食道がんの補助化学療法(抗がん剤治療)の進め方


食道がんの補助化学療法(抗がん剤治療)の進め方

食道がんは胸部食道がんも頭部食道がんも
早期の段階からリンパ節転移が高率に見られます。

したがって、手術は食道の切除と再建、
広範囲なリンパ節郭清という
大掛かりなものになることが多いです。

このため、我が国でも放射線化学療法が導入され、
手術に匹敵する成績が得られています。

それでも手術だけで再発を抑えるのは困難であるため、
通常、補助化学療法を行います。

欧米では術前化学療法が主流だが、
日本では術後化学療法が一般的で、
<シスプラチン+フルオロウラシル>の組み合わせが
広く用いられています。


■消化管がん化学療法のケアの注意点

消化管のがんの化学療法に多用される
フルオロウラシルは粘膜毒性を持ち、
重篤な口内炎や腸炎を起こすことがあります。

口腔清潔保持のと口腔内の観察、
下痢のケアが欠かせません。


・・・

本当に、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せるのか?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式