小細胞肺がんの化学療法(抗がん剤治療)の進め方


小細胞肺がんの化学療法(抗がん剤治療)の進め方

病態の進行がきわめて速く、基本的に、
発見された段階ですでに転移を起こしていることが多いです。

病変が片肺に限られ、転移も同側の肺門リンパ節、
両側の縦隔リンパ節・鎖骨上窩リンパ節までに
とどまっているものを限局型、
それを超えているものを進展型と呼びます。

非常に悪性度の高いがんといえますが、
このがんは全身化学療法や胸部放射線療法に
高い感受性を持っています。

限局型は化学療法と放射線療法の併用、
進展型は化学療法というのが標準治療です。


・・・

本当に、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せるのか?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式