再発した小細胞肺がんの抗がん剤治療


再発した小細胞肺がんの抗がん剤治療

最近発売された新しい抗がん剤のアムルビシンは、
初回治療の患者さんに使用した場合の奏効率が
単剤でも約75%と高く、再発にも効果があると
期待されています。

パクリタキセルは非小細胞がんで通常3週間に
1度の使用が標準とされています。

小細胞がんでは週に1回の投与で効果が期待できるとして、
現在治験が実施されています(保険適用外)。


・・・

なぜ、がんを治せる人が少ないのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポートで!

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式