食道がんの検査と確定診断までの流れ

食道がんの疑いがあったら、すぐに専門医を受診することが大切です。さまざまな検査を受け、その結果によって治療方法を決めていきます。

■検診で発見され、さらに詳しく調べる

検診やほかの病気の検査で偶然見つかったり、自覚症状に気づいたりして受診した場合、診療所で専門医を紹介してもらい、できるだけ早く専門家による診断を受けましょう。

内視鏡検査などで食道がんと確定診断されたら、さらに詳しく検査を受け、病気の進展具合や全身状況を調べて、治療方針を決定します。

そのとき重要なのが、自分自身の考え方や意見です。治療を開始したら後戻りできないので、わからない点はとことん主治医に聞いたり調べたりして、自分の意思に基づいて決めることが大切です。

・発見:食道壁の異変を発見する

検診やほかの病気の検査、自覚症状による受診などで疑いがあった場合、内視鏡検査を受けることで、ほとんどが診断できます。早期の小さながんもほぼ確実に発見できます(内視鏡検査、食道造影検査)。

・診断:採取した組織を詳しく調べる

内視鏡検査で発見したがん組織の一部を検査と同時に採取します。採取した組織を顕微鏡などで詳しく調べ、がん細胞か否かが確定されます。組織生検で、がんの種類も判定できます(組織生検)。

・病期判定:進行度や悪性度、全身状態を詳しく調べる

画像検査などによりがんの病期や転移の有無、重複がんの有無などを調べます。手術の適応に関係する血糖値をはじめ、全身の状況を把握します(CT検査、MRI検査、PET/CT検査、骨シンチグラフィー)。

・治療方針決定:病期や患者さんの意思により決定する

病期や転移の有無や部位、全身の状況などを総合的に考慮し治療方針を決めます。そのときに重要なのが、患者さん自身の意思です。本人の気持ちを最優先して決めることが大切です。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

「がん治療のガイドブック」を無料でプレゼントしています。

詳しくはこちら

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式