再発小細胞がんの治療方法と抗がん剤


再発小細胞がんの治療方法と抗がん剤

進行した小細胞がんのほとんどが再発します。

治療後半年以上たっている場合には、
最初の治療と同じ併用療法を試します。

半年以内に再発した患者や
最初の治療で効果があまり見られない患者には、
最初の治療とは異なる化学療法を試します。

最初の治療にPE療法やCAV/PE療法を用いた場合には、
イリノテカンの単剤もしくは併用療法を用います。

また、アムルビシンという抗がん剤も用いられます。

しかし、治療効果はあまり期待できないようです。

いま、再発した小細胞がんに対し、
さまざまな併用療法が工夫されています。

その中で小規模な臨床試験の結果、
がんが反応する確率が高いとされた治療法として、
以下のCODE療法があります。

■シスプラチン+ビンクリスチン+ドキソルビシン+
 エトポシド(CODE療法)

シスプラチンを毎週投与し、
ビンクリスチンを1週目と2週目、
その後は隔週で静脈投与します。

他の2剤は1週間おきに投与します。
この治療法は副作用が強いため、
全身状態の悪い患者には勧められません。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せるのか?


詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式