肺がんの化学療法実施の注意点


肺がんの化学療法実施の注意点

・肺がんの化学療法は一般にシスプラチンを用いるが、
 この薬剤は悪心・嘔吐が強いです。

 抗がん剤投与前に制吐薬を使用し、
 起きた吐き気に対してはすばやく対処します。

・シスプラチンは腎毒性も強く出ます。

 水分補給の指導を行うとともに、
 バランスよく排出できているかどうかの確認も大切です。

 患者によっては排出がうまくいかず、
 2kgぐらい体重が増えてしまうこともあります。

 常にむくみの有無をチェックし、
 必要に応じて体重測定なども行うことが大切です。

・肺がんの化学療法に用いられる薬剤は、
 いずれも骨髄抑制を起こし得ます。


・・・

本当に、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せるのか?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式