小細胞がんの抗がん剤治療の目的


小細胞がんの抗がん剤治療の目的

小細胞がんの治療の中心は、化学療法です。

このがんへの抗がん剤の効果は高く、
化学療法と放射線治療や手術とを組み合わせると、
さらに高い治療効果が得られるとされています。

①手術後の再発を予防して患者を完治に導く

進行度が初期の患者(病期:Ⅰ期)に対しては、
がんの切除後、化学療法および放射線治療を
追加することにより、完治することがあります。

②手術でがんを完全に切除するために、
 手術前に化学療法(または化学放射線療法)で
 がんを縮小させる

最近、50人程度の小規模な臨床試験で、
術前の化学放射線療法によって
65%という高い5年生存率が得られたとする
報告がありました。

③化学放射線療法でがんを縮小し完治を目指す

がんが胸部のみに存在する限局性のがんのときは、
化学療法と胸部放射線治療を組み合わせることで
高い腫瘍縮小効果が得られ、20~25%の5年生存率が
得られることが報告されています。

④がんの進行を止めて延命を図る、
または痛みなどの症状を緩和する


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ、本当にがんは治せるのか?


詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式