非小細胞肺がんの化学療法で使われる抗がん剤の名前


非小細胞肺がんの化学療法で使われる抗がん剤の名前

切除不能の非小細胞肺がんに対して
延命効果の期待できる抗がん剤は、
プラチナ誘導体(シスプラチン、カルボプラチン)、
ビンカアルカロイド類(ビノレルビンなど)、
タキサン類(パクリタキセル、ドセタキセル)、
トポイソメラーゼ阻害薬(イリノテカン)、
ゲムシタビンなどです。

プラチナ製剤に他の抗がん剤を加えた
2剤併用療法が標準的な治療ですが
近年、脱プラチナ製剤を目指した治療の
臨床試験も行われています。


・・・

本当に、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せるのか?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式