食道がんの転移


食道がんの転移

食道がんは男性に多いがんです。
発症の最大の原因は喫煙と飲酒とされています。

これらの習慣を両方とももつと、
食道がんの発症率はたいへん高くなります。

この場合、食道だけではなく、
胃やのど(咽頭、喉頭)、口腔など、
他の臓器や器官にもがんが発生することが少なくありません。

これはがんが転移するのではなく、
喫煙と飲酒によりがんが発生しやすい状態にあり、
第2、第3のがんが発生するのです。

食道がんは、周囲に広がりやすいがんです。

がんが成長すると、食道の壁を突き抜けて
隣り合う臓器や器官、すなわち気管や肺、心臓、
太い血管、神経などに浸潤していきます。

他方、食道には多数のリンパ管が走っているため、
比較的早い段階でがんはリンパ管を通じて
食道のまわりのリンパ節に転移します。

食道の内側の粘膜にとび石状に
転移することもあります(スキップ転移)。
さらには、がん細胞が血流に乗って、
肺や肝臓、骨などにも転移することがあります(遠隔転移)。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式