食道がん(食道上皮がん)の原因と主要な治療方法


食道がん(食道上皮がん)の原因と主要な治療方法

食道がんは、飲酒や喫煙の習慣を
長く続けた人に多発するがんです。

このがんは食道の内側をおおう粘膜に発生し、
食道の壁を突き抜けるように成長します。

そして、食道を包む薄い外膜を貫通して、
容易に気管支や肺、大動脈などに浸潤していきます。

食道がんはこれまで抗がん剤が効きにくいとされ、
進行すると治療が困難でした。

また、切除が可能な場合でも、
やや進行すると、食道を切除して再建手術を行う
(切除後に胃や小腸をつないで食道の代用にする)
という非常に大きな手術が必要になり、
重い後遺症も残りました。

このような状況に対し、最近、
化学放射線療法が試みられるようになっています。

これは、放射線治療と化学療法を
組み合わせる方法です。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せるのか?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式