肺がんの検査と診断方法


肺がんの検査と診断方法

・画像診断:

 単純X線撮影で病変の有無を確認した後、
 CT検査を行う。
 多量の空気に妨げられるため、
 MRIや超音波は不適である
 (縦隔病変に関しては、MRIは有効)。

・確定診断のため、内視鏡(気管支鏡)検査、

 またはCTガイド下に生検を行う。
 検査施行時に細胞や組織片を採取する。

・肺がんが確定すれば、浸潤や転移の有無を調べるために
 脳MRI、腹部CTなどの検査を行う。

・・・

本当に、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せるのか?

詳しくはこちらのページで

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?