家族としてのがん告知


家族としてのがん告知

がんという病名を本人に知らせたほうがよいかどうか、
多くの家族が悩んでいます。

病人が知りたいと望んでいるのか、
問われたら真実を告げるべきなのか、
あるいは隠し通したほうがよいのか判断するのが困難です。

どうしたらよいか迷っている時には、
病人がショックを受けるとかわいそうだという
思いやりの気持ちで、判断に苦しんでいるかもしれません。

難しいことですが、できれば
「何のために告知が必要なのか」という
根本的な問題を考えることができれば、
結論も出しやすいのではないかと思います。

告知したほうがよいかどうかは、
病人のさまざまな状況に配慮しなければならないことで、
画一的に「告知すべきだ」とも
「告知しないほうがよい」とも線を引くことはできません。

しかし、告知したほうが
「病人と家族が隠し事なく心を通わせることができる」
ことは確かです。

また「人生最大の難問にどう立ち向かうか話し合い、
力を合わせて一緒に立ち向かう」ことも可能になります。

■がん告知とは

がん告知という言葉は、何か恐ろしいことを
宣告するような印象を感じさせます。

しかし英語では、「がん告知」のことを
「真実を伝える(truth telling)」という言葉を使っています。

これは「本当のことを知らせる」という意味であり、病
名を伝える、あるいは残された期間(予後)を知らせる、
という意味だけではないのです。

ですから、医学用語を使って正確な病名を伝えたり、
「残された期間はあと6ヵ月です」と
具体的な期間を知らせることだけが告知ではないのです。

真実が伝わるということは、
病人自身の感じ方で病気や病状について情報を理解できる、
ということでよいと思います。

「告知は、言葉で伝えるというより人間関係そのものである」と、
近代ホスピスの創始者として世界的に有名な
シシリー・ソーンダースが述べています。

どのような言葉を使って話すかということより、
真実を伝える時の人間関係そのものが大切です。

また、その時の家族の表情や態度など、
言葉以外のことからも真実が伝わります。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式