小細胞がんに対する抗がん剤の種類と投与法


小細胞がんに対する抗がん剤の種類と投与法

小細胞がんは抗がん剤の効果が高く、
ごく初期のがん以外は、化学療法が第一選択です。

ほとんどの患者は、既存の併用療法によって
がんが縮小します。


・主要な投与プログラム

小細胞がんに対しては、
複数の併用療法が確立しています。

①シスプラチン+エトポシド(PE療法)

シスプラチンを治療1日目に静脈投与し、

エトポシドを1~3日目に静脈投与します。

3~4週間おきに同じ治療を何度かくり返します。

腎臓機能が低下している患者、
全身状態の悪い患者、高齢の患者などには、
シスプラチンの代わりにカルボプラチンが使用されます。

Ⅰ期のがんの場合、手術後にPE療法を併用します。

がんが胸部のみに存在する限局性のときも
PE療法が第一選択となり、
これに胸部放射線治療を組み合わせます。


②シクロホスファミド+ドキソルビシン+ビンクリスチン/
 シスプラチン+エトポシド(CAV/PE交代療法)

CAV療法とPE療法を交互に行う治療法です。

前者は、シクロホスファミド、ドキソルビシン、
ビンクリスチンの3薬を治療1日目に
静脈投与する方法です。

3週間が経過した後、PE療法を行います。

CAV療法を3回、PE療法を3回行います。

この併用療法は進行がんに対する第一選択です。

この後胸部と頭部の放射線治療を
追加することもあります。


③シスプラチン+イリノテカン

シスプラチンを1日目に、
イリノテカンを1日目、8日目、
15日目に静脈投与します。

4週間を1クールとして4回くり返します。

この併用療法は、進行がんの患者に対しては、
①の併用療法(PE療法)に比べて
延命効果が高いとする報告が国内でなされています。

そのため、今後国内だけでなく国際的にも、
進行がん治療の第一選択になる可能性があります。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せるのか?


詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式