食道がんの化学放射線療法(抗がん剤&放射線治療)


食道がんの化学放射線療法(抗がん剤&放射線治療)

現在、進行食道がんに対しては、
化学放射線療法が治療の第一選択になりつつあります。

最近、海外の臨床試験で、
手術可能な進行食道がん患者約250人に対して、
化学放射線療法後に手術を行う手法と、
化学放射線療法のみを続ける手法が比較されました。

その結果、化学放射線療法のみ行うほうが
わずかながら生存率が高いという結果が出ています
(2年生存率は手術併用34%、化学放射線療法のみ40%)。

化学放射線療法では現在のところ、
以下の併用療法が標準的な方法となっています。


■シスプラチン+フルオ口ウラシル+体外放射線照射(同時併用)

抗がん剤の投与量や放射線の照射量は、
医療施設ごとに異なるようです。

低用量FP(シスプラチンとフルオロウラシル)療法が
いまのところ効果が高く、
奏効率(がんが大きく縮小する割合)が
80%に達するという報告もあるようです。

しかし延命期間は一般に1~2年で、
5年生存率は20~30%とされています。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せるのか?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式