肺がんの化学療法(抗がん剤治療)の効果と今後の課題


肺がんの化学療法(抗がん剤治療)の効果と今後の課題

小細胞肺がんに対する化学療法の効果は高く、
限局型なら75~90%、進展型でも75%程度の奏効率が見られ、
生存率の改善は従来の治療法と比較して
約2倍に至っています。

5年生存率は限局型で約20%前後となっています。

さらに生存率を伸ばす化学療法の研究が、
今後の課題といえます。


2002年7月に、手術不能・再発の非小細胞肺がんに
有効とされる抗がん剤ゲフィチニブ
(商品名・イレッサ)が認可されました。

これはEGFR(上皮細胞成長因子)のリン酸化を阻害する
薬物であり、分子標的剤と呼ばれます。

化学療法の治療歴のある進行肺がんに対して、
20%程度の奏効率があることが報告されています。

毒性として間質性肺炎、皮膚変化があり、
従来の抗がん剤とどのように組み合わせることが
安全で最適であるかについては今後の課題です。


・・・

本当に、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せるのか?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式