小細胞肺がんの化学療法(抗がん剤治療)


小細胞肺がんの化学療法(抗がん剤治療)

小細胞肺がんはリンパ節やほかの臓器に広がるのが早く、
数カ月で亡くなる、たちの悪いがんとされていました。

しかし、初回の治療によく反応し、
化学療法や放射線療法がよく効きます。

多くの患者さんに化学療法による延命効果が
期待できるがんです。

小細胞がんは、片肺と縦隔、鎖骨上窩リンパ節までに
病気がとどまっている限局型と、
それを超えた範囲に広がっている進展型に分けられます。

限局型では抗がん剤を使った化学療法と
胸部放射線治療の併用治療が行われます。

進展型は化学療法が単独で行われます。

進展型の化学療法では、日本ではシスプラチンと
イリノテカンの組み合わせが、海外ではシスプラチンと
エトポシドの組み合わせがよく用いられます。

シスプラチンとイリノテカンの組み合わせは、
4週間ごとに4回繰り返して行います。

病状によっては、これらの抗がん剤の代わりに
エトポシド、カルボプラチン、シクロフォスアミド、
ドキソルビシンなどの抗がん剤のうち
数種類を使用することもあります。

高齢者の場合、副作用の軽減のため、
カルボプラチンとエトポシドの組み合わせ、
もしくはシスプラチンとエトポシドの組み合わせを
少し変更したスケジュールで使用します。


・・・

なぜ、がんを治せる人が少ないのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポートで!

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式