手術偏重の日本の食道がん治療


手術偏重の日本の食道がん治療

食道がんは、手術後に亡くなったり、
術後の後遺症が重かったりと、
手術によるダメージの深刻ながんです。

がんが食道の粘膜にとどまっている
ごく初期のがんは、まわりのリンパ節にも
転移がないことが多いので、
内視鏡による手術で完治をめざすこともできます。

しかし、多くの場合、気がついたときには、
がんはすでに大きくなっており、
リンパ節にも転移をおこしています。

そこで、手術ということになりますが、
食道がんの手術は、数あるがんの手術のなかでも、
最もきびしいもののひとつなのです。

肋骨をはずし、胃の一部と食道を摘出し、
残った胃を食道の入り口のほうに
引っぱりあげて代用食道を作ります。

さらに、リンパ節も、首、胸、腹の
三方向に広い範囲でとり除くため、
手術は8時間にも及びます。

そこまでがんばって、手術後1ヵ月以内に
患者さんが亡くなる(これを術死といいます)
確率は3~10パーセントとたいへん高く、
手術の5年生存率は30パーセント程度です。

しかも、場合によると、肺炎、心不全、
神経麻庫などの重い後遺症を抱えて、
術後を過ごさなければなりません。

こんなにダメージの大きな手術なのに、
日本では手術が選ばれることが多かったのです。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式