癌に効くお茶「緑茶」


緑茶に含まれる渋昧成分が、がんの発生と促進を抑える

(抗がん作用のある成分-力テキン、エピガ口力テキンガレート、
 β-力ロテン、ビタミンC・E、クロロフィル、食物繊維)


緑茶は、がん予防に大きな効果があることが、
実際に数々の疫学調査や
動物実験などによって証明されています。

では、緑茶の何ががんに効くのでしょうか。

緑茶に含まれる成分のうち、がん抑制の主力となるのは、
緑茶の渋味のもとであるカテキン(ポリフェノールの一種)です。

カテキンは、がん細胞に
アポトーシス(細胞自己死)を誘導することが
実験的に示されています。

カテキンのなかでも特に注目されているのは、
カテキンの主成分であるEGCG(エピガロカテキンガレート)です。

このほか、緑茶にはβ-カロテンやビタミンC・E、
クロロフィル(葉緑素)、食物繊維などの抗がん成分も含まれており、
これらの効果も期待できます。

ファイン 緑茶カテキン 60包
ファイン
売り上げランキング: 67215


----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式