、
進行と共に深くなっていきます。

ガンが食道壁のどこまで達しているかというガンの深さは、
進行度を分類するときの重要なポイントです。


■ガンの深達度分類

ガンの分類法はいくつかありますが、
まずガンがどのくらいの深さまで達したかをみます。

<早期ガン>

・ガンがまだ粘膜のごく浅いところにある

・粘膜下組織にまで至っている。
 この段階ですでに、リンパ節や他の臓器に
 転移していることもある

<進行ガン>

・固有筋層にまで達したガン。
 食道内にとどまってはいるが、転移していることが多くなる

・食道の外にまで広がったガン。
 他へ転移している。
 食道の内腔全部がガンに侵されてしまうこともある


・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンのリンパ節転移の最新検査方法

リンパ節転移を調べる新しい検査として、
超音波内視鏡下穿刺吸引組織診(EUS-FNAB)が
注目されています。

内視鏡の先端から発信する超音波で
ガンの場所を確認しながら、ガンが及んでいる
リンパ節に針を刺し、組織を採取するという方法です。

従来の超音波内視鏡検査では、ガンの深度や形態などから、
リンパ節転移の確率を推測していましたが、
新しい方法では組織を直接調べるので、
より正確に診断できるというメリットがあります。

ただし、この検査ができる医療施設はまだ少数。

また、心臓の拍動の影響を受けながら、
正確に安全に針を刺すには技術が必要です。

・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンの性質や転移を調べる検査

食道ガンを発見したあとは、そのガンが
どの程度まで深く進んでいるか、転移はあるか、
悪性度はどうかなどを、詳しく調べる必要があります。

最適な治療を決定するために、重要な検査です。


■ガンの深さをみる超音波検査

粘膜にできたガンが、どの程度の深さまで広がっているかは、
ガンの表面だけをみてもわかりません。

超音波内視鏡検査では、内視鏡の先端から超音波を発信し、
超音波の反射の状態から、ガンの深さを知ることができます。

また、ガンが食道の壁を超えて、
まわりのリンパ節や臓器にどの程度広がっているかを
調べるには、CTやMRI検査をおこないます。


■ガンの悪性度がわかるPET

最近は、ガンの全身への転移を調べる検査として、
PET検査が行われるようになりました。

従来は、食道から転移しやすい肺や気管支、
肝臓、骨などを重点的に検査し、
転移があるか調べていました。

PETでは、一度に全身を検査できるのがメリットです。

また、CTやMRIではガンの形態をとらえるのに対して、
PETではガンの活性度(感性度)を知ることができます。


・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンの有無を調べる検査、
X線造影検査と内視鏡検査

食道ガンの有無を調べる検査には、
X線造影検査と内視鏡検査があります。

比較的小さなガンでも発見できるので、
最初から内視鏡検査を行うことが多くなってきました。


■内視鏡でほぼ診断できる

X線造影検査は、比較的受けやすい検査ですが、
造影剤(バリウム)が食道を流れ落ちる瞬間に
撮影しなければならず、もれなく発見するには
問題がありました。

これに対して、内視鏡検査のメリットは、
比較的小さいガンでも、ほぼ確実に発見できること。

食道炎や損傷などがあり、ガンと紛らわしいときには、
ルゴール液を食道内壁にふき付ける
「ルゴール染色法」をおこないます。

正常な組織はルゴール液に染まり、ガンの組織は
染まらないという違いを利用したガン発見法です。

ガンの疑いがある場合は、その組織を採取して、
顕微鏡で組織検査をすれば、診断は確定します。


※生検を受ける場合、出血しやすい病気の人や
 ワーファリン、アスピリンなどを服用している人は
 事前に医師に伝えましょう。

 生検したところから出血することがあります。


・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


ピロリ菌と食道ガンの関係

食道ガンには、大きく分けて扁平上皮ガンと
腺ガンがあります。

世界的にみると、食道ガン全体の患者数はほぼ横ばい。

しかし、扁平上皮ガンは減少しているのに、
腺ガンは年々増えています。

なぜ、腺ガンは増加しているのでしょうか。

その原因として、ピロリ菌の感染率の低下が
関わっているという仮説が浮上しています。


■ピロリ菌の除去をする人が増えている

ピロリ菌は、胃の粘膜に感染し、
胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を起こすことで
知られています。

さらには胃ガンとの関与も推測されるなど、
"悪者"のイメージがあります。

ピロリ菌の除去は胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療として、
保険適用されています。


■除菌が起こす病気が腺ガンの原因?

ところが、ピロリ菌を除去すると、
胃食道逆流症になる人がいます。

胃食道逆流症は、腺ガンを起こすことが知られています。

このことから、腺ガンが増加しているのは、
背景にピロリ菌の除去が関係しているのではないかと
考えられています。

胃や十二指腸にとっては"悪者"だったピロリ菌も、
食道にとっては"味方"といえそうです。

・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンを発見した患者さんの体験談 その2

食道ガンの症状は、人によって微妙に異なり、
その受け止め方もまちまちです。

早期では、その症状すらほとんどありません。
どのようにして異変に気づいたのか、
実際の体験談をいくつか紹介します。


■40年間、酒を飲みつづけている(60歳代男性)

40年前から1日も欠かすことなく2~3合の酒を飲んでいます。

これまで、酒で体を壊したことはありませんでした。

ところが、半年前から食事をすると
飲み込みにくさを感じるようになり、
おかしいと思いはじめました。

体重は、少しだけ減少しました。

胸やけや胸の痛みはありません。

そのうち、固形物を食べるとのどに
ひっかかるようになりました。

検査をすると、食道ガンがこぶ状になって、
食べ物の通りを塞いでいることがわかりました。


■食事を吐くようになって(50歳代後半の男性)

3ヵ月ほど前から、肉や野菜の固いものを食べると、
飲み込みにくくなりました。

しだいにひどくなり、よく噛んでゆっくり食べても、
やわらかいうどんでも、飲み込めないようになりました。

そして、無理に食べようとすると嘔吐するようになったのです。
検査をすると、食道ガンが食道の内側を
ほぼ塞いでいることがわかりました。

あとになって思えば、2年ほど前から、
食事のときにときどき胸が痛み、
つまるような感じがありました。

そのときは特別に気にしていませんでしたが。


■検査で偶然みつかった(40歳代男性)

胃のX線検査で、「食道にちょっと影がある」といわれ、
消化器内科で検査をするようにすすめられました。

内視鏡検査をして、組織をとり、
病理検査をすると、食道ガンであることがわかりました。

これまで、胸が痛いとか、食べ物がつまるなどの
自覚症状はまったくありません。

ふつうに食欲もあり、元気だったので、
非常に驚いています。

その後のくわしい検査で、どこにも転移のない
早期ガンであることがわかり、医師からは
「幸運な発見だった」といわれました。

・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンを発見した患者さんの体験談 その1

食道ガンの症状は、人によって微妙に異なり、
その受け止め方もまちまちです。

早期では、その症状すらほとんどありません。
どのようにして異変に気づいたのか、
実際の体験談をいくつか紹介します。


■2週間ほど前から胸に違和感があった(40歳代女性)

発見のきっかけとなったのは、胸に違和感を
覚えたことでした。

症状は、2週間ほど前からはじまり、
食後に胸のあたりが不快になったのです。

とくに固形物を食べると胸の内側にひっかかるような感じがし、
すぐに受診して発見につながりました。


■体重が1ヵ月で5キロ減った(60歳代男性)

1ヵ月ほど前から食べ物が胸につかえるような感じがし、
おかゆを流し込むように食べていました

が、体重が1ヵ月で5キロも減少してしまいました。

さすがに悪い病気ではと思い、受診すると、
食道内の3力所にガンがみつかりました。


■一時は症状がなくなったのに(60歳代男性)

半年前、たくさん酒を飲んだあと、
一時的に食べ物が飲み込みにくくなりましたが、
すぐによくなりました。

しばらくなにもなかったのですが、
3ヵ月ほど前から再び食べ物が飲み込みにくくなりました。

酒をやめましたが、症状はますます強くなり、
疲れやすくなって検査を受けました。

そうすると食道ガンが見つかりました。


・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンから転移しやすい臓器

ガン細胞は、じわじわと周囲に広がるだけでなく、
リンパ液や血液の流れにのって、
全身へと広がっていきます。

リンパの流れにのったガン細胞は、
腹部や首にある遠くのリンパ節に転移。

血管に入り込むと、食道内の別のところに転移したり、
血液とともに気管、肺、肝臓、
骨などに流れていって、転移します。

また、転移ではありませんが、食道ガンがある人は、
同時に口や咽頭、喉頭にも
ガンができやすい傾向があります。

・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンの進行に伴う自覚症状

食道ガンは早い時期から転移しやすいガンです。

ガンが周囲のリンパ節や血管、臓器に広がっていくと、
嚥下(えんげ。飲み込むこと)困難や嚥下障害がだけでなく、
胸の痛みや呼吸器系の症状があらわれるようになります。


■固形物が食べられなくなる

食道ガンが大きくなり、食道の内壁を塞ぐと、
食べ物が通らなくなります。

しだいに飲み物や唾液も飲み込むことが難しくなります。

食べられなくなるので、著しく体重も減少します。

ガンが食道の壁を超えて周囲の神経に広がると、
胸や背中が痛むようになります。

また、大動脈を巻き込むと、吐血したり、
大出血を起こすこともあります。

気管や気管支、肺に広がった場合は、
せき、声のかすれ(嗄声)、呼吸困難、誤嚥性肺炎などの
症状が起こります。

ガン性胸膜炎を起こした場合は胸水がたまります。


■進行した時の症状

ガンが大きくなると胸だけでなく、
背中にも痛みが起こります。

食べられなくなるための症状もあらわれます。

・食べ物がつかえて飲み込めない
・胸が痛む
・体重が減る

※さらに進行すると

咽頭部や肺など、転移したところの症状が出ます。

・声がかすれる
・せきが続く


・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンの主な初期症状と、
嚥下障害(えんげしょうがい)


■主な初期症状

ふつうなら見過ごしてしまいそうな、
のどの違和感程度が初期の症状です。

・のどがチクチクするなどの違和感
・熱い物を食べたときに胸にしみる
・大きなものが飲み込みにくい

■嚥下障害を起こすほかの病気

食べ物や飲み物が飲み込みにくくなることを
嚥下障害(えんげしょうがい)といいます。

嚥下障害を起こす食道の病気には、
食道の通り道の形が変わるために起こる器質的な障害と、
飲み込む機能がうまく働かなくなることによる
機能的な障害があります。

器質的な障害には、食道ガンのほか、
食道の粘膜が炎症を起こす食道炎や食道潰瘍、
内壁の片側がポケット状に膨らむ食道憩室があります。

一方、機能的な障害の代表は、食道アカラシアです。

これは胃の入り口にある噴門という括約筋が
うまく開かず、嚥下障害や嘔吐が起こります。

食道の粘膜が固くなる進行性全身性硬化症や、
食道けいれんも機能的障害です。

一般に、器質的障害では固形物がうまく飲み込めず、
症状は進行していきますが、機能的障害の嚥下障害は、
徐々に起こり、あまり進行せず、
冷たい飲食物をとったときにひどくなる、
という違いがあります。

・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンの症状とは?

多くのガンでは、初期症状はほとんどありません。

食道ガンもまた、これといった症状はなく、
「なんとなく飲み込みにくい」程度です。

また、健康診断で偶然に発見される例も増えてきました。


■ほとんど症状はあらわれない

食道ガンが小さいうちは、ほとんど症状はありません。

最初にあらわれるのは、のどの違和感です。

熱いものや、ミカンなどの酸味の強いものを食べると
しみたり、胸の奥がチクチク痛んだりします。

ガンが大きくなって食道の内部を圧迫すると、
のどがつまったような感じがし、
食べ物の飲み込みにくさを感じはじめます。

食事の量が減るので、栄養不足になり、
体重の減少がみられます。


■内視鏡の検査で発見されることも

とくにこれといった症状がなくても、
人間ドックで発見されることがあります。

また、胃潰瘍や十二指腸潰瘍がある人が、
胃の内視鏡検査を受け、偶然に食道ガンが
みつかる例も珍しくありません。

早期発見するには、症状に頼るよりも、
まずは検査です。


■食べ物を送る運動

食べ物が胃まで届くのは、
重力で落下するわけではありません。

食道のぜん動運動によって、運ばれるのです。

ぜん動運動とは、食道の内壁にある輪状筋と縦走筋が
収縮したり緩んだりしながら、
波のような動きをする運動です。

固形物ならば、30~60秒程度で胃まで運ぶことができます。


・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道の構造

食道は、胃、十二指腸、小腸、大腸などの
消化器官の入り口に当たります。

役割は、口から入った食べ物を胃に送ること。

わずか25cm程度の道のりですが、
さまざまな臓器の間を走り抜けています。


■三部構造

食道は、咽頭の下から胃まで続く1本の管です。

食道入り口から胸骨の上までは「頚部食道」、
胸骨の上から首の入り口である噴門までは
「胸部食道」と「横隔膜から下(腹部)」があり、
全体で三部構造になっています。


■多くの臓器と隣接

食道の上部は、気管に寄り添うように下降し、
気管が左右に分岐したあたりでは心臓の近くを通り、
横隔膜を通って胃に達します。

周辺には重要な大動脈や神経が走っています。


■胸部下部横断面

胸の下あたりで身体を輪切りにすると、
食道はほぼ身体の中央に位置します。

左右は大きな両肺に挟まれ、左前方には心臓があります。
すぐ近くには大動脈があり、迷走神経などが
ひしめいています。


■正面から

食道は、のど(咽頭)の下からはじまり、
気管支の後ろ側を通って下り、食道裂孔から
横隔膜を通り抜けて、胃に達しています。

長さは、成人男性で約20~25cm 。

女性の場合はこれより短めです。

太さは約2~3cmで、食べ物が通過するときには
丸く広がりますが、ふだんは楕円形の管の形をしています。

内壁の厚さは約4mmです。


・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンになりやすい年齢と死亡者数の増減

■50歳以上で徐々に増える

食道ガンになる人の平均年齢は約64歳です。

患者数は40歳代からそろそろ目立ちはじめ、
50歳代からしだいに多くなり、60歳でピークを迎えます。

患者さんの9割以上が50歳以上で、
3割以上が70歳以上の高齢者です。


■ガンのなかでは10番目の発生率

日本では、食道ガンはガン全体のなかで、
10番目という発生率を示しています。

胃ガンに比べると10分の1程度の発生率で、
それほど多いガンとはいえませんが、

しかし、年間約1万人が食道ガンで亡くなっています。
2003年の食道ガンの死亡率は、人口10万人に対し8.8人です。


■食道ガンそのものはゆっくり増加

1970年からの食道ガンによる死亡者数をみると、
年々増えているようです。

しかし、これは人口じたいが増えているためです。

食道ガンにかかる人の率は、実はほとんど増減がありません。

男性ではやや横ばい、女性ではやや減っている傾向にあります。
2015年に向けては、男性はゆっくりと増えていき、
女性では減少すると推計されています。

・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンの患者は、
中高年の男性が圧倒的に多い

日本人にとってガンといえば、胃ガン、肺ガン、
大腸ガンでしょう。

食道ガンはそれほど多いとはいえませんが、
少ないガンでもありません。

とくに中高年の男性にとっては、注意すべきガンのひとつです。


■男性に多く女性の6倍の患者数

食道ガンは、圧倒的に男性に多いガンです。

アジアの一部の地域では女性の患者さんが
多いところもありますが、世界の平均的な男女比は
6.5対1です。

日本の男女比は2003年でみると約6対1です。
圧倒的に男性に多いのが特徴です。

年齢が上がるにつれ、段階的に患者さんも多くなります。
60歳代が1番ピーク。

・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンと生活習慣の関係

食道ガンの発生には、地域差があります。

なぜこのような差が生まれるのかは不明ですが、
地域の生活習慣の違いから、食道ガンの発生には
なんらかの生活習慣が関わっていると推測されています。


■地域差の背景には生活習慣の違いが

世界中の食道ガンの発生率を比較すると、
中南米や南アフリカなどで高いというデータがあります。

アジアでは、カスピ海沿岸から中央アジア、中国東北部などが高く、
アジアの「食道ガンベルト地帯」とも呼ばれています。

こうした地域の生活習慣を比べることで、
食道ガンの新たな危険因子を探そうという研究が
おこなわれています。

ワインを「水代わり」に飲むフランスや、
強い酒を飲み、タバコを吸う習慣のある中国で
発生率が高いことから、やはり酒とタバコの関与が
浮かび上がってきます。

また、中南米の野菜や果物をあまり食べない習慣も
食道ガンの一因ではないかと推測されています。


■ストレスは間接影響

ストレスと食道ガンは、直接には関係がないとされています。

ただし、食道は、胃や腸と同じように
ストレスの影響を受けやすいところ。

心配事があると「食べ物がのどを通らなくなる」
「胸が痛む」といいますが、ストレスは本当に嚥下障害や、
狭心症のような胸の痛みを起こし、
食道アカラシアや胃食道逆流症などの病気の原因となります。

食道ガンは、これらの病気と関係が深いので、
ストレスの間接的な影響を受けていると
いえるかもしれません。


・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


お酒が弱い人ほど、食道ガンのリスクが高まる

■「本当は弱い」が1番危険

酒に弱い人とは、アセトアルデヒド脱水素酵素が
うまくはたらかない遺伝子を持っている人です。

アセトアルデヒドは食道ガンの危険因子


日本人の4割はこのタイプといわれています。

弱くて飲まない人はよいのですが、
本当は弱いのに飲んでいる人は、食道ガンの危険性が
もっとも高くなります。


■もっとも危険なタイプ

「弱くて飲めないタイプ」

「弱くても飲めるようになったタイプ」

「もともと飲めるタイプ」のなかでは、

「弱くても飲めるようになったタイプ」がもっとも危険です。


若い頃は酒が飲めなかった

↓(慣れ)

長年の飲酒経験でアルコールに対して抵抗力がついた

※アルコール分解酵素のはたらきが
 高まったわけではない!

※注意
 いくら酒を飲んでも平気という人は、
 アセトアルデヒド脱水素酵素のはたらきがよい人です。

 しかし、大量に飲めば結果は同じ。
 食道ガンの危険性だけでなく、肝臓病やアルコール依存症など、
 ほかの病気も心配になります。

・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


なぜ、アルコールとタバコが食道ガンの原因になるのか

■アルコールは量も度数も問題

酒が肝臓で分解される際、アルコールはいったん
アセトアルデヒドという物質に分解されます。

アセトアルデヒドは、頭痛や吐き気など"悪酔い"の症状を
起こすだけでなく、食道ガンの危険因子と考えられています。

アセトアルデヒドは、間もなくアセトアルデヒド脱水素酵素によって
無害な物質に分解されますが、アルコールの量が多くなれば、
簡単には分解されなくなります。

したがって、酒は度数の高さも量も問題。
少しだからといって強い酒を飲んだり、
薄めた酒でもたくさん飲めば同じことです。

アセトアルデヒドの害にさらされることには変わりありません。


■タバコと酒で発ガンするのは

酒のエタノールとタバコのニコチンは
化学的に相乗作用を起こし、発ガン性のある
ニトロソアミンの生成を促します。

ニトロソアミンは、亜硝酸と二級アミンが結びついたもの。

塩漬けのハムやベーコンも硝酸塩が含まれるので、
体内に入るとニトロソアミンがつくられます。

・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンの原因になりやすい酒とタバコ

食道ガンの発ガン性が指摘されているのは、
体内で酒が分解される途中でできるアセトアルデヒドと、
肺ガンの原因でも知られるタバコの有害物質です。

熱の刺激は直接、粘膜を傷つけ、
ガンになりやすい下地をつくります。

・酒を飲んで、胸がジリジリするような感じがすると要注意
・タバコは食道だけでなく、肺や消化器にも影響を及ぼす
・熱いものを冷まさずに食べると食道はやけどを負ってしまう


また、飲酒と喫煙は相乗作用がはたらき、
食道ガンの危険性をいちだんと高めます。

とくに男性で「飲む、吸う」の両方の習慣のある人は、
「飲まない、吸わない」人に比べて、
食道ガンになりやすいのです。

その比率は17倍という説もあります。

・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンの原因、食道ガンになりやすい人

ガンの原因は、まだはっきりと解明されていませんが、
「なりやすい人」がいることはわかってきました。

食道ガンの場合は、酒を飲む人、タバコを吸う人、
熱い飲食物を好む人などが指摘されています。


■酒、タバコ、熱いものが高リスクファクター

食道は、食べ物や飲み物、細菌やウイルスなどが直接入り、
化学的刺激や物理的刺激を受けています。

そのためガンが起きやすい部位といえるでしょう。

食道ガンの危険因子として、もっとも重要なのは、
酒とタバコです。

それぞれ単独でも量が増えると危険ですが、
酒とタバコの両方を習慣としている人は、
食道ガンの危険性が一気に高まります。

熱い飲食物による熱の刺激もよくありません。

野菜不足や低栄養、ヒトパピローマウイルスの
感染などの関与も指摘されています。

これらは、日本人の食道ガンの約95%を占める
「扁平上皮ガン」というタイプの危険因子です。


■食道の病気からガンにつながることも

また、逆流性食道炎、バレット食道、アカラシアのような
食道の病気がある人は、食道ガンになりやすいと
指摘されています。

これは、欧米人に多い「腺ガン」というタイプの危険因子です。
日本人には少ないとはいえ、注意したいリスクです。

・・・
ガンは克服することができる病気です

詳しくはこちらのページで。
がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンの治療においては、
精密検査の結果を総合的に判断して
治療法を選択することから始まります


同じ病期でも病状や全身状態などにより、
治療法が異なってくることがありますが、
標準的な治療方法は次のとおりです

①0期の標準治療は粘膜切除術です。
切除手術、レーザー療法なども行われます。

②1期の標準治療は切除手術です。
放射線化学療法(化学療法=抗がん剤治療)を
行うケースも増えています。

リンパ節転移のある例では、
術後に化学療法を行うこともあります。

③3期の標準治療は手術で、術後、
化学療法を加えることもあります。

④4期・再発がんには、化学療法(抗がん薬治療)、
放射線療法、放射線化学療法なとから
病状に応じて選択することになります。


【内視鏡的粘膜切除術とは?】

粘膜切除術だけでがん病巣が切除できるのは、
直径3センチメートル未満の粘膜内がんで、
病巣が3~4個以下の場合です。

粘膜切除術後に追加治療を要するかもしれないのは、
5センチメートル未満の粘膜内がん
および粘膜下層がん、あるいは病巣数が5~8個の場合です。

内視鏡的粘膜切除術の治療時間は約一時間で、
翌日から食事もできます。

入院は2~3日の場合が多いですが、
日帰り治療を行っている医療施設もあります。

・・・
ガンに関するメールレターを配信しています
詳しくはこちらのページで。

がんと正しく闘うための5つのルール


食道がんの病期(ステージ)と
それぞれの五年生存率について解説します


食道がんの病期(進行度)は、
がんの食道壁での深達度(T)、リンパ節転移(N)
および他臓器への転移の有無(M) により、
0期、1期、2期、3期、4a期、4b期に分類されます。

リンパ節転移がなく粘膜内にとどまる超早期がんを、
特に「早期食道癌」と呼び、これが0期のがんに相当します。

最も進行した食道ガンは、4b期で
がんが周辺や遠隔他臓器へ転移したものがこれにあたります

内視鏡的粘膜切除術で切除した0期のがんの
五年生存率はほぼ100%で、粘膜切除できなくても
粘膜がんなら手術で100O%近い五年生存率を得ることができます。

がんが粘膜下層に達していても、
リンパ節転移がなければ手術で80%の五年生存率があります。

「全国食道がん登録調査」によれば、
手術で取りきれた場合の全体的な五年生存率は50%半ばです。

病期が進み、手術での切除が難しくなると
五年生存率は3期のがんで30%、
4期のがんでは20%を割るようになります

・・・
ガンに関するメールレターを配信しています
詳しくはこちらのページで。

がんと正しく闘うための5つのルール


食道ガンは、喉の奥から胃袋にいたる
食べ物の通り道(食道)に発生するガンです

喉が詰まる、食事が通りにくいといった症状が特徴です。

もっとも多発する「胸部食道がん」の場合、
部位的にすぐ前が心臓、後ろには脊椎(背骨)と
太い血管(大動脈)、左右に肺があります。

そのため、がんが進行すると、増殖したがん細胞が
周囲の臓器に食い込み、呼吸困難や大出血、
心不全などが起こることもあります。

そうならないためにも、
早期発見を心がけたいガンです

がんと正しく闘うための5つのルール


食道癌(食道がん)副作用のない薬  
 
 
食道癌治療のために
副作用のない薬を探している方へ


食道癌(食道がん)治療のための抗がん剤療法に限界を感じ、
「副作用がなく、効果がみられる薬はないか」
と、薬を探している方は多いと思います


今、中国を中心に世界で注目されているのは
「抗がん漢方薬」です


薬なので全く副作用がないとは言い切れませんが、
自然成分のみで作られているので、
科学的な薬物と比べて極めて副作用は少ないのです

また、疲労した身体に負担がかからない成分なので
西洋医学(手術、抗がん剤、放射線)などとも
併用できることがメリットです

漢方薬の本場といえば中国ですが、
その中国で唯一、政府に認可されている漢方薬があります


その漢方薬については、無料でサンプルを取り寄せられるので
興味のある方はご覧くださいね





無料サンプル提供中。世界的に認知されてる抗ガン漢方薬・天仙液


私もどのようなものか試しに取り寄せてみました

しっかりしたパッケージと、
詳細な説明が加えられており、非常に親切なパッケージでした

興味のある方は、まず届けてもらうことをおすすめします


抗がん漢方薬が届いたときの様子をブログに書いています




 
 

食道癌(食道がん)治療、効果的な薬  
 
 

食道癌(食道がん)を治すために
効果的な新しい薬はないものか・・・



と、薬を探している方は多いと思います


抗がん剤のように副作用に襲われることなく
安全性の高い薬を求める声はとても多いです


食道癌治療に限らず、効果が高いと
世界で評価されているのは、日本人にもなじみの深い「漢方薬」です

副作用がないとは言い切れませんが、
自然成分のみで作られているので、
科学的な薬物と比べて極めて副作用は少ないことが特徴です


漢方薬の本場といえば中国ですが、
その中国で唯一、政府に認可されている漢方薬があります


その漢方薬については、無料でサンプルを取り寄せられるので
興味のある方はご覧くださいね





無料サンプル提供中。世界的に認知されてる抗ガン漢方薬・天仙液


私もどのようなものか試しに取り寄せてみました

しっかりしたパッケージと、
詳細な説明が加えられており、非常に親切なパッケージでした

興味のある方は、まず届けてもらうことをおすすめします


抗がん漢方薬が届いたときの様子をブログに書いています

 
 

食道癌に効く漢方療法  
 
 

食道癌(食道がん)に効果がある
漢方薬を探している方へ・・・


漢方薬といえば、「安全である」という認識が高いものの、
強い効果は期待できないという認識を
持っている方も多いと思います

ところが、食道癌の治療において、
現在は漢方薬の効果が見直されています

日本ではまだまだ認識されていませんが、
世界の中では、漢方薬を標準的な治療に用いている国もあります

中でも、漢方薬の本場である中国で、
唯一、政府に認可されている漢方薬が注目を集めています


その漢方薬については、無料でサンプルを取り寄せられるので
興味のある方はご覧くださいね





無料サンプル提供中。世界的に認知されてる抗ガン漢方薬・天仙液


私もどのようなものか試しに取り寄せてみました

しっかりしたパッケージと、
詳細な説明が加えられており、非常に親切なパッケージでした

興味のある方は、まず届けてもらうことをおすすめします


抗がん漢方薬が届いたときの様子をブログに書いています

 
 

食道癌で抗がん剤が効かないとき  
 
 
食道癌(食道がん)治療で
抗がん剤が効かなくて困っている方へ・・・


食道癌を治すために抗がん剤を使ってみたものの

耐性により抗がん剤が効かなくなったり、
抗がん剤の副作用を嫌って、
抗がん剤治療を止めたいと思っている人は多いと思います


かといって薬を絶つと癌が進行してしまうため
非常に辛い決断になってしまいます


現在、食道癌(食道ガン)の治療において、
漢方薬の効果が見直されています


日本ではまだまだ認識されていませんが、
世界の中では、漢方薬を標準的な治療に用いている国もあります

中でも、漢方薬の本場である中国で、
唯一、政府に認可されている漢方薬が注目を集めています


その漢方薬については、無料でサンプルを取り寄せられるので
興味のある方はご覧くださいね





無料サンプル提供中。世界的に認知されてる抗ガン漢方薬・天仙液


私もどのようなものか試しに取り寄せてみました

しっかりしたパッケージと、
詳細な説明が加えられており、非常に親切なパッケージでした

興味のある方は、まず届けてもらうことをおすすめします


抗がん漢方薬が届いたときの様子をブログに書いています

 
 

漢方薬による食道癌の治療  
 
 

漢方薬による
食道癌(食道がん)の治療は可能なのか


と、漢方薬の効き目について調べている方へ


漢方薬といえば、「安全である」という認識が高いものの、
強い効果は期待できないという認識を持っている方も多いと思います

食道癌のように厳しい病気で、
今まで漢方薬が使われることはあまりありませんでした。


ところが、食道癌の治療において、
現在は漢方薬の効果が見直されています

日本ではまだまだ認識されていませんが、
世界の中では、漢方薬を標準的な治療に用いている国もあります

中でも、漢方薬の本場である中国で、
唯一、政府に認可されている漢方薬が注目を集めています


その漢方薬については、無料でサンプルを取り寄せられるので
興味のある方はご覧くださいね





無料サンプル提供中。世界的に認知されてる抗ガン漢方薬・天仙液


私もどのようなものか試しに取り寄せてみました

しっかりしたパッケージと、
詳細な説明が加えられており、非常に親切なパッケージでした

興味のある方は、まず届けてもらうことをおすすめします


抗がん漢方薬が届いたときの様子をブログに書いています

 
 

食道癌に効く薬・・・中国の漢方薬  
 
 
中国古来の漢方薬は
食道癌(食道がん)に効果があるのか?


日本の食道癌治療の現場で、
漢方薬が使われることはまずありません

日本の医療現場は、欧米以上に西洋化が進んでいるため
漢方薬のような自然由来のものを用いるという意識が
ほとんどないのが現状です


しかし、世界を見渡すと、
漢方薬を標準的な食道癌治療に使っている国も多いのです


中でも、漢方薬の本場である中国で、
唯一、政府に認可されている漢方薬が注目を集めています


その漢方薬については、無料でサンプルを取り寄せられるので
興味のある方はご覧くださいね





無料サンプル提供中。世界的に認知されてる抗ガン漢方薬・天仙液


私もどのようなものか試しに取り寄せてみました

しっかりしたパッケージと、
詳細な説明が加えられており、非常に親切なパッケージでした

興味のある方は、まず届けてもらうことをおすすめします


抗がん漢方薬が届いたときの様子をブログに書いています

 
 

食道癌を克服できる漢方薬・漢方療法とは?  
 
 

「食道癌(食道がん)を克服できる
漢方薬はあるのかな・・・」と探している方へ



薬だけで必ず食道癌を克服できる、とは断言できませんが
世界諸国で効果を上げている漢方薬はあります


漢方薬の本場である中国で、
唯一、政府に認可されている漢方薬が
世界各国からも注目を集めているのです


その漢方薬については、無料でサンプルを取り寄せられるので
興味のある方はご覧くださいね





無料サンプル提供中。世界的に認知されてる抗ガン漢方薬・天仙液


私もどのようなものか試しに取り寄せてみました

しっかりしたパッケージと、
詳細な説明が加えられており、非常に親切なパッケージでした

興味のある方は、まず届けてもらうことをおすすめします


抗がん漢方薬が届いたときの様子をブログに書いています

 
 

食道癌を手術しないで完治させる方法  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)を手術しないで完治させる方法とは?

 
 
食道癌を完治させるために、
「どうしても手術はしたくない」という方へ


まず、手術以外の方法があるかというと、
西洋医学では抗がん剤による治療、放射線による治療、
免疫療法などがあります

東洋医学の分野だと漢方や食事療法などがあります


このように他の手段を組み合わせて
完治に向かわせることは可能ですが、
食道癌の進行が早い場合や、悪性度が高い場合は
できるだけ手術したほうがよいと思います(手術できる場合に限りますが)


また、「何か1つの方法」だけで
食道癌を完全に治すのはとても困難です


現代医学では食道ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだないのです



しかし、現実に食道癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます


では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


↓↓↓



 
 

食道癌 手術後の食事方法について  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)手術後の食事方法はどうすればいいの?

 
 
食道癌を克服した人の多くは、
手術後でも、徹底した食事管理をされています

予後の状態によっては、
食事を摂るのがとても厳しいかもしれませんが

身体を強くし、生命力を高めるための食事を
摂ることは非常に重要です


なお、癌患者にとって、最適な食べ物というのは
明らかされてきたので、それらの食材を組み合わせている方が多いです

詳しくはこちら
がん患者に最適な食事のしかたとは?


そのままで食べられない場合は、
すりおろしたり、細かく砕いたりして食べることになります


また、癌の部位によって
より多く摂るべき食材、食べ物は違います

食事療法は、スロータイプの治療法であるため
正しい知識に基づいて、効率的に行う必要があります


食道癌の方に最適な食事方法を知りたい方はこちら

井上俊彦 メディカル・イーティング



食事療法は癌を改善するうえで
非常に大切な要素ですが、それだけではありません

その他のこともバランスよく改善していくことが大切です

では、癌から「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


ウルトラCのような方法で治したり、
特効薬を見つけた人はひとりもいませんでした


↓↓↓

 
 

食道癌 手術できない場合の治療方法  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)で手術できない場合の治療方法とは?

 
 
手術ができない部位に食道癌ができていたり、
進行や転移がひどく、手術できない場合は・・・?


まず、手術以外の方法があるかというと、
西洋医学では抗がん剤による治療、放射線による治療、
免疫療法などがあります


東洋医学の分野だと漢方や食事療法などがあります


手術ができない場合でも、他の手段を組み合わせて
治療を進めることは可能です


手術できないからといって、諦めてしまうのはまだ早いです

手術は数あるアプローチの1つです



また、「何か1つの方法」だけで
食道癌を完全に治すのはとても困難です


現代医学では食道ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだないのです



しかし、現実に食道癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます


では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


↓↓↓



 
 

食道癌 手術できなくても治せるか  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)は手術できなくても治せるのでしょうか?

 
 
食道癌について、
手術が出来なくても治せるのかというと・・・


まず、手術以外の方法があるかどうかです。

西洋医学では抗がん剤による治療、放射線による治療、
免疫療法などがあります


東洋医学の分野だと漢方や食事療法などがあります

このように、手術ができない場合でも、
他の手段は何かあるはずですので、
食道癌の治療を進めることは可能です


手術できないからといって、諦めてしまうのはまだ早いです

手術は数あるアプローチの1つにすぎません



また、「何か1つの方法」だけで
食道癌を完全に治すのはとても困難です


現代医学では食道ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだないのです



しかし、現実に食道癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます


では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


↓↓↓



 
 

食道癌の専門医、専門病院について  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)の専門医、専門病院はどこ?

 
 
食道癌をどうしても治したい・・・

「著名で腕のたつ先生から
治療を受ければ、治るのだろうか?」


と良い病院や専門医を探していらっしゃるのだと思います

食道ガン治療で有名な先生、名医をお探しなら
国立のガンセンターや「ガン診療拠点病院」を当たることを
オススメします

西洋医学においては、技術重視ですので
それなりの設備が必要になります

街の病院よりも、ガンの専門病院に行くことで
最新設備や、その道のスペシャリストの先生の
治療を受けることができるでしょう


しかし、有名な先生、名医にかかれば
食道ガンが治せるかというと、そうとは言い切れません


絶対に治す、と保障してくれる先生、名医はいないのです


では、現実に食道ガンを克服したり、
余命宣告を覆して生きている人は
どのような治し方をしてきたのでしょうか


「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


↓↓↓
 
 

食道癌の予後はどうすれば?  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)の予後はどうすればいいの?

 
 
食道癌であれ、他の癌であれ、
予後の対応は、最も重要です

目に見える癌細胞は、氷山の一角です


「氷のできる場所」にいる限り、
いつまでも氷はできてしまいます


つまり、癌の根本的な原因を改善しない限り
再発や転移が起こってしまいます


また、再発を抑えるために抗がん剤を飲み続ける人もいますが
抗がん剤を飲み続けても体は健康になりません

癌というマイナスに、抗がん剤というマイナスをぶつけても
人間の肉体にプラスにはならないのです


では、どのようにして予後を過ごせばよいのでしょうか


重要なことは


生命力を高めることです


癌に打ち勝ち、健康な生活を取り戻した人は
身体全体の生命力を高めています


では、どのようにすればよいのでしょうか

詳しくは

「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


↓↓↓
 
 

食道癌が転移した後の治療方法  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)が転移した後、どうやって治療すれば?

 
 
食道癌であれ、他の癌であれ、
転移後の治療は最も重要です

手術などで退治できる、
目に見える癌細胞は、氷山の一角です


「氷のできる場所」にいる限り、
いつまでも氷はできてしまいます


つまり、癌の根本的な原因を改善しない限り
再発や転移が起こってしまいます


では、どのようにして転移後の癌治療に
取り組めばいいのでしょうか


答えは・・・


「体に悪いものを徹底的に排除し、
 体に良いものを入れ続ける」



これだけです


体のパワー、命のパワーを強くしない限り
再発したガン細胞に打ち勝つことはできないのです

抗がん剤や放射線は、
命を強くするものではありません


命を強くするものは、いくつかありますが、
ガンの体にとって最もインパクトがあるのが


「食事」です


今まで、気をつけてきた方も
多いかと思いますが、
ここから先は、命がかかる「食事」ですので、
正しい知識に基づいて、効率的に行う必要があります


癌の部位別に詳しい食事方法を知りたい方はこちら

井上俊彦 メディカル・イーティング


しかし、食事だけで克服しようとするより、
その他のこともバランスよく改善していくことが大切です


食道癌ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだありませんが


現実に食道癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます


では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


↓↓↓


 
 

食道癌の闘病記、闘病ブログ  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)を完治させた人の闘病記

 
 
食道癌を完治させた人の
闘病記を参考にしたい方へ・・・


癌の闘病記というのは、
書籍だけでも1000冊以上発行されています

本屋さんにいけば、いくつか闘病記が見つかるでしょう

Amazonにも400冊を超える闘病記があります
⇒ 癌の闘病記 一覧


その中には、完治した、という人の闘病記もあります


私もいくつかの闘病記をみてきましたが、
「参考にするには、いくつか注意が必要だな」と思っています


読む側としては、どうしても、
「○○療法で治った」などの治療方法に注目してしまいます


ですが、実際に克服できた原因は、
その人の「考え方」であったり、「気持ち」の面だったり
目に見えない部分によるものも大きいのです


では、現実に食道癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人は、どのような方たちなのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


↓↓↓



 
 

食道癌 脳転移したあとの余命は?  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)で脳転移したあとの余命は?

 
 
食道癌から脳転移してしまった場合の
余命はどのくらいでしょうか?


脳転移を生じた食道癌患者さんの平均余命は
半年くらいであるといわれています

しかし、脳転移を発生しても
10年以上生きてこられたかたもいます



脳転移を起こすと、西洋医学では治療法が難しく
ガンマーナイフなどで対処する以外は
緩和ケアを行うことが多いようです


では、どのようにして脳転移後の
癌治療に取り組めばいいのでしょうか



答えは・・・


「体に悪いものを徹底的に排除し、
 体に良いものを入れ続ける」



これしかありません


体のパワー、命のパワーを強くしない限り
転移・再発したガン細胞に打ち勝つことはできないのです


抗がん剤や放射線は、
命を強くするものではありません


命を強くするものは、いくつかありますが、
ガンの体にとって最もインパクトがあるのが


「食事」です


今まで、気をつけてきた方も多いかと思いますが、
正しい知識に基づいて、効率的に行う必要があります


癌の部位別に詳しい食事方法を知りたい方はこちら

井上俊彦 メディカル・イーティング


しかし、食事だけで克服しようとするより、
その他のこともバランスよく改善していくことが大切です



食道癌ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだありませんが、
現実に食道癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます


では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


↓↓↓


 
 

食道癌 骨転移したあとの治療方法  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)骨転移したあとの治療方法は?

 
 
食道癌から骨に転移してしまったら・・・

余命や治療法について解説します

まず、骨転移は、原発巣(最初に発症したがん)で
増殖したがんが血流によって骨に運ばれて、
骨髄内毛細血管で増殖することによって起こります。


食道癌から骨転移がみられる場合、
小さな癌細胞が全身に散らばっているような
症状になっていることが多いです

そのため、平均余命は半年〜1年と言われています


しかし、余命半年を宣告されても
10年以上生きていらっしゃる方もいます


では、どのようにして脳転移後の
癌治療に取り組めばいいのでしょうか



答えは・・・


「体に悪いものを徹底的に排除し、
 体に良いものを入れ続ける」



これしかありません


体のパワー、命のパワーを強くしない限り
転移・再発したガン細胞に打ち勝つことはできないのです


抗がん剤や放射線は、
命を強くするものではありません


命を強くするものは、いくつかありますが、
ガンの体にとって最もインパクトがあるのが


「食事」です


今まで、気をつけてきた方も多いかと思いますが、
正しい知識に基づいて、効率的に行う必要があります


癌の部位別に詳しい食事方法を知りたい方はこちら

井上俊彦 メディカル・イーティング


しかし、食事だけで克服しようとするより、
その他のこともバランスよく改善していくことが大切です



食道癌ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだありませんが、
現実に食道癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます


では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


↓↓↓
 
 

食道癌の最新治療方法とは?  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)の最新治療方法とは?

 
 
食道癌治療の研究は日々進んでおり、
「重粒子線治療」や、「免疫療法」など
新しい技術、治療法が開発されています


また、抗がん剤についても
大規模な予算が投入され、開発がすすめられています


最新治療の情報は、
国立のがんセンターや、がん診療連携拠点病院などに
問い合わせると、方法や費用などを教えてくれます


ですが・・・


現代医学では食道ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだありません


しかし、現実に食道癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます


では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


↓↓↓

 
 

食道癌を手術しないで治療する方法  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)を手術しないで治療する方法とは?

 
 
食道癌を治療するために、
「どうしても手術はしたくない」という方へ


まず、手術以外の方法があるかというと、
西洋医学では抗がん剤による治療、放射線による治療、
免疫療法などがあります

東洋医学の分野だと漢方や食事療法などがあります


このように他の手段を組み合わせて
治療することは可能ですが、
食道癌の進行が早い場合や、悪性度が高い場合は
できるだけ手術したほうがよいと思います(手術できる場合に限りますが)


また、「何か1つの方法」だけで
食道癌を完全に治すのはとても困難です


現代医学では食道ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだないのです



しかし、現実に食道癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます


では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


↓↓↓



 
 

食道癌を手術しないで克服する方法  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)を手術しないで克服する方法とは?

 
 
食道癌を克服するために、
「どうしても手術はしたくない」という方へ


まず、手術以外の方法があるかというと、
西洋医学では抗がん剤による治療、放射線による治療、
免疫療法などがあります

東洋医学の分野だと漢方や食事療法などがあります


このように他の手段を組み合わせて
克服に向かうことは可能ですが、
食道癌の進行が早い場合や、悪性度が高い場合は
できるだけ手術したほうがよいと思います(手術できる場合に限りますが)


また、「何か1つの方法」だけで
食道癌を完全に治すのはとても困難です


現代医学では食道ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだないのです



しかし、現実に食道癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます


では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


↓↓↓



 
 

食道癌を完治させる治療方法  
 
 
食道癌(食道ガン)を完治させる治療方法とは?

 
 
『食道ガンを一時的に退治するだけでなく、
健康な体を取り戻すことはできるのだろうか?』

『再発や転移の恐怖に怯えることなく、
食道ガンになる前の自分に戻れるのだろうか?』

『ガンで命を落とす人が多いなか、
みんなと同じ治療方法を選んで
完治させることができるのだろうか?』


そんな風に悩んでいらっしゃると思います


食道ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだありません


しかし、現実で食道ガンを克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます


では「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ、
一つの結論に至りました


詳しくは、
メールレター「ガン克服への道」でお届けしています

↓↓



 
 

食道癌を治せる最新治療法とは  
 
 
食道癌(食道ガン)を治せる最新治療法とは?

 
 
『食道ガンを一時的に退治するだけでなく、
健康な体を取り戻すことはできるのだろうか?』

『再発や転移の恐怖に怯えることなく、
食道ガンになる前の自分に戻れるのだろうか?』

『ガンで命を落とす人が多いなか、
みんなと同じ治療方法を選んで
完治させることができるのだろうか?』


そんな風に悩んでいらっしゃると思います


食道ガンの治療方法は、新しい方法がたくさん生まれています
手術方法や、抗ガン剤、放射線などの3大療法では、
日々新しい工夫がされています


しかしながら、確実に治せる最新治療法というのは
まだありません


では、現実に食道ガンを克服したり、
余命宣告を覆して生きている人は
どのような治し方をしてきたのでしょうか


「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ、
一つの結論に至りました


詳しくは、
メールレター「ガン克服への道」でお届けしています
 
 

食道癌治療の最前線  
 
 
食道癌(食道ガン)治療の最前線とは?

 
 
『食道ガンを一時的に退治するだけでなく、
健康な体を取り戻すことはできるのだろうか?』


『再発や転移の恐怖に怯えることなく、
食道ガンになる前の自分に戻れるのだろうか?』


ガンで命を落とす人が多いなか、
みんなと同じ治療方法を選んで
完治させることができるのだろうか?』


『最新の治療法を受ければ、治るのだろうか?』


そんな風に悩んでいらっしゃると思います


食道ガン治療の最前線では、新しい方法がたくさん生まれています
特に3大療法といわれる手術方法や、抗ガン剤、放射線の分野では、
日々新しい工夫がされています


しかしながら、確実に治せる最新治療法というのは
まだありません


では、現実に食道ガンを克服したり、
余命宣告を覆して生きている人は
どのような治し方をしてきたのでしょうか


「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ、
一つの結論に至りました


詳しくは、
メールレター「ガン克服への道」でお届けしています
 
 

食道癌を治療する有名な先生、名医  
 
 
食道癌(食道ガン)を治療する有名な先生、名医は?

 
 
『食道ガンを一時的に退治するだけでなく、
健康な体を取り戻すことはできるのだろうか?』


『再発や転移の恐怖に怯えることなく、
食道ガンになる前の自分に戻れるのだろうか?』


『ガンで命を落とす人が多いなか、
みんなと同じ治療方法を選んで
完治させることができるのだろうか?』

『著名で腕のたつ先生から
治療を受ければ、治るのだろうか?』


そんな風に悩んでいらっしゃると思います


食道ガン治療で有名な先生、名医をお探しなら
国立のガンセンターや「ガン診療拠点病院」を当たることを
オススメします

西洋医学においては、技術重視ですので
それなりの設備が必要になります

街の病院よりも、ガンの専門病院に行くことで
最新設備や、その道のスペシャリストの先生の
治療を受けることができるでしょう


しかし、有名な先生、名医にかかれば
食道ガンが治せるかというと、そうとは言い切れません


絶対に治す、と保障してくれる先生、名医はいないのです


では、現実に食道ガンを克服したり、
余命宣告を覆して生きている人は
どのような治し方をしてきたのでしょうか


「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ、
一つの結論に至りました


詳しくは、
メールレター「ガン克服への道」でお届けしています
 
 

食道癌治療の名医 口コミ、評判  
 
 
食道癌(食道ガン)の名医 口コミ、評判は?

 
 
『食道ガンを一時的に退治するだけでなく、
健康な体を取り戻すことはできるのだろうか?』


『再発や転移の恐怖に怯えることなく、
食道ガンになる前の自分に戻れるのだろうか?』


『ガンで命を落とす人が多いなか、
みんなと同じ治療方法を選んで
完治させることができるのだろうか?』

『口コミで評判の高い、腕のたつ先生から
治療を受ければ、治るのだろうか?』


そんな風に悩んでいらっしゃると思います


食道ガン治療で評判の高い先生、名医と呼ばれる先生を
をお探しなら国立のガンセンターや
「ガン診療拠点病院」を当たることをオススメします

西洋医学においては、技術重視ですので
それなりの設備が必要になります

街の病院よりも、ガンの専門病院に行くことで
最新設備や、その道のスペシャリストの先生の
治療を受けることができるでしょう


しかし、口コミで有名な先生、評判の高い名医にかかれば
食道ガンが治せるかというと、そうとは言い切れません


絶対に治す、と保障してくれる先生、名医はいないのです


では、現実に食道ガンを克服したり、
余命宣告を覆して生きている人は
どのような治し方をしてきたのでしょうか


「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ、
一つの結論に至りました


詳しくは、
メールレター「ガン克服への道」でお届けしています
 
 

食道癌治療に定評のある病院  
 
 
食道癌(食道ガン)治療に定評のある病院は?

 
 
『食道ガンを一時的に退治するだけでなく、
健康な体を取り戻すことはできるのだろうか?』


『再発や転移の恐怖に怯えることなく、
食道ガンになる前の自分に戻れるのだろうか?』


『ガンで命を落とす人が多いなか、
みんなと同じ治療方法を選んで
完治させることができるのだろうか?』


『食道ガン治療に定評のある病院にかかれば
治るのだろうか?』


そんな風に悩んでいらっしゃると思います


食道ガン治療に定評のある病院をお探しなら、
まずは国立のガンセンターや
国が指定した「ガン診療拠点病院」を当たることをオススメします

西洋医学においては、技術重視ですので
それなりの設備が必要になります

街の病院よりも、ガンの専門病院に行くことで
最新設備や、その道のスペシャリストの先生の
治療を受けることができるでしょう


しかし、定評のある病院にかかれば
食道ガンが治せるかというと、そうとは言い切れません


絶対に治す、と保障してくれる病院はないのです


では、現実に食道ガンを克服したり、
余命宣告を覆して生きている人は
どのような治し方をしてきたのでしょうか


「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ、
一つの結論に至りました


詳しくは、
メールレター「ガン克服への道」でお届けしています
 
 

食道癌治療 評判の高い病院  
 
 
食道癌(食道ガン)治療 評判の高い病院とは?

 
 
『食道ガンを一時的に退治するだけでなく、
健康な体を取り戻すことはできるのだろうか?』


『再発や転移の恐怖に怯えることなく、
食道ガンになる前の自分に戻れるのだろうか?』


『ガンで命を落とす人が多いなか、
みんなと同じ治療方法を選んで
完治させることができるのだろうか?』


『食道ガン治療で評判の高い病院にかかれば
治るのだろうか?』


そんな風に悩んでいらっしゃると思います


食道ガン治療で評判の高い病院をお探しなら、
まずは国立のガンセンターや
国が指定した「ガン診療拠点病院」を当たることをオススメします

西洋医学においては、技術重視ですので
それなりの設備が必要になります

街の病院よりも、ガンの専門病院に行くことで
最新設備や、その道のスペシャリストの先生の
治療を受けることができるでしょう


しかし、評判の高い病院にかかれば
食道ガンが治せるかというと、そうとは言い切れません


絶対に治す、と保障してくれる病院はないのです


では、現実に食道ガンを克服したり、
余命宣告を覆して生きている人は
どのような治し方をしてきたのでしょうか


「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ、
一つの結論に至りました


詳しくは、
メールレター「ガン克服への道」でお届けしています
 
 

食道癌の治療薬の種類  
 
 
食道癌(食道ガン)の治療薬の種類とは?

 
 
『食道ガンを一時的に退治するだけでなく、
健康な体を取り戻すことはできるのだろうか?』


『再発や転移の恐怖に怯えることなく、
食道ガンになる前の自分に戻れるのだろうか?』


『ガンで命を落とす人が多いなか、
みんなと同じ治療方法・薬を選んで
完治させることができるのだろうか?』


『食道ガンを治せる、特効薬のような
治療薬はあるのだろうか?』


そんな風に悩んでいらっしゃると思います



今のところ、食道ガンの薬というと「抗ガン剤」になります

ガンの進行を抑えたり、転移を防いだりという効果がありますが、
人間の体全体には良くないので、
抗ガン剤を処方し続けて、健康な身体に戻れることはありません


いくら「治療薬」を調べても、
健康な体に戻れる薬は存在しないのです



では、現実に食道ガンを克服したり、
余命宣告を覆して生きている人は
どのような治し方をしてきたのでしょうか


「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ、
一つの結論に至りました


詳しくは、
メールレター「ガン克服への道」でお届けしています
 
 

食道癌に効く治療薬  
 
 
食道癌(食道ガン)に効く治療薬とは?

 
 
『食道ガンを一時的に退治するだけでなく、
健康な体を取り戻すことはできるのだろうか?』


『再発や転移の恐怖に怯えることなく、
食道ガンになる前の自分に戻れるのだろうか?』


『ガンで命を落とす人が多いなか、
みんなと同じ治療方法・薬を選んで
完治させることができるのだろうか?』


『食道ガンの特効薬のような
治療薬はあるのだろうか?』


そんな風に悩んでいらっしゃると思います



今のところ、食道ガンに効く薬というと
一般的には「抗ガン剤」になります

ガンの進行を抑えたり、転移を防いだりという効果がありますが、
人間の体全体には良くないので、
抗ガン剤を処方し続けて、健康な身体に戻れることはありません


いくら「ガンに効く治療薬」を調べても、
健康な体に戻れる薬は存在しないのです



1つの薬だけでなんとかなる病気ではないのです


では、現実に食道ガンを克服したり、
余命宣告を覆して生きている人は
どのような治し方をしてきたのでしょうか


「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ、
一つの結論に至りました


詳しくは、
メールレター「ガン克服への道」でお届けしています
 
 

食道癌を治すための食事療法  
 
 
食道癌(食道ガン)を治すための食事療法とは?

 
 
『食道ガンを一時的に退治するだけでなく、
健康な体を取り戻すことはできるのだろうか?』


『再発や転移の恐怖に怯えることなく、
食道ガンになる前の自分に戻れるのだろうか?』


『ガンで命を落とす人が多いなか、
みんなと同じ治療方法・薬を選んで
完治させることができるのだろうか?』


そんな風に悩んでいらっしゃると思います


最近では、ガンに対する「食事療法」が
一般的に広まりつつあります


人間の持つ免疫力を高め、
生命力を高めるという意味では、食事の改善は必須といえます


「食事療法」はとても大切なことですが、
それだけで食道ガンを克服できるわけではありません


では、現実に食道ガンを克服したり、
余命宣告を覆して生きている人は
どのような治し方をしてきたのでしょうか


「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ、
一つの結論に至りました


詳しくは、
メールレター「ガン克服への道」でお届けしています
 
 

食道癌を治せる食事療法  
 
 
食道癌(食道ガン)を治せる食事療法とは?

 
 
『食道ガンを一時的に退治するだけでなく、
健康な体を取り戻すことはできるのだろうか?』


『再発や転移の恐怖に怯えることなく、
食道ガンになる前の自分に戻れるのだろうか?』


『ガンで命を落とす人が多いなか、
みんなと同じ治療方法・薬を選んで
完治させることができるのだろうか?』


そんな風に悩んでいらっしゃると思います


最近では、ガンに対する「食事療法」が
一般的に広まりつつあります


人間の持つ免疫力を高め、
生命力を高めるという意味では、食事の改善は必須といえます


「食事療法」はとても大切なことで、実践は不可欠ですが
それだけで食道ガンを治せるわけではありません


食事は、食道ガンを治すために必要なことですが、
それが全てではないのです


では、現実に食道ガンを克服したり、
余命宣告を覆して生きている人は
どのような治し方をしてきたのでしょうか


「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ、
一つの結論に至りました


詳しくは、
メールレター「ガン克服への道」でお届けしています
 
 

食道癌を克服できる食事療法とは?  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)を克服できる食事療法とは?

 
 
食道癌を治療し、安心できる生活に
戻ることを望んでいる人にとって、
食事の改善、食事療法への取り組みは非常に重要な要素です


まず、癌患者の体調を改善するために
効果のある食べ物・食材については
こちらにまとめましたので、ご覧くださいね

がん患者に最適な食事のしかたとは?


また、食道癌には何が良いのか?など、
癌の部位によってより多く摂るべき食材、食べ物は違います


食事療法は、スロータイプの治療法であるため
正しい知識に基づいて、効率的に行う必要があります


癌の部位別に詳しい食事方法を知りたい方はこちら

井上俊彦 メディカル・イーティング


食道癌を治療するうえで、
体質改善に効果的な食事を摂ることは非常に大切な要素です


しかし、食事だけで克服しようとするより、
その他のこともバランスよく改善していくことが大切です


食道癌ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだありませんが


現実に食道癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます


では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


↓↓↓



 
 

食道癌を克服するために必要なこと  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)を克服するために必要なこととは?

 
 
食道癌を克服し、安心できる生活に
戻ることを望んでいる方へ・・・


食道癌を克服するために必要なことは何でしょうか?



治療を受ける中で、


『食道癌を一時的に取り除くだけでなく、
健康な体を取り戻すことはできるのだろうか?』

『再発や転移の恐怖に怯えることなく、
 ガンになる前の自分に戻れるのだろうか?』

『みんなと同じ治療方法を選んで
完治させることができるのだろうか?』


そんな風に悩んでいらっしゃると思います


現代医学では食道ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだありません


しかし、現実に食道癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます


では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


↓↓↓




 
 

食道癌を治す方法とは  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)を治す方法とは?

 
 
食道癌を克服し、安心できる生活に
戻ることを望んでいる方へ・・・


食道癌を治せる方法、

つまり
「これをやれば絶対に治る、という方法」はあるのか?


と日々悩みながら、
辛い治療に耐えていらっしゃる人が多いと思います


『食道癌を一時的に取り除くだけでなく、
健康な体を取り戻すことはできるのだろうか?』

『再発や転移の恐怖に怯えることなく、
 ガンになる前の自分に戻れるのだろうか?』

『みんなと同じ治療方法を選んで
完治させることができるのだろうか?』


と、心配事を挙げるとキリがないくらいです


現実に、今の医学では食道ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだありません


しかし、現実に食道癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます


では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


↓↓↓




 
 

食道癌を治せる治療方法とは  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)を治せる治療方法とは?

 
 
食道癌を克服し、安心できる生活に
戻ることを望んでいる方へ・・・


食道癌を治せる治療方法、

つまり
「これをやれば絶対に治る、という治療法」はあるのか?


と日々悩みながら、
辛い治療に耐えていらっしゃる人が多いと思います



『食道癌を一時的に取り除くだけでなく、
健康な体を取り戻すことはできるのだろうか?』

『再発や転移の恐怖に怯えることなく、
 ガンになる前の自分に戻れるのだろうか?』

『みんなと同じ治療方法を選んで
完治させることができるのだろうか?』


と、心配事を挙げるとキリがないくらいです


現実に、今の医学では食道ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだありません


しかし、現実に食道癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます


では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


↓↓↓




 
 

食道癌を完治させた人  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)を完治させた人はどんな人でしょうか?

 
 
食道癌を克服し、安心できる生活に
戻ることができた人


つまり本当の意味で「食道癌を完治させた人」は
どのような人でしょうか?


現実に、今の医学では食道ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだありません


しかし、食道癌を克服した人が存在することは事実です


食道癌を克服した人の話は、
色々なパターンがあり、全て同じではありませんが、
根本的な考え方や、アプローチは同じはずです


かならず「完治させるためのルール」があると思い、


生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのか?



について、その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


ウルトラCのような方法で治したり、
特効薬を見つけた人はひとりもいませんでした


↓↓↓






 
 

食道癌を完治するための食事療法  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)を完治するための食事療法とは?

 
 
食道癌を克服し、安心できる生活に戻れた人は
どのような食事方法を選択してきたのでしょうか


食道癌を克服した人の多くは、
徹底した食事管理をされています

癌患者にとって、最適な食べ物というのは
明らかされてきたので、それらの食材を組み合わせている方が多いです

詳しくはこちら
がん患者に最適な食事のしかたとは?



また、癌の部位によって
より多く摂るべき食材、食べ物は違います

食事療法は、スロータイプの治療法であるため
正しい知識に基づいて、効率的に行う必要があります


食道癌の方に最適な食事方法を知りたい方はこちら

井上俊彦 メディカル・イーティング



食事療法は癌を改善するうえで
非常に大切な要素ですが、それだけではありません

その他のこともバランスよく改善していくことが大切です

では、癌から「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


ウルトラCのような方法で治したり、
特効薬を見つけた人はひとりもいませんでした


↓↓↓


 
 

食道癌を完治した治療方法  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)を完治した治療方法とは?

 
 
食道癌を克服し、安心できる生活に
戻ることを望んでいる方へ・・・


食道癌を完治させることのできる治療方法、


つまり
「これをやれば絶対に治る、という治療法」はあるのか?


と日々辛い治療に耐えながら模索している方が多いと思います



『食道癌を一時的に取り除くだけでなく、
健康な体を取り戻すことはできるのだろうか?』

『再発や転移の恐怖に怯えることなく、
 ガンになる前の自分に戻れるのだろうか?』

『みんなと同じ治療方法を選んで
完治させることができるのだろうか?』


と、心配事を挙げるとキリがないくらいです


現実に、今の医学では食道ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだありません


しかし、現実に食道癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます


では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


ウルトラCのような特別な方法で治したり、
特効薬を見つけた人はひとりもいませんでした

↓↓↓


 
 

食道癌を治せる薬とは?  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)を治せる薬とは?

 
 
食道癌を克服し、安心できる生活に
戻ることを望んでいる方へ・・・


食道癌を完治させることのできる薬、


つまり
「これで絶対に治る、という薬」はあるのか?


と日々辛い治療に耐えながら
模索している方も多いと思います


しかし、今のところ、食道ガンに効く薬というと
一般的には「抗がん剤」になります


ガンの進行を抑えたり、転移を防いだりという効果がありますが、
人間の体全体には良くないので、
抗がん剤を処方し続けて、健康な身体に戻れることはありません


いくら「ガンに効く治療薬」を調べても、
健康な体に戻れる薬は存在しないのです・・・


癌は1つの薬だけでなんとかなる病気ではないのです


では、現実に食道ガンを克服したり、
余命宣告を覆して生きている人は
どのような治し方をしてきたのでしょうか


「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか


その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


ウルトラCのような特別な方法で治したり、
特効薬を見つけた人はひとりもいませんでした

↓↓↓


 
 

食道癌を抗がん剤を使わずに治すには  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)を抗がん剤を使わずに治す方法とは?

 
 
抗がん剤をできるだけ使わずに、
食道癌を治したい、と考えている人が多いと思います


副作用の大小に関わらず、
抗がん剤は人間の体にとって必要なものではないですし、
生命力を弱めるものです

抗がん剤にはガンの進行を抑えたり、
転移を防いだりという効果がありますが、
抗がん剤を処方し続けて、健康な身体に戻れることはありません


だからといって、何の対処もせず、
抗がん剤をストップしても、癌は進行するだけです


では、現実に食道ガンを克服したり、
余命宣告を覆して生きている人は
どのような治し方をしてきたのでしょうか


「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか


その人たちの考え方や行動を調べ


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


ウルトラCのような特別な方法で治したり、
特効薬を見つけた人はひとりもいませんでした・・・


↓↓↓


 
 

食道癌を抗がん剤を使わずに治療する方法  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)を抗がん剤を使わずに治療する方法とは?

 
 
抗がん剤をできるだけ使わずに、
食道癌を治療したい、と考えている人が多いと思います


副作用の大小に関わらず、
抗がん剤は人間の体にとって必要なものではないですし、
生命力を弱めるものです

抗がん剤にはガンの進行を抑えたり、
転移を防いだりという効果がありますが、
抗がん剤を処方し続けて、健康な身体に戻れることはありません


だからといって、何の対処もせず、
抗がん剤による治療をストップしても、癌は進行するだけです


では、現実に食道ガンを克服したり、
余命宣告を覆して生きている人は
どのような治し方をしてきたのでしょうか


「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか


その人たちの考え方や行動を調べ


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


ウルトラCのような特別な方法で治したり、
特効薬を見つけた人はひとりもいませんでした・・・


↓↓↓


 
 

食道癌が再発してしまったら  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)再発してしまったら?

 
 
もし食道癌が再発・転移してしまったら・・・

そのとき、ガン細胞は、悪性度を増しています

さらに、手術や抗がん剤治療などで
体力を失っている人も多いでしょう


また、「再発してほしくない」と
願っていた人にとっては、
目の前が真っ暗になるような思いだと思います


このように食道癌の再発・転移は肉体的がダメージだけでなく、
精神的なダメージも大きいため、
多くの人が残念ながら命を落としてしまうのです


では、どのようにすれば

再発ガンや、転移ガンを乗り越えられるのでしょう?



答えは・・・


「体に悪いものを徹底的に排除し、
 体に良いものを入れ続ける」



これだけです


体のパワー、命のパワーを強くしない限り
ガン細胞に打ち勝つことはできないのです

抗がん剤や放射線は、
命を強くするものではありません


命を強くするものは、いくつかありますが、
ガンの体にとって最もインパクトがあるのが


「食事」です


今まで、気をつけてきた方も
多いかと思いますが、
ここから先は、命がかかる「食事」ですので、
正しい知識に基づいて、効率的に行う必要があります


癌の部位別に詳しい食事方法を知りたい方はこちら

井上俊彦 メディカル・イーティング


しかし、食事だけで克服しようとするより、
その他のこともバランスよく改善していくことが大切です


食道癌ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだありませんが


現実に食道癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます


では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


↓↓↓

 
 

食道癌が再発した後の治療法  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)再発した後の治療法とは?

 
 
もし食道癌が再発・転移してしまったら・・・
そのとき、ガン細胞は、悪性度を増しています

再発ガンの治療を難しくしているのには
いくつか理由があります


まず、手術や抗がん剤治療などで
体力を失っている人も多いということ。


また、「再発してほしくない」と
願っていた人にとっては、
目の前が真っ暗になるような大きなダメージがあります


このように食道癌の再発・転移は肉体的がダメージだけでなく、
精神的なダメージも大きいので
治療するための気力を保ちにくいのです



では、どのようにすれば

再発ガンや、転移ガンを治療し
克服することができるのでしょう?



答えは・・・


「体に悪いものを徹底的に排除し、
 体に良いものを入れ続ける」



これだけです


体のパワー、命のパワーを強くしない限り
再発したガン細胞に打ち勝つことはできないのです

抗がん剤や放射線は、
命を強くするものではありません


命を強くするものは、いくつかありますが、
ガンの体にとって最もインパクトがあるのが


「食事」です


今まで、気をつけてきた方も
多いかと思いますが、
ここから先は、命がかかる「食事」ですので、
正しい知識に基づいて、効率的に行う必要があります


癌の部位別に詳しい食事方法を知りたい方はこちら

井上俊彦 メディカル・イーティング


しかし、食事だけで克服しようとするより、
その他のこともバランスよく改善していくことが大切です


食道癌ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだありませんが


現実に食道癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます


では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


↓↓↓

 
 

食道癌に最適な漢方薬 漢方療法  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)に最適な漢方療法(薬)とは?

 
 
食道癌治療のために、
副作用の心配が尽きない抗がん剤より

「漢方薬」を求める人が増えています


現在、東洋医学の中心、中国では、
西洋医学的な癌治療が主流になっていますが、

一方で、漢方薬や気功などを用いた
東洋医学的な癌治療も根強い支持があります


そんな中国で、政府に認可されている漢方薬が
日本でも入手できるようになりました


今なら、無料サンプルを届けてもらえます


食道癌(食道ガン)に効く漢方薬を探している方におすすめです。




中国政府が医薬品として認可した漢方薬





どんな感じなのか興味があったので・・・



さっそく・・・





中国政府が認可した抗がん漢方薬
「天仙液」を取り寄せてみました



届いた宅配便のパッケージをみて
まずびっくり。

香港から空輸便で送られてきました

CIMG9579420



大きさはこんな感じで、
しっかりした箱に入れられていました



CIMG9580420



箱を開けると、中に天仙液のサンプルと
説明書やDVD、本などが入っていました



CIMG9581420

本のタイトルはなかなか良いですね(笑)


本の内容は「天仙液」を飲んで回復した人の
体験談を集めたものです


CIMG9582420

本よりも、
説明書のほうが漢方の勉強になりました





天然成分のみでできた漢方薬について
興味のある方は取り寄せてみてはいかがでしょう

びっくりするくらい早く届きます(笑)





中国政府が医薬品として認可した漢方薬


 
 

食道癌によい食べ物とは?  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)によい食べ物とは?

 
 
癌患者にとって、最適な食べ物については
こちらにまとめました

がん患者に最適な食事のしかたとは?


また、癌の部位によって
より多く摂るべき食材、食べ物は違います

食事療法は、スロータイプの治療法であるため
正しい知識に基づいて、効率的に行う必要があります

癌の部位別に詳しい食事方法を知りたい方はこちら

井上俊彦 メディカル・イーティング



食道癌を治療するうえで、
食事は非常に大切な要素です


しかし、食事だけで克服しようとするより、
その他のこともバランスよく改善していくことが大切です


食道癌ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだありませんが


現実に食道癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます


では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


↓↓↓


 
 

食道癌に効果のある食べ物は?  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)に効果のある食べ物とは?

 
 
食道癌を改善するうえで
癌に効果的な食べ物を摂ることは
体を強くするためにとても大切なことです

まず、癌患者の体調を改善するために
効果のある食べ物・食材については
こちらにまとめましたので、ご覧くださいね

がん患者に最適な食事のしかたとは?


また、食道癌には何が良いのか?など、
癌の部位によってより多く摂るべき食材、食べ物は違います


食事療法は、スロータイプの治療法であるため
正しい知識に基づいて、効率的に行う必要があります


癌の部位別に詳しい食事方法を知りたい方はこちら

井上俊彦 メディカル・イーティング


始めに書いたとり、食道癌を治療するうえで、
効果的な食事を摂ることは非常に大切な要素です


しかし、食事だけで克服しようとするより、
その他のこともバランスよく改善していくことが大切です


食道癌ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだありませんが


現実に食道癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます


では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


↓↓↓




 
 

食道癌を克服するための食事療法  
 
 
食道癌(食道ガン・食道がん)を克服するための食事療法とは?

 
 
食道癌を克服しようとする人にとって、
食事の改善、食事療法への取り組みは非常に重要な要素です

まず、癌患者の体調を改善するために
効果のある食べ物・食材については
こちらにまとめましたので、ご覧くださいね

がん患者に最適な食事のしかたとは?


また、食道癌には何が良いのか?など、
癌の部位によってより多く摂るべき食材、食べ物は違います


食事療法は、スロータイプの治療法であるため
正しい知識に基づいて、効率的に行う必要があります


癌の部位別に詳しい食事方法を知りたい方はこちら

井上俊彦 メディカル・イーティング


始めに書いたとり、食道癌を治療するうえで、
体質改善に効果的な食事を摂ることは非常に大切な要素です


しかし、食事だけで克服しようとするより、
その他のこともバランスよく改善していくことが大切です


食道癌ガンを絶対に完治できると
保障された治療方法はまだありませんが


現実に食道癌を克服したり、
余命宣告を覆して生きている人はたくさんいます


では、「生還した人たち」は、
どのようにしてガンに打ち勝ったのでしょうか



その人たちの考え方や行動を調べ・・・


「がんと正しく闘うための5つのルール」
という別サイトにまとめました


↓↓↓



 
 

食道癌(食道ガン)に効く野菜、果物とは?  
 
 
食道癌に限らず、癌の治療には
野菜や果物が重要だとされています

確かに野菜や果物を摂ることは
癌改善の食事の中心となります


ただし、全ての野菜や果物が
癌に良いわけではありません


野菜でいうと緑黄色野菜
(ネギ、小松菜、ニンジン、ゴボウ、カボチャなど)は良いですが、
トマトやレタスは体を冷やすので、最適とはいえません

また、果物も甘みが強すぎるものは
食道癌の回復には逆効果になります



では、正しい知識を持って、野菜・果物を摂取するには
どのようにすればよいでしょうか



詳しくはこちらにまとめましたので、
参考にしてくださいね


がん患者に最適な食事のしかたとは?


 
 

食道癌(食道ガン)に効くサプリメントとは?  
 
 
食道癌に効果のある
サプリメントをお探しなら

やはり、「抗酸化力」の強いサプリメントを
摂ることをおすすめします


■たとえば、このようなものです
抗酸化サプリメント


「酸化する」ということは「サビる」ということです


桃やリンゴの皮を剥いて、放置しておくと
黄色く変色しますよね

それが酸化の作用です

人間の体もナマモノなので、少しずつ酸化してしまい
身体のパワーが失われていくのです

酸化を完全に防ぐことはできませんが、
抗酸化力をつけることで、体のパワーを維持することができるのです



また、今は、食道癌治療に適した漢方薬が注目されています

サプリなどにくらべて効果が高いだけでなく
食道癌の治療で疲労した身体に負担がかからない成分なので
西洋医学(手術、抗がん剤、放射線)などとも
併用できることがメリットです


漢方薬の本場といえば中国ですが、
その中国で唯一、政府に認可されている漢方薬があります


その漢方薬については、無料でサンプルを取り寄せられるので
興味のある方はご覧くださいね


無料サンプル提供中。世界的に認知されてる抗ガン漢方薬・天仙液



 
 

食道癌(食道ガン)に効くジュースとは?  
 
 
食道癌の治療を長く続けて、
体力や消化器官が弱くなっている方もいると思います

そんなとき、必要な栄養をしっかりとれる
野菜ジュースなどはとてもありがたい存在です

野菜ジュースを作るなら、
緑黄色野菜(ネギ、小松菜、ニンジン、ゴボウ、カボチャなど)を
中心にしたジュースが良いです

ニンジンを中心として、野菜を多くとることが
食道癌に効く野菜ジュースを作るコツです


また、市販のものでも、良いジュースがあります


例えば、「サジージュース」は、
高い栄養効果をもち、バランスよくビタミンやミネラルが
含まれているジュースとして注目されています

食道癌の体に力を与えるために適したジュースです

気になるかたはサンプルを取り寄せてみてくださいね

[PR]高い抗酸化力が癌に良いです。サジージュース
 
 

食道癌(食道ガン)に効く食べ物とは?  
 
 
食道癌になった体を健康な状態に戻すには
食べ物の改善がとても重要になります


食道癌の治療状態によっては、
食べづらいときもあると思いますが、
パワーのある食べ物を、口から入れて、噛んで食べることが大切です


では、何を食べればよいかというと、


・緑黄色野菜(ネギ、小松菜、ニンジン、ゴボウ、カボチャなど)
・玄米、小豆、麦、粟などの雑穀
・ゴマ
・キノコ
・豆腐などの大豆食品
・海藻類
・木の実類

などが、食道癌の改善に力を与えてくれます


逆に、動物性の食品や、甘みが強いもの、
体を冷やすもの(野菜でもトマトやレタスなど)は
避けたほうがよいでしょう


そして、さらにいうと「癌を悪化させる食べ物」があります


詳しくはこちらにまとめましたので、
参考にしてくださいね


がん患者に最適な食事のしかたとは?

 
 

食道癌(食道ガン)に効く漢方薬とは?  
 
 
食道癌に効果のあると言われるものとして、
食べ物や、サプリを挙げる人が多いですが

今、漢方薬が注目されています

サプリなどにくらべて効果が高いだけでなく
食道癌の治療で疲労した身体に負担がかからない成分なので
西洋医学(手術、抗がん剤、放射線)などとも
併用できることがメリットです


漢方薬の本場といえば中国ですが、
その中国で唯一、政府に認可されている漢方薬があります


その漢方薬については、無料でサンプルを取り寄せられるので
興味のある方はご覧くださいね


無料サンプル提供中。世界的に認知されてる抗ガン漢方薬・天仙液



 
 

食道癌(食道ガン)に効く健康食品とは?  
 
 
食道癌に限らず、癌に効くといわれている
健康食品は多くあります

代表的なものを挙げると

・アガリクス
・フコイダン
・プロポリス

などでしょう


身体のパワーを上げるという意味で、
これらの健康食品を摂取することは大切なことです


しかし、本当に健康な人は
「健康食品」だけを摂っているわけではありません


ましてや、食道癌になってしまった体を
健康な状態に戻すためには、
身体に入れるもの全般を改善しなければなりません


つまり、食事全般を改善する必要があるのです


どんな食事を摂ればよいのかについて、
詳しくはこちらにまとめましたので、
参考にしてくださいね


がん患者に最適な食事のしかたとは?

 
 

食道癌(食道ガン)に効く食事とは?  
 
 
食道癌を克服し、
健康な体と、生き生きとした人生を取り戻すためには

食事の改善は必須条件になります


人間の身体は、口にしたもので作られているので
食事を正しいものにすることは、医療を受けるのと同じくらい重要です


では、どのようなものを食べればよいのでしょうか

代表的な食材を挙げると、

・緑黄色野菜(ネギ、小松菜、ニンジン、ゴボウ、カボチャなど)
・玄米、小豆、麦、粟などの雑穀
・ゴマ
・キノコ
・豆腐などの大豆食品
・海藻類
・木の実類

などが、食道癌の改善に力を与えてくれます


食道癌の治療状況によっては
食べづらいものがあるかもしれませんが
出来るだけ噛んで(咀嚼して)体に入れることが大切です




逆に、動物性の食品や、甘みが強いもの、
体を冷やすもの(野菜でもトマトやレタスなど)は
避けたほうがよいでしょう


そして、さらにいうと「癌を悪化させる食べ物」があります


詳しくはこちらにまとめましたので、
参考にしてくださいね


がん患者に最適な食事のしかたとは?




 
 

食道癌(食道ガン)に効く食品とは?  
 
 
食道癌の体を回復させ、
健康な状態に戻すためには、
良い食品を食べることが大切になります

また、加工された食品ではなく、
身体によい食材をシンプルに食べることが需要です


食道癌の治療状態によっては、
食べづらいときもあると思いますが、
パワーのある食べ物を、口から入れて、噛んで食べましょう
(クリーム状にするという方法もあります)


では、何を食べればよいかというと、


・緑黄色野菜(ネギ、小松菜、ニンジン、ゴボウ、カボチャなど)
・玄米、小豆、麦、粟などの雑穀
・ゴマ
・キノコ
・豆腐などの大豆食品
・海藻類
・木の実類

などが、食道癌の改善に力を与えてくれます


逆に、動物性の食品や、甘みが強いもの、
体を冷やすもの(野菜でもトマトやレタスなど)は
避けたほうがよいでしょう


そして、さらにいうと「癌を悪化させる食べ物」があります


詳しくはこちらにまとめましたので、
参考にしてくださいね


がん患者に最適な食事のしかたとは?

 
 

食道癌(食道ガン)に効く食材とは?  
 
 
食道癌を治し、健康な人生を取り戻すには。
食事の改善は重要なポイントです


食道癌によい食材を、数多く食べることが
身体の回復、癌細胞の退治のために大切なことです


では、具体的に、どのような食材を食べればよいかというと、


・緑黄色野菜(ネギ、小松菜、ニンジン、ゴボウ、カボチャなど)
・玄米、小豆、麦、粟などの雑穀
・ゴマ
・キノコ
・豆腐などの大豆食品
・海藻類
・木の実類

などが、食道癌の改善に力を与えてくれる食材です


逆に、動物性の食品や、甘みが強いもの、
体を冷やすもの(野菜でもトマトやレタスなど)は
避けたほうがよいでしょう


そして、さらにいうと「癌を悪化させる食べ物」があります


詳しくはこちらにまとめましたので、
参考にしてくださいね


がん患者に最適な食事のしかたとは?