小細胞肺がんの化学療法(抗がん剤治療)で期待される効果と生存率


小細胞肺がんの化学療法(抗がん剤治療)で
期待される効果と生存率

奏効率は、限同型では95%以上
(ただし、放射線治療との併用)、
進展型では約80%です。

限局型の30~40%、進展型の10~20%の患者さんは
レントゲン写真でほとんど影がわからなくなるほど
がんが縮小します。

一時的にがんが消失しても、
その後再びがんが増大することも少なくありません。

小細胞がんの患者さんが治療を開始してから、
どのくらい生きられるかは個人差が大きく、
一概にはいえません。

以前は、3カ月で半数の人が亡くなっていましたが、
最近では進展型でも1年以上生存可能な人が
半数まで増加しています。

一部の患者さんでは根治も可能になり、
治療成績は確実に進歩しています。


・・・

なぜ、がんを治せる人が少ないのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポートで!

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式