放射線治療が効きやすい食道がん


放射線治療が効きやすい食道がん

食道がんは、
放射線治療の効果とメリットの大きながんです。

少し進んだ食道がんの治療には、
今もよく手術が行われていますが、
この手術が数あるがん手術のなかでも、
最も大がかりで過酷な手術なのです。

そのため、術後1ヵ月以内に亡くなる患者さんも少なくなく、
術後に重い障害が残る可能性もあります。

それなのに、日本では、手術以外の
治療法は検討されてきませんでした。

けれども、最近になってようやく、食道がんにも
化学放射線治療が行われるようになりました。

これが、すでに5年生存率で比較しても、
手術と同等というレベルに達しています。

まだデータが少なく、標準治療とは認められていませんし、
治療にはそれなりの副作用もともないますが、
それでも、手術後の後遺症の重さを考えに入れると、
検討すべき大きな選択肢だといえます。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式