小細胞肺がんの原因と治療方法


小細胞肺がんの原因と治療方法

肺がんの中でも、とくに進行が速く、
悪性度の高いがんが小細胞肺がん(小細胞がん)です。

肺がん患者の5~7人に1人がこのがんであり、
非小細胞がんと同様、喫煙が最大の発症誘因とされています。

ほとんどの小細胞がんは、がんがリンパ節や
他の臓器に転移してから発見されます。

そのため多くは、化学療法が最初の治療となります。

化学療法単独や他の治療法との併用によって
3~5年の長期的延命が可能になる例もありますが、
治癒に至ることはまれです。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ、本当にがんは治せるのか?


詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式