癌に効く野菜「青ジソと赤ジソ」の違いは?


シソには多くの種類がありますが、
代表的なのが緑色をした青ジソ(大葉)と、
紫色をした赤ジソです。

含まれている栄養成分はほとんど同じですが、
色素成分に違いがあり、
青ジソのほうがβ-力ロテンの含有量が多く、一方赤ジソは、
紫色の色素であるアントシア二ンを含んでいます。

アントシア二ンは、
ブルーベリーや赤ワインなどにも含まれている色素成分で、
ポリフェノールの一種です。

このアントシア二ンは、
近年、視力回復や血行障害による病気に有効とされ、
注目を浴びている色素成分です。

抗酸化作用があるとして、
がん予防についても研究が進められています。



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式