肺がんにおける緩和治療とは


肺がんにおける緩和治療とは

緩和医療という言葉からは
終末期の医療が想像されるでしょうが、
緩和医療はがんの初期の治療のときから
行われていることです。

つまり、治癒を目的として手術や化学療法が
行われる場合でも、患者さんの苦痛をやわらげる方法は
同時に行われているのです。

患者のQOLを向上させることすべてが
緩和医療の一環です。

よりよい人生を送るための医療が、
広い意味での緩和医療といえます。

緩和医療というと、治療を放棄して、
痛みなどのコントロールだけを行う方法と
考える人もいるようですが、
根治するのはむずかしい場合でも、
延命を期待する緩和医療として手術、化学療法、
放射線療法などを行うこともあります。

たとえば、肺がんが脳や骨に転移したとき行われる
放射線療法のほか、ステント治療やレーザー治療なども
緩和医療の1つです。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式