食道がんは大手術となる前に、内視鏡検査で発見を


食道がんは大手術となる前に、内視鏡検査で発見を

食道がんの治療にとって大事なことは、
何よりも早期に発見して、転移のないうちに
病変を取り除くということです。

リンパ節への転移を起こしてしまうと、
重要な臓器に囲まれている食道の治療は
いずれの方法でも大がかりなものとなってしまいます。

加齢、特に40歳以上で酒・タバコという
危険因子を持っている方は、
年に1度の内視鏡検査を受けることを
強くお勧めします。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式