非小細胞肺がんの化学療法(抗がん剤治療)の進め方


非小細胞肺がんの化学療法(抗がん剤治療)の進め方

非小細胞肺がんは肺がん全体の約80%を占めます。

病期Ⅰ、Ⅱ期であれば、
手術による完全切除が可能です。

進行がんに属するⅢA期でも、
リンパ節転移がさほど大きくないなど
進展の度合いが小さければ、手術で切除できます。

早期肺がんでは、補助療法として
内服抗がん剤のUFTの使用が標準となりました。

ⅢB期は原則的に手術不能で、
化学療法と放射線療法の併用が原則です。

Ⅳ期はがんが全身に拡がった状態であり、
化学療法が治療の主体となります。


・・・

本当に、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せるのか?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式