肺がんをレーザーなどで焼き切る焼灼療法


肺がんをレーザーなどで焼き切る焼灼療法

焼灼療法とは、がんによって太い気道がふさがれたとき、
レーザー光線などでがんを焼きとばす治療です。

この焼灼療法で用いるのは、
PDTで用いる低出力レーザーと異なり、
高出力レーザーです。

がんのある場所まで気管支鏡を進め、
その先から高出力のレーザーを照射すると、
がんが瞬間的に焼けます。

ただ、高出力であるために、誤って気道に
穴をあけてしまうなどのおそれもあり、
あくまでも救命救急的な治療です。

高出力レーザーは焼灼力が強いため、
最近では安全性の高いアルゴンプラズマ、
炭酸ガス、マイクロウエーブなどで焼いたり、
コアアウト(腫瘍だけくりぬく方法)で削りとったりします。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式