日本の食道がんの一般的な治療法は手術から化学放射線療法へ


日本の食道がんの一般的な治療法は手術から化学放射線療法へ

手術を選択することが多かった食道がんの治療ですが
最近は少し流れが変わりつつあります。

食道がんの患者さんに、放射線治療と
抗がん剤治療を一緒に行う化学放射線治療が
行われるようになり、よい結果を生んでいるのです。

たとえば、進行した食道がんに対して、
放射線だけの治療を行ったケースと、
抗がん剤を併用したケースを比べた研究では、
化学放射線治療の生存率が1年で50パーセント、
5年で26パーセントという結果でした。

手術とほとんど変わらない数字です。

まだまだ、「標準治療」とはよべない段階ですから、
化学放射線治療と手術を直接比べた比較試験の結果が
早く報告されるの待たなくてはなりません。

それでも、手術の重いダメージと後遺症を考えると、
食道がんの治療は今のところ、
化学放射線治療が主流になっていくと想定されます。

事実、1期~4期のすべての食道がんに、
この治療法を行う病院も出てきています。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式