食道がんが再発した場合の治療


食道がんが再発した場合の治療

食道がんは再発しやすいがんのひとつです。

外科手術を行っても、再発率は30~50パーセントと
報告されています。

化学放射線療法についてはまだ十分なデータがないものの、
手術と同じくらいの再発率とみられています。

化学放射線療法後に再発したときの治療法は
まだよくわかっていません。

手術を行うこともありますが、
がんの状態や患者の容態を見て慎重に検討します。

このような症例では食道を完全に切除する手術は
技術的に難しく、また合併症も重くなるためです。

化学放射線療法後に離れた臓器や器官に転移したときには、
化学療法が中心になります。

手術で食道を切除した後の再発に対しては、
おもに症状をやわらげることを目的として、
化学療法や放射線治療、化学放射線療法などを行います。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式