肺がん手術と放射線治療の有効性と安全性の比較


肺がん手術と放射線治療の有効性と安全性の比較

肺がんの手術と放射線治療の安全性の面では、
定位放射線治療のほうが手術よりはるかに高い、
という結果になっています。

死亡率と後遺症が発生する率は、
手術(肺葉切除)がそれぞれ3パーセント、
15パーセントなのに対して、
定位放射線治療では0パーセント、2パーセントです。

今までに照射を終えた患者さんにアンケートを行っても、
照射中、および照射直後は全員が
「まったく副作用の症状を感じない」と答え、
照射2~4ヵ月後に「軽いせきが出る」といった
軽い副作用を感じる人が、10人に1人くらいという結果です。

そのため、放射線治療は2004年度からは保険適用になり、
多くの病院で体幹部(胴体)のがんに対する
定位放射線治療が行われるようになりました。

今は手術も内視鏡の普及で
ダメージが少なくなっていますが、
肺がんの治療を選択するときは、
頭に入れておいたほうがよい事実だといえます。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式