がん患者への告知が必要なケース


がん患者への告知が必要なケース

早期発見で、すぐ治療すれば完全に治すことができるのに、
告知していないために治療を拒否する、入院しない、
などの態度を病人がとることがあります。

「インフォームド・コンセント」という言葉を
聞いたことがあると思います。

最近では、主治医がきちんと病名や病状を説明し、
いくつかの治療方法を示して、
病人と話し合うことが必要だと言われています。

そのうえで病人自身が納得して治療法を選択するようにと、
厚生労働省が医療機関に指針を示しています。

病状がかなり進み、終末期の段階になっている場合、
もうこれ以上治療を受けたくないという選択を、
病人がする場合もあります。

話し合いを重ねた結果、病人も、家族も、
主治医も、合意のうえでの選択なら、
それは適切な選択だと考えられます。

しかし、現在でも主治医が家族に
「抗がん剤の治療をするかしないか選択するように」
と言う場合があります。

たとえば、胃がんなのに胃潰瘍と病名を知らされているため、
入院して検査や治療をするように勧めても、
忙しい時期だから通院して治療したいと
病人が主張することがあります。

すぐ手術したほうがよいのに、
その時期をはずすと病状が進んでしまい、
せっかく早期発見したのに
治るチャンスを逃してしまうこともあるのです。

そのような時には、主治医からきちんと
告知してもらわなければなりません。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式