小細胞がん治療の課題


小細胞がん治療の課題

小細胞がんは抗がん剤の治療効果が
きわめて高いにもかかわらず、
長期生存する患者はごくまれです。

半数以上の患者は、化学療法によって
いったんはがんがかなり縮小するか、
あるいはまったく認められない状態まで至ります。

しかしその後ほとんどが短期間で再発し、
抗がん剤治療にも反応しなくなります。

6カ月以内に再発または再燃した患者の多くは、
化学療法に反応しません。

そのため平均余命は2~3カ月とされているものの、
患者によって個人差があります。

超大量化学療法も試されたものの、
延命効果は認められていません。

小細胞がんの最大の課題は、再発を抑え、
患者を完治に導く方法を見いだすことです。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せるのか?


詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式