食道がん治療の課題


食道がん治療の課題

食道がんは、進行すると声門を含めた
喉頭まで切除しなければならないことがあり、
声を失うなど生活の質(QOL)が大きく低下します。

にもかかわらず再発率は高く、
完全に切除した例でも、5年生存率は50%程度です。

最近食道がんに対して試みられている化学放射線療法は、
進行がんに対して、手術と同等か
むしろ高い生存率を示しています。

また大きな手術をしなくてもよいため、
手術による死亡や声の喪失などの
大きな後遺症も避けられます。

とはいえ、化学放射線療法によって組織が癒着し、
食道に管(ステント)を通すなどの必要が
生じる例も少なくないようです。

今後はこうした副作用をいかに抑えていくかも
課題となります。

他方、手術を行った患者に対しては、
再発率を低下させる補助化学療法を
確立させることが求められています。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せるのか?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式