癌に効く野菜「シソ」


癌に効く野菜「シソ」には
香り成分に抗酸化作用がある

(抗がん成分:ジテルペン、オレアノール酸、β-力ロテン、ビタミンC・E)

シソ独特の香りは、プリルアルデヒド、
シリアルデヒドなど、複数の香り成分によるものです。

これらの成分には殺菌作用があることは知られていますが、
最近ではがん予防効果も期待されています。

また、ローズマリーやセージの抽出液に、
皮膚がん、肺がん、大腸がんなどの
抑制効果があることが、動物実験によって確認されています。

これは活性酸素を無毒化する
抗酸化物質のジテルペンの働きによるものと考えられます。

ジテルペンは、シソ科の植物に特に多く含まれているため、
シソにも当然、抗がん作用が期待できます。

青ジソに含まれるオレアノール酸にも、
がんを増殖させる物質を抑制する効果があります。

さらに青ジソは、抗がん作用のある
β-カロテンの含有量が緑黄色野菜の中でも
トップクラスで、ビタミンC・Eなどの抗がん作用も含まれています。


・抗がん食品である青背の魚と組み合わせて


シソは、刺身のツマによく用いられますが、
青背の魚と組み合わせると、がんの予防効果が更にパワーアップします。

サバやサンマ、イワシなどの青背の魚や、マグロの脂には、
DHA(ドコサヘキサエン酸)という不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

DHAには、血液中のコレストロールや中性脂肪を下げる働きのほか、
細胞のがん化を防ぐ作用があるからです。

また、ジテルペンは油に溶けやすいので、
天ぷらなどにして食べるのも効果的です。



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式