がん治療の病院選び「病院を選ぶにはどうすればいいか」


がん治療の病院選び「病院を選ぶにはどうすればいいか」

がんであると診断されたら、
そこから長い治療の日々がはじまります。

なんでも相談できるかかりつけ医がいる、
近所に大きながん専門の病院がある、
という人は困らないでしょうが、
そのような環境にない人は、
一体どこの病院に行けば最善なのか
迷うこともあるでしょう。

日本全国、どの地域に住んでいても
質の高いがん医療が受けられるように、
都道府県による推薦をもとに厚生労働大臣が指定した
「がん診療連携拠点病院」と
「地域がん診療連携拠点病院」があります。

まずは、そこに問い合わせをしたり、
訪ねて相談してみるといいでしょう。

国立がんセンターが運営するサイト
「がん情報サービス」に「病院検索」のページがあり、
地域やがんの種類から指定病院を
検索できるようになっています。

なお、自宅の近くにがんの拠点病院の指定を受けている病院が
なくても心配はいりません。

指定を受けていない病院の中にも、
がん治療をきちんと行っている病院が数多くあるからです。

たとえば大学病院の多くは拠点病院になっていませんが、
がんについて治療経験豊富な医師も多くいます。

また、その病院ががん治療を行っているかどうかは、
ホームページを調べると、
ある程度は分かるはずです。

目安として、がんの治療成績、年間の患者数、
手術数などを公開している病院は、
患者に対する配慮がより進んでいる病院と
判断できるでしょう。

■無理なく通える範囲で探すのもポイント

よほど症例の少ないがんであれば、
その治療経験のある医師を捜して
遠方の病院にまで出掛けることも必要になりますが、
標準治療が擁立されている一般的ながんであれば、
遠方に出掛けていくメリットはあまりありません。

がんの治療は長期戦です。

片道何時間もかけて通うのでは、
それだけで体力は消耗してしまいます。

自宅から通える範囲で、
自分がかかっているがんの治療実績のある病院を探して
主治医とするのがよいでしょう。

地域のより大きな病院との連携があり、
必要に応じてそちらの病院に出向いて
検査や治療が受けられれば理想的です。


※がん診療連携拠点病院とは

がん診療連携拠点病院制度は、
全国どこでも質の高いがん医療が受けられるようにと
2006年に設けられた制度。

「放射線治療専門医がいる」
「緩和ケア外来を設置している」など、
国が定めた要件を満たした病院であり、
4年ごとの更新審査も義務づけられている。

また、病院内には「相談支援センター」が設置されており、
患者や家族に適切な情報提供を行う。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式